HD92 [マットブラック] スペック・仕様・特長

2015年 5月20日 発売

HD92 [マットブラック]

LED光源のフルHDプロジェクター

HD92 [マットブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:DLP アスペクト比:16:9 最大輝度:1500ルーメン 対応解像度規格:VGA〜フルHD HD92 [マットブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HD92 [マットブラック]の価格比較
  • HD92 [マットブラック]の店頭購入
  • HD92 [マットブラック]のスペック・仕様
  • HD92 [マットブラック]のレビュー
  • HD92 [マットブラック]のクチコミ
  • HD92 [マットブラック]の画像・動画
  • HD92 [マットブラック]のピックアップリスト
  • HD92 [マットブラック]のオークション

HD92 [マットブラック]OPTOMA

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月20日

  • HD92 [マットブラック]の価格比較
  • HD92 [マットブラック]の店頭購入
  • HD92 [マットブラック]のスペック・仕様
  • HD92 [マットブラック]のレビュー
  • HD92 [マットブラック]のクチコミ
  • HD92 [マットブラック]の画像・動画
  • HD92 [マットブラック]のピックアップリスト
  • HD92 [マットブラック]のオークション

HD92 [マットブラック] のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ DLP
光源LED光源 タイプ据え置き
詳細スペック
最大輝度 1500 ルーメン コントラスト比  
アスペクト比*116:9 パネル画素数1920x1080
パネルサイズ0.65 インチ 対応解像度規格VGA〜フルHD
最大表示色  騒音レベル23 dB
機能
4K  3D対応
HDR対応  HDR方式 
短焦点   Wi-Fi 
Bluetooth  バッテリー 
スピーカー搭載  SDカードスロット 
台形補正  ゲームモード 
スクリーン付き  MHL 
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子)
S端子  コンポーネント
コンポジット USB 
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行345x162x443 mm 重量6.5 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド1.07〜1.34 m
60インチ  60インチワイド1.61〜2.02 m
80インチ  80インチワイド2.16〜2.71 m
100インチ  100インチワイド2.71〜3.39 m
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HD92 [マットブラック]
OPTOMA

HD92 [マットブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月20日

HD92 [マットブラック]をお気に入り製品に追加する <23

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース Optoma、明るさ1500ルーメンのフルHDプロジェクター
2015年5月21日 13:02掲載
オプトマ HD92

オーエスプラスeは、プロジェクター「オプトマHD」シリーズの新モデルでフルHDに対応した「HD92」を発表。5月20日より発売した。

RGB-LED光源を採用した「HD90」の後継モデルとなるLEDプロジェクター。光源になるLEDランプを一新し、明るさが1500ルーメンに向上したほか、新たな映像エンジン「ピュアエンジン」を搭載した点が特徴だ。

具体的には、フレーム読み取り速度を同社通常モデルの約2.5倍に上げ、映像に含まれたすべての情報をスクリーン上に映し出せる「ウルトラディティール」や、バランスのとれた自然なイメージを提供するカラー処理アルゴリズム「ピュアカラー」に対応。オリジナル映像がブルーレイディスクにプリントされる際にダウンサイジングされるモーションブラー(残像)やフィルムジャダー(ギクシャク感)を回復し、滑らかな映像を再現する映像処理技術「スーパーピュアモーション」を搭載した。

また、独立したそれぞれのRGB-LED投写技術の採用により、DLP-Cの広範囲な色域をカバーし、深みのある鮮やかな画像を再現可能。LEDランプの出力を、映像フレームごとの輝度情報をもとに自動調整する技術「ダイナミックブラック」によって、コントラスト比500万:1を実現。光源寿命は20000時間でランプ交換が不要となっている。

さらに、RGBそれぞれの自然退色を自動補正するSCM(Smart Color Manegement)によって、最適な画面を長く維持できるという。このほか、垂直±60度、水平±10度のレンズシフト機構を搭載し、導入時の設置性を向上させている。

主な仕様は、表示解像度がフルHD(1920×1080ドット)、画面サイズ(投写距離)が1.1m(40型)〜10m(300型)。入力インターフェイスは、HDMI×2、アナログRGB×1、コンポーネント×1、コンポジット×1を備える。

本体サイズは、345(幅)×162(高さ)×443(奥行)mm、重量は約6.5kg。

市場想定価格は500,000円前後(税抜)。

ページの先頭へ