押入れ収納・クローゼット収納 通販 価格比較

 >  >  > 押入れ収納・クローゼット収納

キーワード検索

関連特集

観葉植物の人気ランキング&選び方・育て方

観葉植物の人気ランキング&選び方・育て方

品種・サイズ・育てやすさ・価格など観葉植物の選ぶポイントを徹底解説!(2019年5月10日掲載)

片付けのプロに聞く! 収納の極意

片付けのプロに聞く! 収納の極意

住生活アドバイザーが、収納の基本から場所別の応用ワザまで皆さんに伝授します(2019年4月1日掲載)

1

収納ケース 収納ボックス 4個...

収納ケース 収納ボックス 4個...

¥10,000

2

チェスト モア ナチュラル ...

チェスト モア ナチュラル ...

¥753

3

布団圧縮 掃除機不要 Q-PON キ...

布団圧縮 掃除機不要 Q-PON キ...

¥2,460

4

収納ケース 収納ボックス Fits...

収納ケース 収納ボックス Fits...

¥5,080

5

収納ケース 収納ボックス 4個...

収納ケース 収納ボックス 4個...

¥11,800

  • ※掲載情報は、2019年05月20日10時10分 の情報です

押入れ収納・クローゼット収納 商品一覧

表示順 :
標準
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • よく見られている順
画像サイズ :

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

もっと見る

価格.comで「押入れ収納・クローゼット収納」を探そう!

押入れやクローゼットにムダなスペースができてしまい、すべての持ち物を思うように収納できないことってありますよね。そんなときは空間を有効活用できる収納アイテムを使いましょう。押入れやクローゼットを最大限活用し、収納力を上げられる便利なアイテムをご紹介します。

押入れ収納・クローゼット収納のコツ

1.空間を有効利用しよう

収納物の大きさや形はさまざま。そんなときは、押入れの空間を最大限に生かせる収納アイテムを選ぶのが吉。たとえば、ラックや棚、仕切りなどを用いて収納スペースを上下左右に細かく仕切れば、ムダなく空間を利用できます。また、ハンガーラックを有効に活用したい場合は、同じ種類のハンガーを使うことで、ちぐはぐにならず、省スペースに収めることができます。

2.衣類は縦型収納

衣裳ケースの中で、重ねて収納してしまいがちな衣類。しかし、平置きではなく縦に並べて収納すると、スペースが広く取れます。また、上から覗き込めば、どこに何が収納してあるかが一目瞭然になり、出し入れしやすくなるのもポイントです。下着などは専用の仕切りケースも販売されているので、活用してみてください。

3.日常使いのものは出しやすい位置に収納

衣服や布団など、日常的に使うアイテムは、押入れの手前の出しやすい位置にしまうのが便利です。また、押入れの天袋は、踏み台がないと届かない高い位置にあるものが多いので、季節のものなど使う頻度の低いものを収納しておくとよいでしょう。その際には、防ダニ効果や、消臭効果を発揮するものを入れておくのがいいでしょう。

押入れ収納・クローゼット収納の種類

キャスター付き収納

キャスター付き収納

タンスやワゴンにキャスターが付いていると、物の出し入れがしやすくなります。押入れやクローゼットの奥に収納したものを取り出すときにも便利です。

すのこ

すのこ

湿気がこもりやすい押入れには、通気性がよく、防湿性のあるすのこがおすすめ。すのこを敷くことで、衣類などのカビ発生を防ぐことができます。

ハンガーラック

ハンガーラック

スペースの有効利用やシャツのシワ防止にも役立つハンガーラック。ハンガーラックのない押入れに設置するのはもちろん、すでにラックが設置されているクローゼットに増設することもできます。

衣装ケース

衣装ケース

押入れ収納・クローゼット収納に欠かせない、衣類をしまう衣装ケース。木製、プラスチック製、布製など、さまざまな素材があります。移動に便利なキャスター付きや、中が見える透明のケースも揃っています。

布団収納

布団収納

客用布団や普段使いの布団を収納することも多い押入れ。布団専用のラックや袋状、箱状のものなど、種類も豊富なので、ご家庭の押入れのタイプに合わせて選ぶとよいでしょう。