CAS-1 (W) [ホワイト] スペック・仕様・特長

2015年10月17日 発売

CAS-1 (W) [ホワイト]

  • 限られたスペースでも設置しやすいセパレートタイプのコンパクトオーディオシステム。
  • スマートフォンやウォークマンの音楽を手軽に高音質ワイヤレス再生できる、Bluetooth/LDAC/NFCに対応。
  • スピーカーとリスナーの距離が近いデスクトップなどでの使用を想定した「ニアフィールドリスニング」設計。
CAS-1 (W) [ホワイト] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CAS-1 (W) [ホワイト]の価格比較
  • CAS-1 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のレビュー
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • CAS-1 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のオークション

CAS-1 (W) [ホワイト]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月17日

  • CAS-1 (W) [ホワイト]の価格比較
  • CAS-1 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のレビュー
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • CAS-1 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • CAS-1 (W) [ホワイト]のオークション

CAS-1 (W) [ホワイト] のスペック・仕様・特長



  • 限られたスペースでも設置しやすいセパレートタイプのコンパクトオーディオシステム。
  • スマートフォンやウォークマンの音楽を手軽に高音質ワイヤレス再生できる、Bluetooth/LDAC/NFCに対応。
  • スピーカーとリスナーの距離が近いデスクトップなどでの使用を想定した「ニアフィールドリスニング」設計。
基本仕様
対応メディア  受信バンド 
DSDネイティブ再生  MP3再生 
USB SD/SDHCメモリーカードスロット  
iPod/iPhoneドック   ハイレゾ
スピーカータイプセパレート リモコン
ネットワーク
BluetoothVer.3.0 Class 2、A2DP/AVRCP Wi-Fi 
DLNA  AirPlay 
Spotify    
本体
最大出力 48 W 幅x高さx奥行き55x178x210 mm
スピーカー
型式2 way 幅x高さx奥行き95x178x172 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

CAS-1 (W) [ホワイト]
SONY

CAS-1 (W) [ホワイト]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月17日

CAS-1 (W) [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <203

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ハイレゾ再生に対応したBluetoothコンパクトオーディオ「CAS-1」
2015年9月29日 15:50掲載
「CAS-1」 「CAS-1」

ソニーは、ハイレゾ音源の再生に対応したコンパクトオーディオシステム「CAS-1」を発表。10月17日より発売する。

ステレオスピーカーとフルデジタルアンプで構成したコンパクトオーディオシステム。PCやタブレット/スマートフォン、ウォークマンなどの機器とUSB接続して、ハイレゾ音源を再生することが可能。具体的には、最大192kHz/24bitのWAV/FLAC/AIFF/ALAC、DSD2.8MHz/1bit(リニアPCM変換)に対応。DSEE HXも採用し、MP3などの圧縮音源をアップスケーリングし、ハイレゾ相当(最大192KHz/24bitまで拡張)の高音質で楽しめる。

また、スピーカー用のアンプとほぼ同面積のヘッドホン専用アンプ基板を採用。ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」に装備した高性能ICや、高級オーディオに搭載している高品位なパーツを多数採用した専用のヘッドホンアンプによって、ヘッドホン再生でも、高音質かつパワフルな駆動を実現する。さらに、ヘッドホンのゲイン切替(HI/LOW)が可能で、ハイクラスのヘッドホンにも対応する。

Bluetooth機能では、従来比(A2DP/SBC 328kbps、44.1kHz時との比較)最大約3倍の情報量で伝送できるソニー独自開発のコーデック「LDAC」に対応。NFCのワンタッチリスニング機能にも対応し、スマートフォンなどの対応モバイル端末を本体にかざして、音楽再生を簡単にワイヤレスで行える。

機能面では、音量を下げても原音のバランスを崩さず、高音質で再生できるローボリュームモードを搭載。音量を絞る際、通常のデジタルアンプのように情報量を間引くことなく、情報をフレーム単位で小さくできるパルスハイトボリューム制御機能も備えた。

主な仕様は、スピーカーは、直径62mmコーン型ウーファーと直径14mmソフトドームトゥイーターの2ユニットで構成。周波数帯域は60Hz〜50000Hz。アンプ部の実用最大出力は24W+24W。Bluetoothのバージョンは3.0で、見通し距離がClass2相当の約10m、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、対応コーデックがSBC、AAC、LDAC。SCMS-T方式をサポートする。

スピーカーのサイズは95(幅)×178(高さ)×172(奥行)mm、重量は約1.5kg/1本。本体サイズは55(幅)×178(高さ)×210(奥行)mm、重量は約1.3kg。

市場想定価格は80,000円前後(税別)。

ページの先頭へ