HT-X9000F スペック・仕様・特長

HT-X9000F

  • Dolby Atmos、DTS:X対応の2.1chサウンドバー。バースピーカー「SA-X9000F」とサブウーハー「SA-WX9000F」で構成されている。
  • 「Vertical Surround Engine」と「S-Force Pro Front Surround」により、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現。
  • 4Kパススルーに対応。HDRはHDR10 、HLG(HybridLog-Gamma)、Dolby Visionなどのフォーマットにも対応。
HT-X9000F 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥49,980 (前週比:+6,482円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 6月 9日

店頭参考価格帯:¥49,980 〜 ¥49,980 (全国731店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー チャンネル数:2.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:200W ウーハー最大出力:100W HT-X9000Fのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HT-X9000Fの価格比較
  • HT-X9000Fの店頭購入
  • HT-X9000Fのスペック・仕様
  • HT-X9000Fのレビュー
  • HT-X9000Fのクチコミ
  • HT-X9000Fの画像・動画
  • HT-X9000Fのピックアップリスト
  • HT-X9000Fのオークション

HT-X9000FSONY

最安価格(税込):¥49,980 (前週比:+6,482円↑) 発売日:2018年 6月 9日

  • HT-X9000Fの価格比較
  • HT-X9000Fの店頭購入
  • HT-X9000Fのスペック・仕様
  • HT-X9000Fのレビュー
  • HT-X9000Fのクチコミ
  • HT-X9000Fの画像・動画
  • HT-X9000Fのピックアップリスト
  • HT-X9000Fのオークション

HT-X9000F のスペック・仕様・特長



  • Dolby Atmos、DTS:X対応の2.1chサウンドバー。バースピーカー「SA-X9000F」とサブウーハー「SA-WX9000F」で構成されている。
  • 「Vertical Surround Engine」と「S-Force Pro Front Surround」により、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現。
  • 4Kパススルーに対応。HDRはHDR10 、HLG(HybridLog-Gamma)、Dolby Visionなどのフォーマットにも対応。
基本仕様
タイプサウンドバー チャンネル数2.1 ch
サラウンド最大出力200 W ウーハー最大出力100 W
4K伝送60p対応 リモコン
ウーハー縦置き    
機能
DolbyDigital DTS
HDCP2.2 自動音場補正 
ハイレゾ  HDR対応
DVDプレーヤー付き  電源連動
ネットワーク
Bluetooth BluetoothコーデックSBC
AAC
NFC  Wi-Fi 
LAN  AirPlay対応 
Spotify対応  ワイヤレスワイヤレスサブウーハー
端子
HDMI端子入力端子:1系統
出力端子:1系統
(ARC対応)
光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB
サイズ・重量
幅x高さx奥行(一体型)  一体型重量 
幅x高さx奥行(アンプ)930x58x85 mm アンプ重量2.5 kg
幅x高さx奥行(フロント)  フロントスピーカー重量 
幅x高さx奥行(リア)  リアスピーカー重量 
幅x高さx奥行(ウーハー)190x382x387 mm ウーハー重量7.8 kg
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HT-X9000F
SONY

HT-X9000F

最安価格(税込):¥49,980発売日:2018年 6月 9日 価格.comの安さの理由は?

HT-X9000Fをお気に入り製品に追加する <266

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、Dolby AtmosとDTS:X対応で、臨場感あふれる音を再生するサウンドバー2種
2018年5月8日 11:16掲載
HT-Z9F HT-Z9F HT-Z9F

ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応したサウンドバー「HT-Z9F」と「HT-X9000F」を発表。6月9日より発売する。

いずれも従来のチャンネルベースに、音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応したサウンドバー。同社独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」と「S-Force PROフロントサラウンド」により、フロントスピーカーのみで、包み込まれるような立体音響を実現する。

また、さまざまなHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツの信号をそのまま4Kテレビへ送信する4Kコンテンツのパススルーに対応。HDR10、HLG(Hybrid Log-Gamma)、Dolby Vision(ドルビービジョン)にも対応することで、4K HDRの色鮮やかな映像を高音質とともに楽しめる。

■「HT-Z9F」

ハイレゾ再生に対応しながら、奥行きが約99mmとスリムなモデル。本体の角を丸め、温かみのある素材を用いることで、リビング空間にも美しくなじむデザインを採用した点が特徴。

また、インターネットラジオや、ストリーミングサービスなどの音楽配信サービスを楽しめるChromecast built-inやSpotify Connectに対応し、スマートフォンなどの操作により、対応サービスによる音楽コンテンツのキャスト再生が可能だ。

さらに、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーに話しかけることで、本機からストリーミングサービスなどの音楽を流せるほか、ホームネットワーク内の対応オーディオ機器から同じ音楽を同時に流すマルチルーム再生も使用できる。

このほか、別売りの専用リアスピーカー「SA-Z9R」をワイヤレスで接続することで、より臨場感あふれる5.1chのリアルサラウンド環境を実現する。

主な仕様は、スピーカー構造が3.1ch(ワイヤレスサブウーファー)、フロントスピーカー(ウーファー)はスピーカー×2、エンクロージャータイプがアコースティックサスペンション、ユニットサイズが46mm、センタースピーカー(ウーファー)はスピーカー×1、エンクロージャータイプがアコースティックサスペンション、ユニットサイズが46mm、サブウーファータイプが無線、エンクロージャータイプがバスレフレックス、ユニットサイズが160mm。実力最大出力(非同時駆動/JEITA)が400W。

本体サイズは、バースピーカーが1000(幅)×64(高さ)×98(奥行)mm(グリル非装着時)、サブウーファーが190(幅)×382(高さ)×386(奥行)mm、総重量が14.5kg。

市場想定価格は80,000円前後(税別)。

■「HT-X9000F」

同時発表の4K液晶テレビ ブラビア「X9000F シリーズ」の質感や形状にあわせたデザインを採用したモデル。スタンド内のスペースにきれいに収まり、無駄のない美しい空間を演出。ブラビア「X9000F シリーズ」が実現する高画質と立体音響が一体となった臨場感あふれる視聴環境を提案する。

主な仕様は、スピーカー構造が2.1ch(ワイヤレスサブウーファー)、フロントスピーカー(フルレンジ)はスピーカー×2、エンクロージャータイプがアコースティックサスペンション、ユニットサイズが40mm×100mm、サブウーファータイプが無線、エンクロージャータイプがバスレフレックス、ユニットサイズが160mm。実力最大出力(非同時駆動/JEITA)が300W。

本体サイズは、バースピーカーが930(幅)×58(高さ)×85(奥行)mm、サブウーファーが190(幅)×382(高さ)×387(奥行)mm、総重量が13.5kg。

市場想定価格は60,000円前後(税別)。

ページの先頭へ