洋室(寝室・子供部屋) リフォーム 費用・相場

洋室(寝室・子供部屋) リフォームの費用・相場

今すぐ料金を知りたい方は

リフォーム一括見積もりスタート

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」リショップナビのページに移動します。

洋室(寝室・子供部屋) リフォーム かかった費用はどれくらい?

洋室(寝室・子供部屋) リフォームの費用・相場

洋室(寝室・子供部屋)のリフォーム費用はおおむね「20万円以下」「21万円〜50万円」「51万円〜100万円」「101万円以上」となっています。

壁紙(クロス)を張り替えるだけのリフォームは比較的低コストでできることが多く、素材を自然素材のものに変える場合は数十万円程度になります。和室を洋室に変える場合はさらに一段階上の価格帯になります。

洋室(寝室・子供部屋)のリフォーム いくらで何ができる?

洋室は、リビング・書斎・寝室・子供部屋・・・と、いろいろな用途で使える柔軟性が特長ですが、ここでは、寝室や子供部屋として使う場合のリフォームについてお話ししましょう。事例として多いのは、和室を洋室に改装し寝室や子供部屋にするケースです。また、内装を自然素材に変更したり、新たな収納を設置したり、大きめの子供部屋に仕切りを入れるリフォームも、よく行われています。

それでは、具体的なリフォーム事例について、内容や費用をチェックしていきましょう。なお総額は、機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去処分費用なども含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費等で変わってきます。

410万円 でできる洋室(寝室・子供部屋)リフォーム例

寝室や子供部屋の腰高窓に内窓を付けて二重にし、断熱性や防音性を高める場合の価格帯です。

例 165000腰高窓に内窓を付けて二重窓に

機器代金腰高窓用内窓3万円
工事費用内窓据え付け3.5万円
総額6.5万円
腰高窓に内窓を付けて二重窓に

寒さと騒音対策もかねて、洋室の腰高窓に後付けで内窓を設置する際の費用目安です。

既存のサッシの内側に、もう1つ内窓サッシを取り付けることで二重サッシになり、断熱性や防音性をアップさせることができます。内窓サッシには、単板ガラスと空気層がある複層ガラスの2種類があります。複層ガラスを選べば、全体でガラスが3枚になり断熱・防音性能もさらにアップします。幅1650mm×高さ900mmの腰高窓で、単板ガラスの場合は2〜3万円、複層ガラスの場合は3〜5万円程度を目安にしてください(ガラスの料金を含んでいます)。取り付け費用については2〜4万円です。窓のサイズが大きくなるほど、内窓サッシの価格も取り付け費用も高くなります。

なお、サッシ自体の交換は外壁の工事が必要な場合も多く、簡単ではありません。また、マンションではサッシはたいてい共有部分になり交換できませんのでご注意ください (内窓の設置は可能なことが多いです) 。

10万円までの洋室(寝室・子供部屋) リフォームの事例

施工できる内容と金額をリフォ―ム会社に見積もり依頼する

1050万円 でできる洋室(寝室・子供部屋)リフォーム例

プライバシーを重視して子供部屋の中に間仕切りを設置する場合の価格帯です。

例 212万円共用の子供部屋を間仕切り壁で二部屋に

機器代金木材・ボード・壁紙(クロス)など工事費用に含む
工事費用間仕切り壁の設置12万円
総額12万円
共用の子供部屋を間仕切り壁で二部屋に

二人の兄弟が共同で使っていた12畳の洋室の子供部屋に間仕切り壁を作るリフォームの費用例です。

少し余裕を持った大きさの子供部屋を用意し、小さい時はひとつの部屋を共同で使用、プライバシーを意識する年頃になったら、部屋に間仕切りを設置する事例はよくあります。ただし、どのような間仕切りを設置するかで金額が大きく異なります。部屋を完全に分離する壁のような間仕切りであれば、木材で作った枠に石膏ボードなどをはめ、壁紙を張り付けるのが一般的です。部屋の大きさや素材にもよりますが、8〜15万円程度が目安です。さらに、天井まである収納を設置したり、照明光やエアコンの風をさえぎらない格子状の間仕切りを設置するという事例もあり、導入するものによっては金額が20〜40万円程度アップすることが予想されます。

完全に仕切ってしまうと、新たにドアを設置したり、エアコンの増設が必要になる場合もあるので、計画的なリフォームを検討してください。

10万円〜50万円の洋室(寝室・子供部屋) リフォームの事例

施工できる内容と金額をリフォ―ム会社に見積もり依頼する

2335万円 でできる洋室(寝室・子供部屋)リフォーム例

6畳(10平方メートル)の洋室の壁材や床材を変更する場合の価格帯です。

例 330万円天井・壁・床を自然素材に

材料費珪藻土(天井10平方メートル・壁20平方メートル相当)工事費用に含む
工事費用天井・壁への珪藻土塗布15万円
材料費床用コルク材など(床10平方メートル)工事費用に含む
工事費用床材交換15万円
総額30万円
天井・壁・床を自然素材に

6畳の洋室(子供部屋)の壁と天井を珪藻土に、床材を断熱性が高くやわらかなコルクに替える時の見積もり例です。

珪藻土やコルクなどの自然素材は、シックハウス症候群の心配も少なく、とくに寝室や子供部屋で人気が高い素材です。珪藻土の塗布は塗る回数や厚みにもよりますが、材料費と作業費を含めて1平方メートル当たり4000〜9000円程度が目安です。6畳であれば、天井が10平方メートル、壁の作業面積は15〜25平方メートルになります。コルク材は、1平方メートル当たり8000〜15000円、工事費は5000円前後です。この例では、天井と壁あわせて30平方メートルを珪藻土に(単価5000円)、床をコルクに(単価15000円)するケースを想定しています。

23万円〜35万円を含む洋室(寝室・子供部屋) リフォームの事例

施工できる内容と金額をリフォ―ム会社に見積もり依頼する

50100万円 でできる洋室(寝室・子供部屋)リフォーム例

一般的な和室を洋室にリフォームする場合の価格帯です。

例 475万円6畳の和室を洋室にリフォーム

材料費壁紙(クロス)・床材(フローリング)・下地処理木材など工事費用に含む
工事費用床材を畳からフローリングに改修(6畳間相当)25万円
工事費用壁を真壁から大壁に改修・天井改修(6畳間相当)15万円
工事費用押入れをクローゼットに造り替え(材料費含む)20万円
工事費用引戸など洋風建具の設置(建具代含む)15万円
総額75万円
6畳の和室を洋室にリフォーム

リビングルームに隣接する6畳の和室を、子供部屋用の洋室にリフォームするケースの費用例になります。

和室と洋室では、床や壁の作りが違うため、単に床材や壁材の交換だけでは終わりません。まずは床の違いです。畳の厚みは55mmあるのに対して、フローリングは12〜15mmが通常です。そのため、段差を解消する下地を作る必要があります。断熱材がない場合は、新たに入れてやる必要もあります。さらに、壁も異なります。和室では柱を露出させますが、洋室では柱は壁の中に隠します。天井についても、和室独特の仕上げになっているものが多いので、それぞれ造作工事を行う必要があります。くわえて、押入れをクローゼットなどに変更したり、出入り口のふすまを洋風の建具に変更しなければなりません。
床のリフォームが15〜30万円、壁と天井を洋風に造作し壁紙で仕上げるのに10〜20万円、押入れの改装に15〜25万円、洋風建具の設置が10〜15万円とすると、あわせて50〜80万円となります。最近は、押入れをトイレや洗面所などにリフォームする事例もあります。

50万円以上の洋室(寝室・子供部屋) リフォームの事例

施工できる内容と金額をリフォ―ム会社に見積もり依頼する

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

洋室(寝室・子供部屋) リフォームの事例

リラックスできる空間になりました。

和と洋の融合した寝室

費用
40万円
建物種別
マンション
工期
9週間

リフォーム会社からの声

和の雰囲気を残しつつデザインしました。

壁にはLIXIL(INAX)『エコカラット』を部分貼り施工。

梁面の多い洋間が使いやすい広さに!

費用
30万円
建物種別
一戸建て
工期
2週間

リフォーム会社からの声

洋間は内部に梁出ていた廊下側の下駄箱と物入れをなくしたことで、使いやすい一室になりました。 置き床で床をあげ、廊下との段差がなくなりました。壁にはLIXIL(INAX)エコカラットを部分貼り施工。

広々12畳です

明るい洋室へ

費用
86万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

和室の洋室へのリフォームです。綿壁に新しい下地をしてビニルクロスで仕上げました。

和室の面影はまったく無いですよね。

お子様の成長にあわせたリノベーション

費用
65万円
建物種別
マンション
工期
1週間

リフォーム会社からの声

もともと和室だったお部屋をお子様のお部屋にリノベーションしました。間仕切壁を造作して押入れはクローゼットにしました。お子様の成長にあわせて間取りを変更できるのもリフォームの良いところです。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ