掃除機の選び方

ホーム > 家電 > 掃除機 > 掃除機の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「キャニスター型とスティック型って何?」「サイクロンと紙パック方式はどっちが優れている?」「ロボット掃除機って本当に使えるの?」など、掃除機選びの際にありがちな疑問を解消するための、選び方ガイドです。掃除機選びに必要な知識をチェックしましょう。

掃除機選びの前に

掃除機のトレンド

最近の掃除機では、コンパクトボディがトレンドです。コンパクトなキャニスター型だけでなく、コードレスタイプの注目度もアップ。ロボットタイプの新製品も続々登場し、そろそろ手を出そうと思っている人も多いようです。

ロボット掃除機は価格が手ごろになり、水拭きできる製品も登場

価格が手ごろになり、水拭きもできる製品が登場し、ロボット型も急増

「ルンバ」から始まったロボット掃除機は高性能化が進み、国産メーカーも多数参入しました。勝手に部屋を走り回って掃除してくれるのが手軽です。水拭き・乾拭きができる掃除ロボも登場しています。

ロボットを探す

バッテリー駆動時間が長くなってコードレス掃除機の人気が高まる

バッテリー駆動時間が長くなってコードレス掃除機の人気が高まる

バッテリーの性能が向上し、コードレス掃除機の人気が高まっています。気になった時に気軽に使え、特にスティック型はインテリア性も高くリビングに置いておけるので、日本の住宅環境に向いている製品といえます。

スティックを探す

軽量&小型化、かつハイパワーで注目の車輪付きタイプ

軽量化と小型化を実現したキャニスター型、ハイパワーも両立で注目

コンセントにつないで使う車輪付きのキャニスター型でも、コンパクト化が進んでいます。それでもハイパワーを両立させているモデルも多く、ユーザーの負担を抑えつつ、きれいに掃除できるようになりました。

キャニスターを探す

このページの先頭へ

掃除機の選び方のポイント

電源タイプ

掃除機にバッテリーを搭載し、コードレスで利用できる機種が増えてきました。以前は、吸引力が弱かったり運転時間が短かったのですが、近年は性能が向上し、家中を掃除できるような製品もあります。

コード付き掃除機

コード付き掃除機

従来の一般的な掃除機のタイプです。コンセントから電源を取るので、連続運転ができるうえ、パワフルです。ただし、電源コードが届く範囲でしか、利用できません。

コードレス掃除機

コードレス掃除機

バッテリーを内蔵して、コードレスで利用できます。狭いところや高いところ、コンセントがない所を掃除することが可能です。バッテリーの性能は要チェックです。

コードレス(充電式)掃除機を探す

その他基本仕様

吸込仕事率

吸引力を表す目安です。掃除機がゴミを吸い取る能力をワット数で示しているのですが、必ずしもこの数値が高いほうがゴミをきれいに吸い取れるとは限りません。あくまで目安とし、こだわりすぎなくてもよいでしょう。

騒音値(運転音)

掃除機を使っているときの動作音の大きさです。デシベル(dB)という単位で表され、大きいほどうるさくなります。夜間の集合住宅で使うなら、最低動作音が60dB未満の製品を選びましょう。

〜60dB未満の製品を探す

HEPAフィルター

0.3μmの粒子を99.97%除去する性能を持つフィルターです。このフィルターを通せばクリーンな排気が可能で、小さなお子様がいる家庭に向いています。

HEPAフィルター搭載製品を探す

このページの先頭へ

掃除機の主なシリーズ

東芝(TOSHIBA)

東芝

サイクロン部のフィルターをなくし吸引力を持続する

主力のトルネオは、コードレスタイプでキャニスターとスティック、さらにサイクロンと紙パックをラインアップし、いろいろな使い方に対応。最新のフィルターレスサイクロンでは、サイクロン部のフィルターをなくしたうえ0.5μm以上の粒子を約99%集じんできます。

トルネオ(TORNEO)を探す

パナソニック(Panasonic)

パナソニック

コンパクトボディでもハイパワーを持続する

コードレスで使える機種もある「プチサイクロン」の最新モデルは、フィルターレスにもかかわらず0.3μm以上のごみを約99.9%キャッチ。ゴミを見つけやすいLEDライトや目に見えない約20μmのハウスダストまで検知して光って知らせるクリーンセンサーなど機能も充実しています。

プチサイクロンを探す

三菱電機(MITSUBISHI)

三菱電機

軽量ボディなので手持ちで高い場所を掃除できる!

軽さが特長の「Be-K(ビケイ)」シリーズは、サイクロン式も紙パック式も本体は2kg台と軽量。本体を持って、棚の上などの掃除もラクラクです。用途に合わせて、異なるブラシを搭載したモデルを選べます。

Be-Kを探す

エレクトロラックス(Electrolux)

エレクトロラックス

北欧らしいデザインが人気のスティック型

スタイリッシュなデザインのスティック型掃除機。コードレスで、日本の住宅のチョイ掃除に活躍してくれます。ターボパワー・リチウムイオン電池を搭載したモデルは通常モードで最大約48分の連続運転ができます。

エルゴラピード(ergorapido)を探す

ダイソン(dyson)

ダイソン

コードレスでパワフル!デザイン性も高く注目

ハイパワーのキャニスター型も人気ですが、それを上回るのがデザイン性の高いスティック型です。最新のV10は最長60分と十分な運転時間。もちろんダイソンらしくパワフルで、重心が手元にあるので、高い場所の掃除も簡単です。

Dyson Vを探す

iRobot(アイロボット)

iRobot

ロボット掃除機の最先端、ゴミ捨ても簡単に

ロボット掃除機の草分け的存在です。しかも、使い勝手も性能も常に進化しており、2018年登場のe5ではダストボックスの水洗いも可能になるなど、日本のユーザーのニーズに合った改良がなされ、より使いやすくなっています。

ルンバ(Roomba)を探す

レイコップ(RAYCOP)

レイコップ

花粉やハウスダストを吸い取り、布団を清潔に保つ

「ふとんクリーナー」というジャンルを創出し、国内累計600万台を超える出荷を誇るのがレイコップです。温めた空気を送り込んで湿気を取る「ドライエアブロー」や、毎分3,000回を超える振動でハウスダストをたたき出す機能などで、布団をきれいにします。

レイコップ(RAYCOP)を探す

マキタ(Makita)

マキタ

業務用メーカーの家庭用モデルに注目

日本の電動工具メーカーが手掛ける業務用の掃除機です。リチウムイオンバッテリーを搭載したコードレスタイプがメインですが、サイクロンタイプもラインアップ。価格が安く、コスパがいいのが魅力です。

充電式クリーナーを探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q吸込仕事率が高い掃除機ほど、きれいに掃除できるのですか?
A原則的にはそうですが、きれいにするにはほかの部分も大切です。
吸込仕事率は純粋に吸い込む能力を表した数値であり、当然これが大きいほど吸引力は高くなりますが、きれいにするためにはヘッド部分の性能も重要なので、あくまで目安ととらえるべきです。
Qサイクロン式掃除機は使っていても吸引力がまったく変わらないのですか?
Aサイクロン方式でもフィルターがあるので目詰まりしてきます。
紙パック式よりは長く吸引力を維持できますが、まったく変わらないわけではありません。メンテナンスしないと、サイクロン方式でも吸引力が落ちてきます。
Qスティック型掃除機はバッテリー駆動ですよね? 長く使えないのでは?
A最近の製品は、バッテリーとモーターの性能が向上しており、よりパワフルになり、より長時間の利用が可能になりました。
最近の製品は、バッテリーとモーターの性能が向上しており、よりパワフルかつ長時間の利用が可能になりました。通常モードで30分以上使える製品も多く、普通の家庭であれば問題なく掃除できるでしょう。
Q紙パックは格安品を使ってもいいのでしょうか?
A使用することはできますが、耐久性に劣ることもあるので注意しましょう。
掃除機メーカーが出している正規品より、他のメーカーが出している紙パックのほうが安いのは確かで、対応機種であれば問題なく装着できます。しかし、格安品は耐久性に劣るケースがあります。紙パックはフィルターの役割も果たしているので、破れてしまうと汚れた空気をそのまま排気してしまう可能性があります。紙パックは正規品を使うことをお勧めします。

このページの先頭へ

用語集

エコモード(節電モード)
絨毯とフローリングなど、掃除する床面に応じて動作モードを変更し、節電してくれる機能です。掃除する人の動きやごみの量に応じて動作モードを調整してくれる機種もあります。
ごみセンサー
掃除中のホースの中を赤外線センサーでチェックし、ごみの有無を知らせてくれる機能です。エコモードと連動し、ごみの多いところではパワフル運転にするといった機種もあります。
ごみセンサー搭載製品を探す

このページの先頭へ

関連カテゴリの選び方ガイド

イラスト:Hisana Nakamura

このページの先頭へ