RX-V471(B) [ブラック] スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長

RX-V471(B) [ブラック]

VPS機能を搭載した5.1ch対応AVアンプ

RX-V471(B) [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格(税別):¥47,000
  • 発売日:2011年 6月中旬

サラウンドチャンネル:5.1ch HDMI端子入力:4系統 オーディオ入力:4系統 RX-V471(B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • RX-V471(B) [ブラック]の価格比較
  • RX-V471(B) [ブラック]の店頭購入
  • RX-V471(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • RX-V471(B) [ブラック]のレビュー
  • RX-V471(B) [ブラック]のクチコミ
  • RX-V471(B) [ブラック]の画像・動画
  • RX-V471(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • RX-V471(B) [ブラック]のオークション

RX-V471(B) [ブラック]ヤマハ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 6月中旬

  • RX-V471(B) [ブラック]の価格比較
  • RX-V471(B) [ブラック]の店頭購入
  • RX-V471(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • RX-V471(B) [ブラック]のレビュー
  • RX-V471(B) [ブラック]のクチコミ
  • RX-V471(B) [ブラック]の画像・動画
  • RX-V471(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • RX-V471(B) [ブラック]のオークション

RX-V471(B) [ブラック] のスペック・仕様・特長



サラウンドフォーマット
DTSDTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS Neo:6
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DOLBY DIGITALDOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY PRO LOGIC
DOLBY PRO LOGIC II
DOLBY DIGITAL
AAC THX 
出力情報
フロント出力105 W センター出力105 W
サラウンド出力105 W サラウンドバック出力 
サラウンドチャンネル5.1 ch インピーダンス6 Ω
入力端子
HDMI端子入力  オーディオ入力4 系統
D端子入力2 系統 コンポーネント入力2 系統
S端子入力  光デジタル入力2 系統
映像コンポジット入力5 系統 同軸デジタル入力2 系統
出力端子
HDMI端子出力  オーディオ出力1 系統
D端子出力1 系統 コンポーネント出力1 系統
S端子出力  光デジタル出力 
映像コンポジット出力1 系統 同軸デジタル出力 
基本仕様
周波数帯域  チューナーFM/AM
ワイドFM  HDCP2.2 
4K伝送  ARC対応 
HDR対応  HDR方式 
自動音場補正  USB 
カラーブラック系   
ネットワーク
Bluetooth専用レシーバー対応(別売り) Bluetoothコーデック 
Wi-Fi  DLNA 
AirPlay   Spotify 
HEOS    
対応音声入力フォーマット
量子化ビット数  サンプリング周波数 
DSD  ハイレゾ  
サイズ・重量
幅x高さx奥行き435x151x363 mm 重量8.2 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

RX-V471(B) [ブラック]
ヤマハ

RX-V471(B) [ブラック]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 6月中旬

RX-V471(B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <113

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ヤマハ、VPS機能を搭載したAVアンプ2機種
2011年4月27日 16:08掲載
[RX-V571] [RX-V471]

ヤマハは、AVアンプの新モデルとして、7.1ch対応「RX-V571」と5.1ch対応「RX-V471」の2機種を発表。6月中旬より発売する。

いずれも、立体的なサラウンド空間を再現するVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を搭載し、シネマDSP〈3Dモード〉を5.1ch スピーカー構成で実現。また、テレビ放送やiPodなどの圧縮音声を豊かに再現するミュージックエンハンサー機能と、シネマDSPとの併用にも新たに対応した。

操作性の面では、日本語でのオンスクリーンディスプレイを新たに採用。他社製のテレビやレコーダーなどとのリンク機能も搭載し、音量調整や入力ソースの切り替えなど、本機の基本操作をテレビ用のリモコンから行うことができる。また、映像ソースや音場プログラムなど、よく使う組み合わせをワンタッチで呼び出せる「SCENE」ボタンを装備。映像ソースとして指定したテレビやレコーダーも連動して起動することができる。

省エネ機能では、スタンバイスルー時1.2W以下(スタンバイ時0.1W以下)と、待機時消費電力を大幅に低減。長時間にわたる電源の切り忘れを防止する「オートパワーダウン」を装備するなど、省エネ設計を実現。また、本機の電源をオンにしなくても、付属リモコンから直接HDMI入力を切り換えられる「スタンバイインプットセレクト機能」を搭載し、スタンバイスルー時にはHDMIセレクターとして使用できる。

このほか、iPod/iPhoneをデジタル接続できるUSBポートを本体前面に搭載。HDMIは、3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)をサポート。別売オプションのiPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」やiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」、 Bluetoothオーディオレシーバー「YBA-10」にも対応する。

7.1ch対応「RX-V571」は、コンポーネント端子やコンポジット端子で入力した映像信号を、HDMIケーブル1本で出力できるビデオアップコンバージョンを搭載。DVDなどの標準(SD)画質コンテンツをHD化する、ビデオアップスケーリングにも対応する。インターフェイスは、HDMI入力×6(前面入力1)、HDMI出力×1などを装備。実用最大出力は、フロントが135W×2、センターが135W、サラウンドが135W×2、サラウンドバックが135W×2。価格は61,950円。

5.1ch対応「RX-V571」は、インターフェイスとして、HDMI入力×4、HDMI出力×1を装備する。実用最大出力は、フロントが135W×2、センターが135W、サラウンドが135W×2。価格は49,350円。

ページの先頭へ