PJ WX4152NI スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
PJ WX4152NI 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥173,980 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 2月 1日

パネルタイプ:DLP アスペクト比:16:10 最大輝度:3500ルーメン コントラスト比:13000:1 対応解像度規格:VGA〜UXGA PJ WX4152NIのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PJ WX4152NIの価格比較
  • PJ WX4152NIの店頭購入
  • PJ WX4152NIのスペック・仕様
  • PJ WX4152NIのレビュー
  • PJ WX4152NIのクチコミ
  • PJ WX4152NIの画像・動画
  • PJ WX4152NIのピックアップリスト
  • PJ WX4152NIのオークション

PJ WX4152NIリコー

最安価格(税込):¥173,980 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 2月 1日

  • PJ WX4152NIの価格比較
  • PJ WX4152NIの店頭購入
  • PJ WX4152NIのスペック・仕様
  • PJ WX4152NIのレビュー
  • PJ WX4152NIのクチコミ
  • PJ WX4152NIの画像・動画
  • PJ WX4152NIのピックアップリスト
  • PJ WX4152NIのオークション

PJ WX4152NI のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途ビジネス(業務用) パネルタイプ DLP
光源水銀ランプ光源 タイプポータブル
詳細スペック
最大輝度 3500 ルーメン コントラスト比 13000 :1
アスペクト比*116:10 パネル画素数1280x800
パネルサイズ0.65 インチ 対応解像度規格VGA〜UXGA
最大表示色10億7300万色 騒音レベル 
機能
4K  3D対応 
HDR対応  短焦点
Wi-Fi Bluetooth 
バッテリー  スピーカー搭載
SDカードスロット    
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子)
S端子  コンポーネント 
コンポジット USB
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行257x221x144 mm 重量3 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド 
60インチ  60インチワイド 
80インチ  80インチワイド 
100インチ  100インチワイド 
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

PJ WX4152NI
リコー

PJ WX4152NI

最安価格(税込):¥173,980発売日:2016年 2月 1日 価格.comの安さの理由は?

PJ WX4152NIをお気に入り製品に追加する <17

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース リコー、3500ルーメンになった世界最小の超短焦点プロジェクター
2016年1月27日 15:45掲載

リコーは、プロジェクター「RICOH PJ」シリーズの新モデルとして、「WX4152NI」「WX4152N」「WX4152」の3機種を発表。2月1日より発売する。

2013年に発売した「WX4141」シリーズの後継機種。独自の自由曲面ミラーを採用し、プロジェクター本体の背面から投写面までの距離が11.7cm(本体セット含め26.1cm)で48型を実現した超短焦点モデル。本体重量は約3kgと軽量で、専用キャリングケースも付属しており、携帯性にすぐれている。

また、従来機種と同様に、超短焦点モデルとして、世界最小・最軽量・最至近(同社調べ)の3大特徴はそのままに、3500ルーメンに輝度を向上し、13000:1の高いコントラスト比を実現。本体を横置きにした机上投影に対応するほか、ネットワークユーティリティを用いた4人同時接続など、機能活用の幅を拡大させている。

「WX4152NI」「WX4152N」は、無線LANや有線LANのネットワークに対応しており、Miracastを利用することが可能。スマートフォンやタブレットなどの端末をWi-Fi Direct経由でプロジェクターと接続して投写することができる。

共通の主な仕様は、方式がDLP、解像度が1280×800ドット、明るさが3500ルーメン、コントラスト比が13000:1、投写サイズが48〜80型。ディスプレイインターフェイスは、HDMI×1、アナログRGB×1、コンポジット×1を装備する。本体サイズは257(幅)×221(高さ)×144(奥行)mm。重量は約3.0kg。

ラインアップとして、「WX4152NI」「WX4152N」「WX4152」に2年間の保守サービスが付属した安心3年モデルも用意する。

市場想定価格は、「WX4152NI」が322,800円、「WX4152NI 安心3年モデル」が348,000円、「WX4152N」が278,800円、「WX4152N 安心3年モデル」が304,000円、「WX4152」が239,800円、「WX4152 安心3年モデル」が260,800円。

ページの先頭へ