価格.com

格安SIMカード

iPhone 12で4Gプランや格安SIMはそのまま使える?

iPhone 12で4Gプランや格安SIMはそのまま使える?

iPhoneで初めての5G対応端末であるiPhone 12シリーズが発売されました。しかし買い替えを検討している方の中には「今の4G契約のSIMで使えるの?」「5G契約じゃないと利用できないの?」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?今回は今契約している4GプランでiPhone 12シリーズが利用できるのかを解説していきます。

疑問が解消したら、あなたに合ったiPhoneを見つけましょう

キャリアの4Gプランを利用中の場合は注意が必要

キャリアでiPhone 12を購入する場合

docomo、au、SoftBankに関しては、iPhone 12シリーズの端末をそれぞれのキャリアで購入することが可能です。ただし、契約しているキャリアでiPhone 12シリーズを購入する場合は、3キャリアとも5Gプランへの変更が必須となるため、現在利用中の4G SIMは利用できなくなってしまいます。ただ5Gプランへの変更は必須ですが、5G回線が普及していないエリアでは今まで通り4G回線で通信することになるので、使用感としてはあまり変わりません。

SIMフリーのiPhone 12でキャリアの4Gプランを利用する場合

キャリアで端末を購入するのではなく、Apple StoreなどでSIMフリーのiPhone 12シリーズを購入する場合、現在契約しているキャリアによって利用できるかどうかが変わってきますので、確認しておきましょう。

docomo

動作保証対象外になります。

au

4G SIMは利用できません。

SoftBank

4Gプランでもそのまま利用可能です。ただし、iPhone6、6 Plus以降のiPhone専用nanoSIMカードでないと利用できないため、AndroidやiPhone5s、iPhone5c以前の端末を使用中の方などは対応するSIMカードに変更する必要があります。(変更手数料が必要です)
また、現在SoftBankで利用中の一部サービスが利用できなくなる場合があります。

楽天モバイル

データ通信、通話、楽天回線でのSMSの利用が可能ですが、動作保証対象外になります。

利用できないと明記しているのはauのみですが、キャリアとしては5G対応端末は5Gプランで利用するという姿勢が基本線です。SoftBankと楽天モバイルは利用可能としていますが、SoftBankは利用中のサービスの一部が受けられなくなる可能性があり、楽天モバイルは動作保証はしていない状況です。SIMフリーのiPhone 12シリーズをキャリアの4Gプランで利用する場合、ユーザーの責任において利用するという側面が強いです。

キャリアは基本的に、iPhone 12での4Gプラン利用は推奨していない

現在キャリアの4Gプランをご利用中の方は、iPhone 12シリーズをキャリアで購入する場合は5Gプランに変更する必要があり、SIMフリーのiPhone 12シリーズで利用する場合はSoftBank以外は動作保証対象外ということになります。キャリアは5Gの普及を目指しているため、iPhone 12シリーズ(5G対応端末)での4Gプラン利用は基本的に推奨していない状況です。

格安SIMの場合、iPhone 12でそのまま利用できることが多い

格安SIMは現在のところ提供プランのほとんどが4G回線契約のため、格安SIMを提供するMVNO各社はiPhone 12シリーズの発売と同時に積極的に動作確認を行っています。そして実際に多くの事業者で接続確認が取れている状況です。ただし格安SIMを利用する場合、MVNO各社はiPhone 12シリーズを取り扱っていないため、SIMフリー端末を別途購入する必要があります。

iPhoneシリーズを見る

各MVNOのiPhone 12シリーズ動作確認状況

各MVNOの動作確認状況一覧です。こちらはすべて4G回線音声通話SIMでの動作確認情報となります。また、SIMフリーiPhone 12シリーズ(iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max)での動作確認情報となります。

IIJmio

タイプD(docomo回線)、タイプA(au回線)とも動作確認が取れている状況です。

イオンモバイル

タイプ1(docomo回線、au回線)で動作確認が取れている状況です。

HISモバイル

「iPhone 12」でのみ、docomo回線、SoftBank回線とも動作確認が取れている状況です。

エキサイトモバイル

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の2端末で、docomo回線のみ動作確認が取れている状況です。

OCN モバイル ONE

動作確認が取れている状況です。

QTmobile

docomo回線、au回線、SoftBank回線ともに動作確認が取れている状況です。

BIGLOBEモバイル

タイプD(docomo回線)、タイプA(au回線)とも動作確認が取れている状況です。ただしタイプAでは3G回線に対応していない状況です。

mineo

Aプラン(au回線)、Dプラン(docomo回線)、Sプラン(SoftBank回線)とも動作確認がとれている状況です。ただしAプランnanoSIMについては、動作確認対象外となっています。

UQ mobile

動作確認が取れている状況です。

LINEモバイル

docomo回線、au回線、SoftBank回線ともに動作確認が取れている状況です。

LIBMO

「iPhone 12」でのみ動作確認がとれている状況です。ただし、SIMフリー版iPhone 12ではなくSoftBankのiPhone 12をSIMロック解除した状態での検証になります。

LinksMate

動作確認が取れている状況です。現状のMVNOでは唯一5G回線が利用できるオプションがあります。

Y!mobile

動作確認が取れている状況です。

y.u mobile

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 mini」で動作確認が取れている状況です。

多くのMVNOでiPhone 12は問題なく使用可能

MVNOの現状の提供プランでは基本的に4G回線のみの利用になってしまいますが、ほとんど問題なく動作確認ができている状況です。ただし、5G端末を4G SIMで利用するというイレギュラーな形のため、今後特定の状況で利用に制限がかかる場合などがあるかもしれません。ご利用中のMVNOの最新情報を確認するようにしましょう。

iPhone 12はキャリアなら5Gプラン、格安SIMならそのままの4G SIMで利用可能

iPhone 12シリーズでSIMを利用する場合、キャリアSIMのユーザーは基本的に5Gのプランに変更することになり、格安SIMのユーザーはそのままのSIMで利用できる場合が多い結果となりました。現状のSIMで問題なければそのまま利用するのも良いですし、この機会に他のSIMも検討してみるのも面白いかもしれません。

5Gを魅力と考える場合は一部のMVNOを除いて現状はキャリアが有力な選択肢になってきます。まだ対応エリアが広くはないですが、今後の拡充と対応コンテンツには期待が寄せられています。
対して格安SIMの魅力はやはり月額料金の安さにあります。事業者やプランにもよりますが、キャリアと比較すると月額料金が半分〜1/3程度になることもあります。

メリットとデメリットを比較して、あなたに合ったプランを見つけましょう。

疑問が解消したら、あなたに合ったiPhoneを見つけましょう

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止