ストラーダ CN-H500WD スペック・仕様・特長

2011年 8月12日 発売

ストラーダ CN-H500WD

ワイドコンソール対応のHDDカーナビステーション(2DIN)

ストラーダ CN-H500WD 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

記録メディアタイプ:HDD 設置タイプ:一体型(2DIN) 画面サイズ:7型 TVチューナー:フルセグ(地デジ) ストラーダ CN-H500WDのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • ストラーダ CN-H500WDの価格比較
  • ストラーダ CN-H500WDの店頭購入
  • ストラーダ CN-H500WDのスペック・仕様
  • ストラーダ CN-H500WDのレビュー
  • ストラーダ CN-H500WDのクチコミ
  • ストラーダ CN-H500WDの画像・動画
  • ストラーダ CN-H500WDのピックアップリスト
  • ストラーダ CN-H500WDのオークション

ストラーダ CN-H500WDパナソニック

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 8月12日

  • ストラーダ CN-H500WDの価格比較
  • ストラーダ CN-H500WDの店頭購入
  • ストラーダ CN-H500WDのスペック・仕様
  • ストラーダ CN-H500WDのレビュー
  • ストラーダ CN-H500WDのクチコミ
  • ストラーダ CN-H500WDの画像・動画
  • ストラーダ CN-H500WDのピックアップリスト
  • ストラーダ CN-H500WDのオークション

ストラーダ CN-H500WD のスペック・仕様・特長



基本仕様
画面サイズ7 型 解像度800×480
タイプ  設置タイプ 一体型(2DIN)
記録メディアタイプHDD タッチパネル
タッチパネル種類  フローティング構造 
地図データ  リアモニター付属 
チューナー
TVチューナー フルセグ(地デジ) 4x4地デジチューナー 
その他機能
バックカメラ   ドライブレコーダー 
BluetoothBluetooth スマホ連携 
ハイレゾ   ハンズフリー機能 
ワイドFM  ETC2.0 
VICS WIDE   VICS 
スマートIC考慮検索  音声認識  
搭載プレーヤーDVD/CD 外部メモリスロットSDカード
接続端子iPod端子   
安全運転サポート機能
逆走検知・警告  一時停止表示 
制限速度表示  ゾーン30表示 
速度超過警告    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き205x104x174 mm 重量3.1 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

ストラーダ CN-H500WD
パナソニック

ストラーダ CN-H500WD

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 8月12日

ストラーダ CN-H500WDをお気に入り製品に追加する <191

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース パナソニック、タッチパネル操作が充実したHDDナビ
2011年6月21日 16:45掲載
[CN-H500WD] [CN-H500D]

パナソニックは、HDDカーナビステーション「Strada」(ストラーダ)に、新シリーズとなる「Hシリーズ」を追加。ワイドコンソール(200mm)対応モデル「CN-H500WD」とコンソール(180mm)対応モデル「CN-H500D」の2機種を8月12日より発売する。

いずれも、従来のモデルにあった画面周辺の凹凸を取り払ったフラットフェイスを採用。「CN-H500WD」は、ボタン部もフルフラット化を実現している。さらに、車両の純正ステアリングスイッチでオーディオ機能を操作できる「学習型ステアリングスイッチ設定」を搭載。キー電圧学習型のため、幅広い車種に対応するという。

操作面では、新しいユーザーインターフェイス「モーションコントロール」を採用したのが特徴。メインメニューをはじめ、地図画面やリスト表示画面での操作に静電タッチパネルによる“フリック”(はらい)や“ドラッグ”(なぞり)といった操作方法を採用し、よりスムーズに操作できるようになっている。また、通常使用時にメニューアイコンを表示しない「フルスクリーンマップ」を採用し、地図の視認性も向上。操作が必要な時に手を近づけると「アプローチセンサー」が作動し、「ダイレクトランチャー」メニューを表示するギミックも新たに備えた。

さらに、独自の「簡単ツートップメニュー」も、「モーションツートップメニュー」へと進化。従来の左右のナビ・AV機能に加え、上下にリンク画面や、情報・設定画面を追加。メニューページの上下・左右画面へのスムーズで連続的な移動が“ドラッグ”操作で可能となった。

ハードウェア面では、記憶デバイスに60GB HDDを搭載。800×480ドット表示対応の7型ワイド液晶ディスプレイは、透過性の高い「クリアパネル」とLEDバックライトを採用することで視認性を高めている。また、ボタンのイルミネーションカラーを変更できるようにになった点もポイント。車のインパネ照明やユーザーの好みに応じて8色のイルミネーションカラーから設定できるようになっている。

ナビゲーション機能は、渋滞などによるストップ&ゴー低減や有料道路の料金を考慮したルートを推奨する「eco」や、「おまかせ」、「有料優先」、「一般優先」、「距離優先」の5ルート同時探索が可能となっている。また、「Sクラス」で採用されている「ecoドライブアシスト」機能、「クラブストラーダ」「おでかけストラーダ」からリニューアル・進化した「ナビcafe」「おでかけ旅ガイド」といった機能も備えている。

AV機能では、2010年モデルから採用している「ストラーダチューン」機能をさらに進化。従来の「ルートチューン」「ガイドチューン」「マップチューン」に加えて、「オーディオチューン」を追加することで、音響効果、イコライザー、バランスフェーダーの操作が「オーディオチューン」画面で一括調整が可能になった。

このほかテレビ機能では、高4つのチューナーとアンテナによるキャリアダイバーシティ方式を採用し、従来よりも地上デジタル放送(フルセグ)の受信可能範囲、受信性能が向上。車の速度が高速になれば低下していく受信感度についても向上しており、ワンセグ放送に切り換わる機会も少なくなっているという。

本体サイズは、「CN-H500WD」が205(幅)×104(高さ)×174(奥行)mm、「CN-H500D」が178(幅)×100(高さ)×182(奥行)mm。重量は、両モデルとも3.1sとなる。価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ