HT-CT380 スペック・仕様・特長

2015年 5月23日 発売

HT-CT380

  • 4Kコンテンツやハイレゾ音源に対応したサウンドバーとワイヤレスサブウーハーのセット。
  • HDCP2.2準拠4Kパススルー仕様で、4K映像コンテンツをHDMIケーブルで4K対応テレビに伝送できる。
  • 仮想サラウンド再現技術「S-Force PROフロントサラウンド」とディフューザーによって、音をより広範囲に届ける。
HT-CT380 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー チャンネル数:2.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:180W ウーハー最大出力:90W HT-CT380のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HT-CT380の価格比較
  • HT-CT380の店頭購入
  • HT-CT380のスペック・仕様
  • HT-CT380のレビュー
  • HT-CT380のクチコミ
  • HT-CT380の画像・動画
  • HT-CT380のピックアップリスト
  • HT-CT380のオークション

HT-CT380SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月23日

  • HT-CT380の価格比較
  • HT-CT380の店頭購入
  • HT-CT380のスペック・仕様
  • HT-CT380のレビュー
  • HT-CT380のクチコミ
  • HT-CT380の画像・動画
  • HT-CT380のピックアップリスト
  • HT-CT380のオークション

HT-CT380 のスペック・仕様・特長



  • 4Kコンテンツやハイレゾ音源に対応したサウンドバーとワイヤレスサブウーハーのセット。
  • HDCP2.2準拠4Kパススルー仕様で、4K映像コンテンツをHDMIケーブルで4K対応テレビに伝送できる。
  • 仮想サラウンド再現技術「S-Force PROフロントサラウンド」とディフューザーによって、音をより広範囲に届ける。
基本仕様
タイプサウンドバー チャンネル数  
サラウンド最大出力180 W ウーハー最大出力90 W
4K伝送 60p対応 リモコン 
壁掛け対応    
サラウンドフォーマット
DolbyDigital Dolby Atmos 
DTS DTS:X 
DTS Virtual:X    
機能
HDCP2.2  HDCP2.3 
自動音場補正  ハイレゾ  
HDR対応  電源連動
ネットワーク
Bluetooth Bluetoothコーデック SBC
AAC
NFC  Wi-Fi 
LAN  AirPlay対応 
Spotify対応  音声アシスタント 
ワイヤレスワイヤレスサブウーハー   
端子
HDMI端子入力端子:3系統
出力端子:1系統
(ARC対応)
光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB 
サイズ・重量
幅x高さx奥行  重量 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
進化したディフューザー

スリムなボディに口径60mmのスピーカーユニットを搭載。さらにHT-CT380では、音を拡散させるディフューザーを進化させることで、前面への音の放射を大幅に改善。より明瞭なサウンドで、包みこまれるようなサラウンド再生を実現します。

スリムデザイン
スリムデザイン

スタンドの低いテレビの前にも画面を隠さず設置できる、高さ約51mmの薄型フォルム。また、付属の壁掛け用ブラケットを使用し、壁にも手軽に設置できるなど、さまざまなレイアウトが可能です。

サブウーファーの縦置き・横置きが可能
サブウーファーの縦置き・横置きが可能

本体とサブウーファーはワイヤレスで接続。さらに、縦置き・横置きが可能なスリム&コンパクト設計により、部屋の隅やソファーの後ろなど、さまざまな場所に設置できます。

NFC&Bluetoothに対応
NFC&Bluetoothに対応

Bluetoothに対応し、スマートフォンの音楽をワイヤレスで再生できます。さらに、NFC(Near Field Communication)搭載により、対応端末との接続もワンタッチで行えます。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HT-CT380
SONY

HT-CT380

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月23日

HT-CT380をお気に入り製品に追加する <609

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ハイレゾや4Kに対応したホームシアターシステムなど6機種
2015年5月13日 13:24掲載
HT-ST9 HT-NT3 HT-XT3

ソニーは、ホームシアターシステムの新モデルとして、「HT-ST9」「HT-NT3」「HT-XT3」「HT-CT780」「HT-CT380」「HT-XT100」の6機種を発表。「HT-CT780」「HT-CT380」を5月23日より、そのほかの4機種を6月13日より発売する。

■ハイレゾ&4K対応「HT-ST9」「HT-NT3」「HT-XT3」

いずれも、同社のホームシアターシステムとして初めてハイレゾ音源の再生に対応し、最大192kHz/24bitのPCM方式の音源やDSD 5.6MHz(リニアPCM変換)の再生が可能。スピーカーユニットには、新開発ツイーターを搭載しており、ハイレゾ音源の高域表現を実現した。

機能面では、CD音源やMP3などの高音域を補完し、最大96kHz/24bitまで拡張してハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。Bluetooth接続では、最大約3倍の情報量を伝送することが可能な「LDAC」に対応し、高音質再生を実現。HDMI端子は、著作権保護規格HDCP 2.2準拠の4Kパススルーに対応する。

「HT-ST9」は、7.1chのサウンドバータイプを採用した最上位機種。各スピーカーの音の強弱を独立して制御する波面制御技術を採用し、後方から回り込む音響効果も得られる。本体にはツイーターを含む計10個のスピーカーを搭載し、8つのフルデジタルアンプS-Master HXで独立して駆動させている。実用最大出力は800W。

「HT-NT3」は、2.1chのサウンドバータイプで、奥行き65mmの薄型モデル。前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンドを再現する技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載。実用最大出力は400W。

「HT-XT3」は、2.1chの台座タイプで、本体底面に2基のサブウーハーを内蔵する。実用最大出力は350W。耐荷重50kgまで、65V型以下のテレビとの組み合わせが推奨されている。

市場想定価格は、「HT-ST9」が150,000円前後、「HT-NT3」が80,000円前後、「HT-XT3」が70,000円前後(いずれも税抜)。

■「HT-CT780」「HT-CT380」「HT-XT100」

「HT-CT780」「HT-CT380」は、2.1chのサウンドバータイプ。HDMI端子は、「HT-CT780」がHDCP 2.2準拠4Kパススルー、「HT-CT380」が4Kパススルーに対応する。実用最大出力は、「HT-CT780」が300W、「HT-CT380」が270W。「HT-XT100」は2.1chの台座タイプで、実用最大出力が70Wとなる。

市場想定価格は、「HT-CT780」が50,000円前後、「HT-CT380」が40,000円前後、「HT-XT100」が25,000円前後(いずれも税抜)。

ページの先頭へ