Ryzen 7 1800X BOX スペック・仕様・特長

Ryzen 7 1800X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは4GHz、TDP(熱設計電力)は95W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 7 1800X BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥22,000 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年 3月 2日

店頭参考価格帯:¥― (全国31店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 1800X クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Ryzen 7 1800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1800X BOXのオークション

Ryzen 7 1800X BOXAMD

最安価格(税込):¥22,000 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 3月 2日

  • Ryzen 7 1800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1800X BOXのオークション

Ryzen 7 1800X BOX のスペック・仕様・特長



  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは4GHz、TDP(熱設計電力)は95W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
スペック
プロセッサ名Ryzen 7 1800X 世代第1世代
ソケット形状 Socket AM4 コア数8 コア
TDP 95 W クロック周波数3.6GHz
最大動作クロック周波数4 GHz スレッド数16
マルチスレッド 三次キャッシュ16 MB
二次キャッシュ4MB   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 1800X BOX
AMD

Ryzen 7 1800X BOX

最安価格(税込):¥22,000発売日:2017年 3月 2日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 1800X BOXをお気に入り製品に追加する <321

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース AMD、8コア16スレッドのデスクトップ向け新型CPU「Ryzen 7」
2017年2月23日 17:30掲載
Ryzen 7 Ryzen 7

AMDは、デスクトップ向けCPUの新ブランドとして「Ryzen 7」を発表。ラインアップとして、「Ryzen 7 1800X」「Ryzen 7 1700X」「Ryzen 7 1700」の3モデルを用意し、3月3日より発売する。

新たにZenマイクロアーキテクチャーを採用するほか、8コア16スレッドを実現したCPU。Socket AM4に対応しており、チップセットは「X370」と「B350」を使用できる。

なお、同社によると、「Ryzen 7 1800X」と同様の構成であるインテルの8コア16スレッドのCPU「Core i7-6900K」を比較した結果、Cinebench R15マルチスレッドおよびHandbrakeベースのビデオ変換においてよりすぐれたパフォーマンスを示し、4Kゲーミングに関しては同等のパフォーマンスを実現したという。

「Ryzen 7 1800X」の主な仕様は、ベースクロックが3.6GHz、ブーストクロックが4.0GHz、TDPが95W。

「Ryzen 7 1700X」の主な仕様は、ベースクロックが3.4GHz、ブーストクロックが3.8GHz、TDPが95W。

「Ryzen 7 1700」の主な仕様は、ベースクロックが3.0GHz、ブーストクロックが3.7GHz、TDPが65W。32dBの静音CPUクーラー「Wraith Spire」が付属する。

価格は、「Ryzen 7 1800X」が59,800円、「Ryzen 7 1700X」が46,800円、「Ryzen 7 1700」が38,800円(いずれも税別)。

ページの先頭へ