EH-TW5200 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2013年 8月29日 発売

EH-TW5200

コンパクトな3D対応のフルHDホームシアタープロジェクター

EH-TW5200 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:液晶(透過型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:2000ルーメン 対応解像度規格:VGA〜フルHD EH-TW5200のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • EH-TW5200の価格比較
  • EH-TW5200の店頭購入
  • EH-TW5200のスペック・仕様
  • EH-TW5200のレビュー
  • EH-TW5200のクチコミ
  • EH-TW5200の画像・動画
  • EH-TW5200のピックアップリスト
  • EH-TW5200のオークション

EH-TW5200EPSON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 8月29日

  • EH-TW5200の価格比較
  • EH-TW5200の店頭購入
  • EH-TW5200のスペック・仕様
  • EH-TW5200のレビュー
  • EH-TW5200のクチコミ
  • EH-TW5200の画像・動画
  • EH-TW5200のピックアップリスト
  • EH-TW5200のオークション

EH-TW5200 のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ 液晶(透過型3LCD)
光源水銀ランプ光源 タイプ据え置き
詳細スペック
最大輝度 2000 ルーメン コントラスト比  
アスペクト比*116:9 パネル画素数1920x1080
パネルサイズ0.61 インチ 対応解像度規格VGA〜フルHD
最大表示色10億7000万色 騒音レベル29 dB
機能
4K  3D対応
HDR対応  HDR方式 
短焦点  Wi-Fi 
Bluetooth  バッテリー 
スピーカー搭載  SDカードスロット 
台形補正  ゲームモード 
スクリーン付き  MHL 
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子)
S端子  コンポーネント 
コンポジット USB
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行297x105x247 mm 重量2.8 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド 
60インチ  60インチワイド1.62〜1.95 m
80インチ  80インチワイド2.17〜2.61 m
100インチ  100インチワイド2.72〜3.27 m
エコマーク
エコマーク  認定番号 
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

EH-TW5200
EPSON

EH-TW5200

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 8月29日

EH-TW5200をお気に入り製品に追加する <576

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース エプソン、3D対応フルHDプロジェクター「dreamio」5機種
2013年8月7日 17:48掲載
EH-TW8200 EH-TW7200 EH-TW5200

エプソンは、ホームシアタープロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」シリーズの新製品として、「EH-TW8200W」「EH-TW8200」「EH-TW7200」「EH-TW5200S」「EH-TW5200」の計5機種を発表。「EH-TW5200S」「EH-TW5200」を8月29日、そのほかの3機種を10月より発売する。

いずれも投写方式に「3LCD」方式を採用した3D対応のフルHDホームシアタープロジェクター。「EH-TW8200W」と「EH-TW8200」は、2012年10月発売の「EH-TW8100W」と「EH-TW8100」の後継モデル。コントラスト比を前機種から約2倍の60万:1に高めたのが特徴。また、画像の解像感を高める「超解像技術」と、動きの速い映像を滑らかに再生する「フレーム補完技術」が3D映像でも働くようにして、3D映像の画質を高めている。黒浮きの少ない漆黒表現を可能にする「DEEPBLACK」や3D映像のクロストークを抑えて明るく投写する「Bright 3D Drive」などは引き続き搭載する。

設置性では、画質劣化の少ない光学レンズシフトを採用し、上下96%、左右47%の広い可動範囲を実現。焦点距離が短く、6畳間程度のスペースでも80型や100型の大画面で投写できる。また、前面吸排気システムにより、左右、後方にスペースを設ける必要をなくして設置の自由度を高めている。なお、「EH-TW8200W」は、「WirelessHD」を標準で搭載。同梱のWirelessHDトランスミッターをプレーヤーなどに接続し、ワイヤレスで再生できる。

「EH-TW7200」は、上位機種である「EH-TW8200」と同じ広範囲なレンズシフトを搭載しつつ、価格を抑えたモデル。上下96%、左右47%の広い可動範囲を実現する。コントラスト比は12万:1となる。

「EH-TW5200」は、本体サイズが297(幅)×247(奥行)×105(高さ)mmのコンパクトなモデル。ゲームのフレーム遅延を軽減する機能を搭載するほか、スマートフォンやタブレット端末とケーブル1本で接続できるMHLをサポートする。斜め横から投写した際の台形歪みを補正する「ピタッと補正」機能も搭載。また、2Wのスピーカーを内蔵しており、外部アンプやスピーカーなどを用意せずに音を鳴らせる。コントラスト比は1万5000:1。3Dに対応するが、3Dメガネはオプションとなる。なお、「EH-TW5200S」には、80型のスクリーンが付属する。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ