DLA-V50 [ブラック] スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2022年 3月中旬 発売

DLA-V50 [ブラック]

ネイティブ4K対応のD-ILAホームプロジェクター

DLA-V50 [ブラック] 製品画像
最安価格(税込):

¥720,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥720,000¥720,000 (1店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥727,273

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:17:9 最大輝度:1900ルーメン コントラスト比:40000:1 対応解像度規格:〜4K DLA-V50 [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DLA-V50 [ブラック]の価格比較
  • DLA-V50 [ブラック]の店頭購入
  • DLA-V50 [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-V50 [ブラック]のレビュー
  • DLA-V50 [ブラック]のクチコミ
  • DLA-V50 [ブラック]の画像・動画
  • DLA-V50 [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-V50 [ブラック]のオークション

DLA-V50 [ブラック]JVC

最安価格(税込):¥720,000 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 3月中旬

  • DLA-V50 [ブラック]の価格比較
  • DLA-V50 [ブラック]の店頭購入
  • DLA-V50 [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-V50 [ブラック]のレビュー
  • DLA-V50 [ブラック]のクチコミ
  • DLA-V50 [ブラック]の画像・動画
  • DLA-V50 [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-V50 [ブラック]のオークション

DLA-V50 [ブラック] のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ LCOS(反射型3LCD)
光源水銀ランプ光源 タイプ据え置き
詳細スペック
最大輝度 1900 ルーメン コントラスト比400000:1(ダイナミック)
40000:1(ネイティブ)
アスペクト比*117:9 パネル画素数4096x2160
パネルサイズ0.69 インチ 対応解像度規格〜4K
最大表示色  騒音レベル24 dB
機能
4K 3D対応
HDR対応 HDR方式HDR10
HDR10+
HLG
短焦点   Wi-Fi 
Bluetooth  バッテリー 
スピーカー搭載  SDカードスロット 
台形補正タテ ゲームモード 
スクリーン付き  MHL 
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子) 
S端子  コンポーネント 
コンポジット  USB 
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行500x234x495 mm 重量19.2 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド 
60インチ  60インチワイド1.79〜3.66 m
80インチ  80インチワイド2.4〜4.9 m
100インチ  100インチワイド3.01〜6.14 m
エコマーク
エコマーク   認定番号 
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DLA-V50 [ブラック]
JVC

DLA-V50 [ブラック]

最安価格(税込):¥720,000発売日:2022年 3月中旬 価格.comの安さの理由は?

DLA-V50 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ビクター、ネイティブ4K対応のD-ILAホームプロジェクター「DLA-V50」
2022年1月13日 12:35掲載
「DLA-V50」 「DLA-V50」

JVCケンウッドは、「Victor」ブランドより、D-ILAホームプロジェクターの新製品として、ネイティブ4Kに対応するエントリーモデル「DLA-V50」を発表。3月中旬より発売する。

0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイスを搭載した、ホームシアター向けプロジェクターの入門機。1900ルーメンの明るさを実現し、4K/120p入力対応の「低遅延モード」も搭載。加えて、「HDR10+」に対応した。

また、ネイティブコントラストは40000:1を可能としたうえ、入力映像を解析して黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」との組み合わせにより、ダイナミックコントラスト400000:1も可能とした。

さらに、同社独自の機能として、「HDR10」コンテンツを最適に再現するための「Frame Adapt HDR」と「Theater Optimizer」を搭載。なお、「Theater Optimizer」機能は、「Frame Adapt HDR」画質モード選択時のみ有効となる。

このほか、同社独自の残像低減技術「Clear Motion Drive」も採用し、なめらかで自然な動きを実現するという。

主な仕様は、表示解像度が4096×2160ドット、レンズが62倍電動ズーム・フォーカス オールガラスレンズ(口径65mm、15群17枚)、投写サイズが60〜200型、光源がランプ(NSH 265W)。本体サイズは500(幅)×234(高さ)×495(奥行)mm、重量は19.2kg。ボディカラーはブラック、ホワイト。

価格は800,000円。

ページの先頭へ