ScanSnap iX500 FI-IX500 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2012年11月30日 発売

ScanSnap iX500 FI-IX500

Wi-Fiを内蔵したドキュメントスキャナー

ScanSnap iX500 FI-IX500 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

光学解像度:600dpi インターフェース:USB3.0/USB2.0/USB1.1 幅x高さx奥行き:292x168x159mm ScanSnap iX500 FI-IX500のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ScanSnap iX500 FI-IX500の価格比較
  • ScanSnap iX500 FI-IX500の店頭購入
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のスペック・仕様
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のレビュー
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のクチコミ
  • ScanSnap iX500 FI-IX500の画像・動画
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のピックアップリスト
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のオークション

ScanSnap iX500 FI-IX500PFU

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年11月30日

  • ScanSnap iX500 FI-IX500の価格比較
  • ScanSnap iX500 FI-IX500の店頭購入
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のスペック・仕様
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のレビュー
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のクチコミ
  • ScanSnap iX500 FI-IX500の画像・動画
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のピックアップリスト
  • ScanSnap iX500 FI-IX500のオークション

ScanSnap iX500 FI-IX500 のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプシートフィード 原稿サイズ 
最大読取範囲216x360 mm 最大セット可能枚数50 枚
光学解像度600 dpi 両面読み取り
センサーカラーCIS×2 光源RGB3色LED
インターフェースUSB3.0/USB2.0/USB1.1 電源 
自動給紙方式(ADF)  重送検知機能 
OCR(文字認識)  スマホ連携 
クラウド連携    
ネットワーク
無線LANIEEE802.11b/g/n Bluetooth 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き292x168x159 mm 重量3 kg
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

ScanSnap iX500 FI-IX500
PFU

ScanSnap iX500 FI-IX500

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年11月30日

ScanSnap iX500 FI-IX500をお気に入り製品に追加する <999

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース PFU、Wi-Fi内蔵のドキュメントスキャナー「ScanSnap iX500」
2012年11月12日 19:00掲載
ScanSnap iX500 ScanSnap iX500 ScanSnap iX500

PFUは、パーソナルドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズの新モデルとして、「ScanSnap iX500」と「ScanSnap iX500 Deluxe」の2機種を発表。11月30日より発売する。

Wi-Fiを内蔵し、タブレット端末やスマートフォンと連係できるドキュメントスキャナー。専用アプリケーション「ScanSnap Connect Application」をダウンロードすることで、タブレット端末やスマートフォンからのスキャンが可能になる。スキャンした原稿は、PDFやJPEG形式で直接タブレット端末などに保存される。

性能面では、新開発のデュアルコアCPU採用の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載し、カラー300dpiで25枚/分の高速読み取りを実現。同社の従来製品と比べて25%高速化している。給紙部分には、交換周期の目安が20万枚のブレーキローラーを、「ScanSnap」シリーズとして初めて採用し、給紙性能とともに耐久性を向上。さらに、超音波センサーによってマルチフィード(重送)の発生をチェックし、大量の原稿でも安定的にスキャンができるようにした。

専用ソフトウェアでは、インターフェイスを改良し、クイックメニューに「お気に入り」や「おすすめ」機能を搭載。使用頻度の多いクラウドサービスをお気に入りに登録してすぐに呼び出せるようにするなど、ユーザーの使い勝手に応じた表示方法が設定できる。また、PDFの生成を高速化し、「ファイン」画質で従来製品と比べて45%生成時間を短縮している。

なお、「ScanSnap iX500 Deluxe」は、ファイリングソフトフェアの「楽2ライブラリ Smart V1.0 with Magic Desktop V1.0」を同梱したモデル。「らくらく導入」や「らくらく電子化」、「らくらく操作」の3つの機能を備え、タブレット端末やスマートフォンをはじめデジタルカメラなどのデジタルデータを、紙を扱う感覚で操作できるようにした。

このほか、インターフェイスはUSB 3.0を採用。原稿搭載枚数は50枚。本体サイズは292(幅)×168(高さ)×159(奥行)mm、重量は3.0kg。付属品としてA3キャリアシートが同梱される。

直販価格は、「ScanSnap iX500」が49,800円、「ScanSnap iX500 Deluxe」が54,800円。

ページの先頭へ