【Myコレクション】 自作PC 初号機「NONAME」(ぶー・ぶーとんさん)

ホーム > ピックアップリスト > 自作PC 初号機「NONAME」(ぶー・ぶーとんさん)
  • Twitterにツイートする

Myコレクション自作PC 初号機「NONAME」(ぶー・ぶーとんさん)

作成者 ぶー・ぶーとんさん  2019年 6月24日 11:50 [24523]

人生で初めて購入したWindows PCこと、DELL XPS 8930(2018)から

とある事情(ただのPCアップグレード)により取り外された

Intel Optane Memory [16GB] という素人的には謎のアイテム。

9年前のMacBook Proに不適格なのはもちろんのこと、

適当なPCへ導入するにもやや敷居の高いな代物らしい。

これをむだにしないため、一匹のブタが考えた作戦とは――



「THE はじめてのPC自作(会社用)」!!!!



やってみたかっただけである。もちろん費用も責任も自己負担。

会社用としたのはより良いPCで、より良い仕事をしたかったため。

今現在の必要性と将来の拡張性の狭間で悩みながら、

計画性なし、調査不足、素人の好奇心だけが猪突猛進する。

組み立て、配線、様々な困難を乗り越え完成したものの、

PCケース以外は約ひと月でお役御免に成り果てたという……。

Meshify C Mini Dark TG FD-CA-MESH-C-MINI-BKO-TGD
最安値:¥9,709 (リスト作成時:¥9,709 発売日:2018年 3月31日
Meshify C Mini Dark TG FD-CA-MESH-C-MINI-BKO-TGDのクチコミ 0

初めてのPC自作、そのケースに選んだのがこちら。
今回のパーツで唯一、次世代へ引き継がれる貴重な存在。

特徴的なデザインのフロントパネルが目を惹くケース。
内側にLEDのような光るケースファンを配置すれば、
角形に沿って這う骨組みが浮き上がってまたオシャレ。
また、サイドの薄くスモーク掛かった強化ガラスは
黒系統の配線類を見えにくくしてくれるとともに、
ライティング部分を大きく目立たせる効果も。

Core i7 7700 BOX
最安値:¥40,463 (リスト作成時:¥40,463 発売日:2017年 1月 6日

当初、Optane Memoryを既存PCに組み込もうとしたものの、
第6世代Core i7だった上、M.2スロットもなく完全不適格。
どうせなら第8 / 9世代のCore i7にすれば良かったのに、
どうして大事なCPUに掛かるコストを削ってしまったのか謎。

なお、会社用のPCでOCする必要もないのでKなしを選択。
さらに言えば、どうせ私費製作のためCore i5でも良いはずだが、
つい上位グレードを選んでしまう性癖なので仕方ない。

MasterAir MA610P MAP-T6PN-218PC-R1
最安値:¥5,809 (リスト作成時:¥5,809 発売日:2018年 5月25日

噂に聞く「水冷」というものに憧れがあったものの、
初心者では危険だろうと判断して空冷を選択。
非OC、非ゲーミングのため冷却性能は不明だが、
光るのも含め上から見ても、横から見てもカッコイイ。

ちなみに、CPUクーラー設置から試作機解体まで、
ファンの向きを間違えていることに全く気付かなかった。

PRIME Z270M-PLUS
最安値:¥20,304 (リスト作成時:¥20,304 発売日:2017年 1月 6日

世界一タイミングの悪いブタこと、ぶーとん。
自作PCの世界に魅了され、飛び込んだまでは良かったが、
世は既にZ270およびH270チップセットの大恐慌時代。
プレミア価格もお構いなしにポチってみたものの、
4つのショップで「購入後在庫なしキャンセル」を食らい、
結局Amazon.comにて全部込み約\28,000で購入。

絶対に手に入れてやる!という気持ちで頑張ったが、
まさかひと月後に退役するとは夢にも思わなかった。

ASTRAPE P1-750G [Black]
最安値:¥14,092 (リスト作成時:¥14,092 発売日:2018年 6月29日

ThermaltakeのRGB電源を最初に見たせいで
虹色に輝く電源ユニットが欲しくなりこちらを購入。
ライティングのパターン数が多く操作も簡単、
容量も変換効率も必要十分でかなり満足。

CMK32GX4M4A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 4枚組]
最安値:¥20,493 (リスト作成時:¥18,200
CMK32GX4M4A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 4枚組]のクチコミ 0

目当ての製品が価格.comにないため同価格帯のこちらを。
実際購入したメモリーはSilicon Powerの比較的安価なもの。
型番は[SP016GBLFU266B22]、シンプルなDDR4メモリ。
メモリーを選択するまでに予算がギリギリになっていたため、
RGBやHSの付いているものを選べなかったのが残念。

GTX1050TI-O4G-LP-BRK [PCIExp 4GB]
最安値:¥18,979 (リスト作成時:¥16,980 発売日:2019年 2月 8日
GTX1050TI-O4G-LP-BRK [PCIExp 4GB]のクチコミ 0

最初からデュアルディスプレイにする予定であったこと、
仕事の一部でAdobe CCを利用していることから
一応付けておいた方がいいかなと思って購入。
やはり何かしらカバーがついていた方がカッコイイ。
(XPS 8930の1050 Tiは基盤にファンのみのモデルだった)

Optane Memory MEMPEK1W016GAXT
最安値:¥4,190 (リスト作成時:¥4,190 発売日:2017年 4月28日

DELL XPS 8930に付属していたもの。全ての始まり。
HDDの読み書き速度(主に読み込み)を大幅に向上させる、
キャッシュメモリとしての用途を持つM.2 NVMe SSD。
もちろん、小容量のM.2 NVMe SSDとしての運用も可能。

なお、新規に購入するなら32GBの方が性能もコスパも高く、
そもそも予算があるならSSD買った方がM.2スロットに優しい。

ST2000DM008 [2TB SATA600 7200]
最安値:¥6,129 (リスト作成時:¥6,129 発売日:2018年10月 5日

渦のようなロゴがシンプルでカッコイイ。
元々のロゴもシンプルだったけれど、新しい方が好み。
水生生物が好きなのでBarraCudaという名前もストライク。
そして、Seagateっていう名前も海を感じて好き。

性能としては2TB/プラッターとなり、部品点数が減少、
故障やエラーなどの確率が下げられたそう。
速度はOptane Memory使ってしまうので未知数。

Riing Plus 12 RGB Radiator Fan TT Premium Edition CL-F053-PL12SW-A
最安値:¥8,699 (リスト作成時:¥8,699 発売日:2017年 9月 1日

RGBライティング構成をしてみたいと思いながら、
LEDのパーツすらあまり組み込めないと分かったため、
ケースファンぐらいはRGBにしようと考えて選択。
RGBの配線っていろいろ大変なんだと学んだ一品。

ちなみに、Thermaltakeは[Tt]より[TT]ロゴの方が好き。

U2417H (K) [23.8インチ]
最安値:¥− (リスト作成時:¥− 発売日:2017年 6月 2日
U2417H (K) [23.8インチ]のクチコミ 0

デュアルディスプレイ用メインモニター。
私はDELLのシンプルなデザインが好きなので、
特別な機能があろうがなかろうがDELLを選びがち。

個人的にはUシリーズがバランス良くておすすめ。
できることならUPシリーズが欲しいけれどやや高い……。
解像度や色域にこだわるならPシリーズが特化していて、
低予算でフルHDが欲しいならSシリーズが丁度いい。

SE2416H (K) [23.8インチ]
最安値:¥14,018 (リスト作成時:¥16,505 発売日:2017年10月25日
SE2416H (K) [23.8インチ]のクチコミ 0

デュアルディスプレイ用サブモニター。
自宅でデュアルディスプレイとして使っていたもの。
U3219Qを購入したため、入れ替えで会社に持ち込み。

一度DELL Uシリーズのような製品を使うと
チルトだけのモニターにもの足りなさを感じてしまうし、
ベゼルが異様なほど邪魔に見える症状に見舞われる。

現在の合計金額:¥162,885
リスト作成時の合計金額:¥161,080(2019年 6月24日)

ピックアップリストの評価・コメント

このリストの評価 4.00  (採点者数:2人)
評価をする・コメントを書き込む
※価格.comID登録が必要です。(新規登録はこちら
コメント コメント(全4件)

liyuxiangさん 2019/06/25 13:28

会社用なのにLEDファンか、、、派手ですね(笑)

ぶー・ぶーとんさん作成者 2019/06/30 16:33

> liyuxiang 様

コメントありがとうございます。光らせたい欲を抑えきれませんでした……。
他のスタッフには「ゲーセン」やら「ディスコ」やらと呼ばれています(笑)

デスク上ではなく足下に設置しておりLEDがあまり目立たないためか、
今現在、「そのピカピカ止めろ!」みたいな苦情や注意はありませんが、
面白そうなことを全力でやる、という社風にも助けられていると思います。

KIMONOSTEREOさん 2019/06/30 22:16

大は小を兼ねるとは言いますが、その構成だと最大消費電力でも180W程度です。
電源というのは一般的に50%出力時にもっとも高効率になると言われてますので、選び方としては、最大消費電力の3割ダウンの数値を基準として、その2倍程度の出力の電源を選べばいいのです。

とはいえその計算だと300W程度で良いということになりますが、今どき300W電源というのは少ないので、400〜500Wくらいの高効率電源をお勧めします。
例えばこちら。
https://kakaku.com/item/K0001042496/

SEASONICというのは老舗の電源メーカーです。そしてお勧め理由の大きな要素がこの取り扱い代理店のオウルテックというのがサポートのイイ会社だからです。
PCパーツはいろんな代理店が介している場合が多いのですが、代理店がクソみたいなところもあるのでご注意ください。

ぶー・ぶーとんさん作成者 2019/07/06 12:29

> KIMONOSTEREO 様

コメント、丁寧なアドバイスありがとうございます。
今でこそ電源効率についての知識も少し増えてきましたが、
当時の私は4倍もの電源容量を選択してしまっていたのですね……。

Seasonicの人気は凄いですね!高品質という話を各所で聞きます。
(昔はオウルテックさんの商品だと思ってた時期もありました;)
しかし、需要と供給が完全にズレていて、酷いものになると
国内と国外で(関税手数料・輸送費込みで)数万円の差があるため
Amazon.comなども見ておいた方が良いかもしれませんね。

オウルテックさんからは他のパーツを購入していますが、
今回「サポートが良い」という話を聞けて安心しました。

以前価格.comでご相談させていただいた際もそうでしたが、
ここの諸先輩方は無知を責めず、分かり易く説明くださるので、
とても勉強になりますし、これからも頑張ろうと思います。

このページの先頭へ