Rampage II Extreme スペック・仕様・特長

Rampage II Extreme

オーバークロックに特化した設計を採用したX58チップセット搭載LGA1366用ATXマザーボード(OC仕様)。市場想定価格は47,000円前後

Rampage II Extreme 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 登録日:2008年11月14日

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1366 チップセット:INTEL/X58+ICH10R メモリタイプ:DDR3 Rampage II Extremeのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Rampage II Extremeの価格比較
  • Rampage II Extremeの店頭購入
  • Rampage II Extremeのスペック・仕様
  • Rampage II Extremeのレビュー
  • Rampage II Extremeのクチコミ
  • Rampage II Extremeの画像・動画
  • Rampage II Extremeのピックアップリスト
  • Rampage II Extremeのオークション

Rampage II ExtremeASUS

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2008年11月14日

  • Rampage II Extremeの価格比較
  • Rampage II Extremeの店頭購入
  • Rampage II Extremeのスペック・仕様
  • Rampage II Extremeのレビュー
  • Rampage II Extremeのクチコミ
  • Rampage II Extremeの画像・動画
  • Rampage II Extremeのピックアップリスト
  • Rampage II Extremeのオークション

Rampage II Extreme のスペック・仕様・特長



基本スペック
チップセットINTEL
X58+ICH10R
フォームファクタATX
CPUソケットLGA1366 マルチCPU 
詳細メモリタイプ  メモリスロット数6
最大メモリー容量  幅x奥行き305x269 mm
インターフェース
PCIスロット1 本 PCI-Express 16X 
PCI-Express 8X  PCI-Express 4X 
PCI-Express 1X2 本 Serial ATASATA3.0G
SATA  M.2ソケット数 
SATA Express  IDEUltra ATA 133
VGAスロットPCI-Express   
その他機能
VRMフェーズ数  SLI 
CrossFire  DisplayPort数 
Mini DisplayPort数  HDMIポート数 
USB Type-C  USB3.1 
USB3.0  LED制御機能 
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
オンボード機能
オンボードLAN10/100/1000 オンボードRAID
オンボードオーディオSupremeFX X-Fi Audio オンボードグラフィック-
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

Rampage II Extreme
ASUS

Rampage II Extreme

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2008年11月14日

Rampage II Extremeをお気に入り製品に追加する <121

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ASUS、X58搭載ハイエンドマザーボードなど3機種
2008年11月18日 18:05掲載
[Rampage II Extreme] オーバークロックに特化した設計を採用したX58チップセット搭載LGA1366用ATXマザーボード(OC仕様)。市場想定価格は47,000円前後

ASUSTekは、LGA1366対応ATXマザーボードの新モデル「Rampage II Extreme」を発売した。

インテル最新のチップセット「X58 Express」を搭載し、最新CPU「Core i7」に対応。トリプルチャンネルをサポートしたDDR3-1800(OC)メモリースロットを6基装備しており、最大12GBのメモリーを実装可能だ。

また、オーバークロックに特化した設計を採用し、安定性に影響を与える電源回路には、CPU用に19フェーズ、チップセット用に3フェーズ、メモリー用に3フェーズを採用。オーバークロックのしやすさにも配慮しており、マザーボード上に設置した操作ボタンと外付けの小型液晶デバイスを使用することで、ディスプレイを見ることなくリアルタイムにクロックや電圧の設定を行える。

さらに、3基のPCI Express2.0 x16スロットや、各2基のPCI Express2.0 x1/PCIスロットを搭載。「SLI」や「CrossFireX」に対応しており、マルチGPU環境を構築可能だ。

このほか、6基のPCI Express2.0 x16スロットを搭載したワークステーションマザーボード「P6T6 WS Revolution」や、2基のPCI-Xスロットを搭載したワークステーションマザーボード「P6T WS Professional」もラインアップされた。

市場想定価格は「Rampage II Extreme」が47,000円前後、「P6T6 WS Revolution」が50,000円前後、「P6T WS Professional」が40,000円前後。

ページの先頭へ