P7H55-M PRO スペック・仕様・特長

2010年 1月 7日 登録

P7H55-M PRO

Intel H55 Expressチップセットを搭載したLGA1156対応micro-ATXマザーボード

P7H55-M PRO 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1156 チップセット:INTEL/H55 メモリタイプ:DDR3 P7H55-M PROのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • P7H55-M PROの価格比較
  • P7H55-M PROの店頭購入
  • P7H55-M PROのスペック・仕様
  • P7H55-M PROのレビュー
  • P7H55-M PROのクチコミ
  • P7H55-M PROの画像・動画
  • P7H55-M PROのピックアップリスト
  • P7H55-M PROのオークション

P7H55-M PROASUS

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2010年 1月 7日

  • P7H55-M PROの価格比較
  • P7H55-M PROの店頭購入
  • P7H55-M PROのスペック・仕様
  • P7H55-M PROのレビュー
  • P7H55-M PROのクチコミ
  • P7H55-M PROの画像・動画
  • P7H55-M PROのピックアップリスト
  • P7H55-M PROのオークション

P7H55-M PRO のスペック・仕様・特長



基本スペック
チップセットINTEL
H55
フォームファクタMicroATX
CPUソケットLGA1156 マルチCPU 
詳細メモリタイプ  メモリスロット数4
最大メモリー容量  幅x奥行き245x245 mm
インターフェース
PCIスロット2 本 PCI-Express 16X 
PCI-Express 8X  PCI-Express 4X 
PCI-Express 1X1 本 VGAスロットPCI-Express
SATA  Serial ATASATA3.0G
M.2ソケット数  M.2サイズ 
DisplayPort数  Mini DisplayPort数 
HDMIポート数  USB 
その他機能
VRMフェーズ数  SLI  
CrossFire   LED制御機能 
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
オンボード機能
オンボードLAN10/100/1000 オンボードRAID-
オンボードオーディオonboard オンボードグラフィック-
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

P7H55-M PRO
ASUS

P7H55-M PRO

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2010年 1月 7日

P7H55-M PROをお気に入り製品に追加する <29

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ASUS、H55/H57チップセット搭載マザーボード3製品
2010年1月13日 18:40掲載
[P7H57D-V EVO] [P7H55D-M EVO] [P7H55-M PRO]

ASUSTeKは、インテルの最新チップセットを搭載したLGA1156対応マザーボードを発売した。「H57 Express」を搭載した「P7H57D-V EVO」と、「H55 Express」を搭載した「P7H55D-M EVO」「P7H55-M PRO」の計3機種をラインアップする。

いずれも、グラフィックスコアを内蔵したインテルの新CPU“Clarkdale”に対応。CPU側に内蔵されたグラフィック機能を出力するための映像出力として、HDMI/DVI-D/アナログRGBを各1系統ずつ備えている。

また、CPU内蔵グラフィック機能を簡単にパワーアップできる「GPU Boost」ツールを付属。CPU内蔵のグラフィックに対してオーバークロックと動作電圧の変更を行うことで、最高で50%程度のパフォマンスアップが可能となっている。

ATXフォームファクターを採用する「P7H57D-V EVO」は、SATA3.0とUSB3.0に対応した高機能モデル。同製品では、SATA3.0やUSB3.0とチップセット間にPLX製ブリッジチップを搭載。通常250MB/sに制限されるPCI Expressの帯域を倍の500MB/sにまで拡大し、高速なSATA3.0やUSB3.0を最大限利用できるようになっている。拡張スロットは、PCI Express2.0 x16を2基、PCI Express2.0 x1を3基、PCIスロットを2基装備。マルチGPUはNVIDIAの「SLI」とAMDの「ATI CrossFireX」の両方をサポートする。メモリースロットはDDR3-2133MHz(OC)までサポートし、4基合計16GBまで搭載可能。リアパネルのインターフェイスは、2基のUSB3.0ポート、4基のUSB2.0ポート、1基のeSATAポート、1基のIEEE1394ポート、LANポート、PS/2、オーディオ入出力端子と、グラフィックスコア内蔵CPU用の映像出力端子を備える。

「P7H55D-M EVO」は、micro-ATXフォームファクターを採用する省スペースモデルで、USB3.0に対応する。拡張スロットは、PCI Express2.0 x16を1基、PCI Express2.0 x1を2基、PCIスロットを1基装備。マルチGPUは非対応。メモリースロットはDDR3-2133MHz(OC)までサポートし、4基合計16GBまで搭載可能。リアパネルのインターフェイスは、2基のUSB3.0ポート、4基のUSB2.0ポート、1基のeSATAポート、1基のIEEE1394 ポート、LANポート、PS/2と、グラフィックスコア内蔵CPU用の映像出力端子を備える。

「P7H55-M PRO」は、SATA3.0やUSB3.0を省くなど、搭載機能を絞ったモデル。「P7H55D-M EVO」同様、micro-ATXフォームファクターを採用する。拡張スロットは、PCI Express2.0 x16を1基、PCI Express2.0 x1を1基、PCIスロットを2基装備するほか、マルチGPUは非対応となる。メモリースロットはDDR3-2133MHz(OC)までサポートし、4基合計16GBまで搭載可能。リアパネルのインターフェイスは、6基のUSB2.0ポート、LANポート、PS/2と、グラフィックスコア内蔵CPU用の映像出力端子を備える。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ