収納 リフォーム 費用・相場

ホーム > リフォーム > 収納 > 費用・相場

収納 リフォームの費用・相場

今すぐ料金を知りたい方は

リフォーム一括見積もりスタート

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」リショップナビのページに移動します。

収納 リフォーム かかった費用はどれくらい?

収納のリフォームはほかのリフォームと同時に行うことが多いため、単体での費用は算出しづらくなります。

かりに単体で行った場合で考えると、25万円以下とそれ以上という価格帯に分けられます。

収納のリフォーム いくらで何ができる?

リフォームの際に「収納を何とかしてシンプルな暮らしをしたい」、そう思われる方は多いようです。しかし収納は単純に空間を増やせばよいというものではなく、使う場所の近くに適切な量をしまえる収納を作らなければただのデッドストックになってしまいます。リフォームする際には生活動線を考えて収納を作ることが必要です。

住居の中を見渡すと、そこには衣服や雑貨などたくさんのものがあります。快適な住居にするには、「見せる」・「見せない」のバランスをうまく取りながら収納スペースを確保する必要があります。収納には、壁全面に設置する大きなものから、トイレなどに設置する小さなものまでさまざまなタイプがあります。また、床下や天井裏も収納スペースとして活躍する場合もあります。

収納には、住居の形やスペースに応じて、大きさや機能などを自由にできる「作り付け家具」や「造作家具」と言われるオリジナルのものと、規格が決まった様々なパーツを組み合わせる「システム収納」があります。「造作家具」は素材やデザインが自由に選べる半面、特別注文になるので、「システム収納」と比べると割高になります。

それでは具体的なリフォーム事例について内容や費用をチェックしていきましょう。なお総額は、機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去処分費用なども含んだ金額ですが、機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費などでも変わってきます。

25万円以下 でできる収納リフォーム例

吊り戸棚や床下収納など欲しい所に役立つ収納を新しく設置する工事や、壁にニッチを作る工事、押入れをクローゼットにする工事などがこの価格帯で可能です。

例 110万円古い吊り戸棚を昇降式の吊り戸棚に交換

機器代金間口90cmの昇降式吊り戸棚8万円
工事費用間口90cmの古い吊り戸棚を昇降式吊り戸棚に交換2万円
総額10万円
古い吊り戸棚を昇降式の吊り戸棚に交換

吊り戸棚は、天井に接するように壁の高い位置に取り付けられている棚で、キッチン・洗面所・トイレに設置することが多くあります。使いやすい高さや奥行きを考えて設置しないと、デッドスペースになってしまう場合もありますので注意してください。

大きさや素材の違う様々なタイプの吊り戸棚がありますが、間口が60〜90cmの木製なら1〜2万円、素材がステンレスでも2〜4万円程度の価格になります。また、棚が便利な昇降式のものは価格がアップし6〜12万円が目安です。すでに吊り戸棚が設置されている場合は、取り付け費用は2〜3万円ですが、新しく設置する場合は壁や天井の具合によって別途補強工事が必要になります。重量のあるものですから、落下を防ぐ補強は必須です。補強工事は、現場の状況によって異なりますが、5〜10万円程度を見込んでください。この例は、古い吊り戸棚を90cmの昇降式のものに変更する場合のイメージです。

例 210万円キッチンに床下収納を設置

機器代金床下収納ユニット(110L×2)6万円
工事費用床下収納ユニット(110L×2)の設置4万円
総額10万円
キッチンに床下収納を設置

床下収納の設置費用には、収納本体・設置工事費・収納固定用の材料費などがあります。設置場所の広さも考えて最適な大きさのものを選ぶようにしましょう。オリジナルの床下収納を造作することもできますが、ユニットタイプの収納本体を取付けるほうが効率的です。

収納本体は容量によって、2〜15万円と様々で、30L(リットル)の小さなものなら数万円からありますし、300 Lを超える大型冷蔵庫並みの大容量では10万円以上のものもあります。また、設置工費費と材料費をあわせて2〜5万円(大容量の場合はさらに床下木材の補強が必要な場合もあります)が目安です。この費用例は110 Lタイプが2台セットになった220 Lタイプを設置し(開口部1207×608mm 高さ470mm)た場合の例です。

例 315万円1間のクローゼットを設置

材料費クローゼット設置のための木材・パイプハンガー・扉など工事費用に含む
工事費用1間(約1.8m)の幅のクローゼットの設置15万円
総額15万円
1間のクローゼットを設置

洋室にクローゼットを新設する例です。中には枕棚(上部に設ける奥行きの浅い棚)とパイプハンガーを設置しました。オリジナルの造作家具は別にして、既製品のシステム収納であれば収納の大きさ(横幅)によっておおよその金額が想定できます。1間(約1.8m)程度の幅でクローゼットや壁面収納を設置する費用は、総額で12〜25万円程度が目安になります。なお、これには、扉の費用も含まれています。扉がない棚だけの収納であれば、3〜5万円程度安くなるはずです。なお、幅が半間(約90cm)になっても、一定の作業工賃がかかるので費用は半分にはなりません。おおむね7〜8割程度を目安に考えてください。

25万円以上 でできる収納リフォーム例

家の間取りを変えず、壁面収納を作るパターンのリフォームはこの価格帯が中心になります。

例 440万円廊下のスペースに壁面収納を

材料費壁面収納用棚、扉、内張り10万円
工事費用棚および扉の設置一式30万円
総額40万円
廊下のスペースに壁面収納を

必要以上に広い廊下部分に壁面収納を新設し、天井部分まで棚を作って収納量を増やす場合の費用例です。

廊下に収納を作ると部屋と外出の中間に位置するため、細々としたものをしまうことができます。たとえば寝室にあるクローゼットの中に外遊び道具はしまえませんが、廊下の収納であればスペースを区切ることで外遊びの道具・アウトドア用品・運動器具・掃除機などを一緒に整理することができます。

例 590万円リビングルームの壁に壁面収納を設置

材料費壁面収納設置のための木材・扉など工事費用に含む
工事費用2間(約3.6m)の幅のリビングでの壁面収納の設置90万円
総額90万円
リビングルームの壁に壁面収納を設置

広さは2間と例3の倍の広さですから、単純計算では30万円になります。ただし、リビング用の収納では、見栄えのよい素材を使い棚の枚数も多くなる場合が多いので、実際はもう少し金額の幅が広くなります。また、壁一面に収納を設置すると、コンセントや照明スイッチの移動、従来の家具の処分などの費用が別途必要な場合もあります。さらに、大型テレビやシアターシステムなどにあわせてインテリアの一環として収納を設置する事例もあります。そのため、オリジナルの造作をするか、オーダーメイドが可能で自由なレイアウトができる壁面収納ユニットを使う事例も多く、50万円を超えて100万円近いリフォーム事例も少なくありません。オーダーメイドができる壁面収納ユニットを使って壁全体を仕上げる事例を費用イメージとしました。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

収納 リフォームの事例

廊下と洋室の壁一面にびっしりの壁面収納を取付させて頂きました

大容量の収納を造作

費用
50万円
建物種別
一戸建て
工期
4週間

リフォーム会社からの声

今までの無駄に広い空間で収納スペースに苦しんでおられましたので、廊下と洋室の壁一面にびっしりの壁面収納を取付させて頂きました。

玄関の壁中央にあるサッシから光を。両サイドと下部には大容量の収納が可能

玄関には大容量の収納を

費用
110万円
建物種別
一戸建て
工期
4週間

リフォーム会社からの声

玄関では既存の窓が使えなくならないことを配慮した上で収納力をアップする為に、寸法にあわせた特注の玄関収納を設置いたしました。 玄関の壁中央にあるサッシから光を取り入れつつ、その両サイドと下部には、大容量の収納が可能となっております。

手洗い器も新たに用意

大容量収納のトイレ

費用
70万円
建物種別
一戸建て
工期
5日間

リフォーム会社からの声

トイレの機器取替と、壁に収納棚を造作。手洗い器も埋め込みタイプのものを設置しました。床も段差をなくし建具も取替えてバリアフリーになりました。

物置テラスです

収納力抜群の物置スペース

費用
90万円
建物種別
一戸建て
工期
3日間

リフォーム会社からの声

物置に90万円!!って感じでしょうが、全長10Mほどありますので、かなり広い物置です。これだけあると、家の中のすぐに使わないものなどを収納できて、すっきりできますよね。土間コンクリートも、少々重たいものが乗ってもよいように、メッシュ筋をいれました。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ