インテリジェントパンチルター IPT-DS1 スペック・仕様・特長

2009年 9月 4日 発売

インテリジェントパンチルター IPT-DS1

「DSC-TX1」「DSC-WX1」の顔検出機能などを利用して自動撮影してくれるカメラ台座。価格は14,910円(税込)

インテリジェントパンチルター IPT-DS1 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥14,200

店頭参考価格帯:¥― (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インテリジェントパンチルター 幅x高さx奥行き:128x34x118mm 重量:175g インテリジェントパンチルター IPT-DS1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の価格比較
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の店頭購入
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のスペック・仕様
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のレビュー
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のクチコミ
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の画像・動画
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のピックアップリスト
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のオークション

インテリジェントパンチルター IPT-DS1SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2009年 9月 4日

  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の価格比較
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の店頭購入
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のスペック・仕様
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のレビュー
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のクチコミ
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1の画像・動画
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のピックアップリスト
  • インテリジェントパンチルター IPT-DS1のオークション

インテリジェントパンチルター IPT-DS1 のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプインテリジェントパンチルター   
サイズ・重量
幅x高さx奥行き128x34x118 mm 重量175 g
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

インテリジェントパンチルター IPT-DS1
SONY

インテリジェントパンチルター IPT-DS1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2009年 9月 4日

インテリジェントパンチルター IPT-DS1をお気に入り製品に追加する <106

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、自動撮影を行うカメラ台座「Party-shot」
2009年8月6日 19:38掲載
[Party-shot IPT-DS1(「サイバーショット DSC-WX1」装着時)] [Party-shot IPT-DS1(動作イメージ)] [Party-shot IPT-DS1(本体)]

ソニーは、デジタルカメラ「サイバーショット DSC-TX1」「DSC-WX1」に対応したカメラアクセサリー「Party-shot(パーティーショット) IPT-DS1」を発表。9月4日より発売する。

「DSC-TX1」「DSC-WX1」の顔検出機能などを利用して、自動でパン(回転)・チルト(角度調整)・カメラのズーム動作を行いながら自動撮影することが可能な製品。新開発の構図アルゴリズム技術を採用しており、被写体の顔の動き・人数・大きさなどをもとに、最適な構図とタイミングを考えて、自動撮影してくれる。最大8人まで検出することができ、パーティーなどでも構図を合わせて撮影することが可能だ。

また、起動中は、「スマイルシャッター」や「おまかせオート撮影モード」も同時に作動。笑顔を検出して自動撮影したり、シーンに合った設定に調整して自動撮影してくれる。

さらに、背面にあるメニューボタンを押すことで、接続している「サイバーショット」の液晶をみて、回転角度や撮影頻度などの設定を変更することも可能だ。

このほか、オプションの同社製単3形アルカリ乾電池2本で、約11時間の撮影が可能。バッテリー切れが近くなると、台座部分のランプが点滅して知らせる機能も備えている。価格は14,910円(税込)。

■関連リンク

ソニー、裏面照射型CMOS採用「サイバーショット」

ページの先頭へ