ICD-SX1000 (B) [ブラック] スペック・仕様・特長

2013年 2月21日 発売

ICD-SX1000 (B) [ブラック]

192kHz/24bitのハイレゾ音源の再生に対応したICレコーダー

ICD-SX1000 (B) [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

内蔵メモリー容量:16GB 最大録音時間:636時間 ICD-SX1000 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の価格比較
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の店頭購入
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のレビュー
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のクチコミ
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の画像・動画
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のオークション

ICD-SX1000 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 2月21日

  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の価格比較
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の店頭購入
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のレビュー
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のクチコミ
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]の画像・動画
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • ICD-SX1000 (B) [ブラック]のオークション

ICD-SX1000 (B) [ブラック] のスペック・仕様・特長



用途
ビジネス  学習 
趣味    
仕様
対応メモリー内蔵メモリー
メモリースティック マイクロ
microSD
microSDHC
内蔵メモリー容量16GB
最大録音時間636 時間 USB充電 
電池持続時間(録音)19 時間 電池持続時間(再生)22 時間
電源内蔵リチウムイオン充電式電池 AC電源接続 
スティック・ペン型  入力端子 
出力端子    
機能
PC接続 ハイレゾ対応 
ダイレクト接続  PCM対応 
MP3再生  WMA再生  
ローカットフィルタ  ピンポイント録音
Bluetooth対応  スマートフォン対応 
ラジオ  録音レベル自動調整 
録音ファイルフォーマット  サンプリング周波数 
量子化ビット数    
サイズ・重量
幅x高さx奥行39.6x110.8x14.6 mm 質量82 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

ICD-SX1000 (B) [ブラック]
SONY

ICD-SX1000 (B) [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 2月21日

ICD-SX1000 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <210

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ハイレゾ再生対応のICレコーダー「ICD-SX1000」
2013年1月28日 19:00掲載
ICD-SX1000 ICD-SX1000 ICD-SX1000

ソニーは、ICレコーダーの新モデル「ICD-SX1000」を発表。2月21日より発売を開始する。

高音質録音、高音質再生、使いやすさの3点を追及したモデルで、録音機能は、96kHz/24bitのリニアPCM録音に対応。ズームマイクとステレオマイクによる「3マイクシステム」を採用し、ズームマイクとステレオマイクを切り替えることで指向性を変えられるようになっている。また、マイク部は、録音時の空気の振動を考慮したうえで通気孔の位置やサイズを決定することで指向性が向上している。

さらに、ADコンバーターを1chあたり2個搭載する「Dual A/Dコンバーター」を採用。入力レベルによってADコンバーターを切り替えることで、小さな音から大きな音まで歪みの少なく、ダイナミックレンジの広い録音を実現している。このほか、録音時に人の声かどうかの音声解析を行い、人の声に最適な録音レベルに自動設定する「おまかせボイス」や、シーンに応じて内蔵マイクの周波数特性を最適化する「MFO(Microphone Frequency Optimizer)」を搭載。リニアPCMとMP3の2種類のファイルを同時作成する「デュアルレコーディング」にも対応するようになった。

再生機能では、192kHz/24bitのハイレゾ音源(リニアPCM)の再生に対応するのがトピック。ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master」も備えており、ICレコーダーながらも高音質再生に対応。再生時のノイズを低減する「強力ノイズカット」も搭載している。このほか、議事録などの書き起こしに便利な「書き起こし用再生」、録音日時からファイルを検索できる「カレンダーサーチ」、録音レベルを自動で調節する「デジタルボイスアップ」なども搭載する。

本体サイズは39.2(幅)×108.9(高さ)×14.6(奥行)mmで、重量は約82g(内蔵リチウムイオンバッテリー含む)。従来比で約1.5倍の大画面ディスプレイを採用している。また、16GBメモリーを内蔵し、96kHz/24bitのリニアPCM形式で約6時間35分の録音が可能。外部メモリーとして、mircoSD/mircoSDHCメモリーカード、メモリースティック マイクロ(M2)に対応する。USB端子はスライト式で、パソコンに直接接続することが可能。キャリングケース、密閉型ステレオヘッドホン、スタンドなどをが付属する。ボディカラーは、ブラックとレッドの2色。

市場想定価格は27,000円前後。

このほか、44.1kHz/16bitのリニアPCM録音に対応する下位モデル「ICD-SX734」もラインアップ。内蔵メモリーは8GBで、市場想定価格は20,000円前後。

ページの先頭へ