価格.com

生活雑貨

シャープペン:高級筆記具のススメ

機能性なら シャープペン

ペンシルとも呼ばれる、日本人になじみ深い筆記具。黒鉛の芯を使って書く
贅沢さと、メカニックなボディバランスの両方を楽しむことができる。

高級シャープペンの選び方3つのポイント

総合的なバランスのよさが重要

ボールペンに比べて、こだわれる部分が多いシャープペン。芯の太さ、芯送りのギミックなどポイントはさまざまだが、細い芯を使って長時間書くためには、1本のペンとしてのバランスが重要。1点にこだわりすぎず、総合的に判断してほしい。

ポイント1ギミックで選ぶ

芯を送り出すという所作もシャープペンの醍醐味。メーカーによって多種多様であるが、ノック式や尻軸を回すツイスト式が定番だ。使う楽しみを考えるなら、ギミックにもこだわってみてはいかがだろうか。

高級シャープペンの選び方3つのポイント

ポイント2芯の太さで選ぶ

シャープペンを選ぶ際にもっとも大切なポイントの1つが、芯の太さではないだろうか。日本では0.5mmが主流だが、舶来のものは0.7mmが多いことを覚えておこう。

ポイント3軸で選ぶ

シャープペンの芯は細い。長い時間心地よく書くには、持っていて負担のないペン軸が重要となる。軸の形や素材など、自分の手に合いそうなものを選びたい。

  • コラム 安物シャープペンと何が違う?

  • もっとも違いが現れるのはボディバランス。一般的なシャープペンに比べて重心の位置が下にあるため、自然と手が進む快感を味わえる。重量はあるものの、それが逆に疲れにくく、安定した書き心地を得る秘訣なのだ。

王道ブランドの代表作を指名買い 編集部が選ぶ定番ブランドシャープペン10選

ボールペンや万年筆と同じく、シャープペンにも王道のブランド、定番のモデルというものがある。最初の1本を長く使うためにも、まずは多くの人に認められた逸品から探してみては。

普通のシャープペンじゃ物足りない方に 編集部が選ぶ個性派シャープペン5選

個性的なアイテムが多いのもシャープペンの魅力。
鉛筆の書き心地にシャープペンの機能性が合わさった芯ホルダーや、製図用、スケッチ用など…シャープペンの世界はこんなに奥深い。

  • BACK
  • NEXT

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止