DA-310USB スペック・仕様・特長

2016年12月中旬 発売

DA-310USB

  • 「DA-300USB」(2013年2月発売)の後継機となるUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • デジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。
  • アナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」やPCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」も採用している。
DA-310USB 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥40,022

(前週比:-40円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥40,022¥54,780 (23店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥68,000

店頭参考価格帯:¥40,095 〜 ¥40,095 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ DA-310USBのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

DA-310USBDENON

最安価格(税込):¥40,022 (前週比:-40円↓) 発売日:2016年12月中旬

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

DA-310USB のスペック・仕様・特長



  • 「DA-300USB」(2013年2月発売)の後継機となるUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • デジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。
  • アナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」やPCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」も採用している。
基本仕様
タイプヘッドホンアンプ 形状据え置き
出力380mW+380mW(32Ω、1kHz、T.H.D0.7%)
130mW+130mW(300Ω、1kHz、T.H.D0.7%)
74mW+74mW(600Ω、1kHz、T.H.D0.7%)
電源AC
サンプリング周波数USB-DAC:44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/384kHz(PCM)
Coaxial/Optical:32/44.1/48/64/88.2/96/128/176.4/192kHz(PCM)
量子化ビット数USB-DAC:16/24/32bit(PCM)
Coaxial/Optical:16/24bit(PCM)
DSD対応 DSDネイティブ再生
ハイレゾ  バランス出力対応 
バランス出力端子  消費電力 
バッテリー連続再生時間    
インターフェース・機能
ヘッドホン端子(ミニプラグ)  ヘッドホン端子(標準プラグ)1 系統
光デジタル端子入力2 系統 光デジタル端子出力 
同軸デジタル端子入力1 系統 同軸デジタル端子出力 
アナログ入力端子  アナログ出力端子1 系統
USB端子1 系統 Bluetooth 
Bluetooth対応コーデック    
サイズ・重量
幅x高さx奥行180x71x197 mm 重量1.5kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
「DDFA™」採用フルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプ
「DDFA™」採用フルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプには、ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-2500NE」と同様に新世代のデジタルアンプソリューション「DDFA™」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。高速かつ極めて精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いることにより、音源に含まれる情報を損なうことなくヘッドホンをドライブします。デジタル入力信号をアナログ変換することなく、「Advanced AL32 Processing Plus」による補間処理(※)からボリューム調整、最終段の電力増幅と負帰還処理まで、すべてをデジタルドメインで処理することにより、極めて鮮度が高く原音に忠実な音楽再生を実現しました。また、DCまで負帰還をかけることでDCオフセットを抑え、低域の利得低下や位相回転の原因となる出力カップリングコンデンサーの無いアンプ構成を実現しました。

※Advanced AL32 Processing PlusはPCM信号にのみ対応しています。

DSD 11.2 MHz、PCM 384 kHz / 32bit対応USB-DAC
DSD 11.2 MHz、PCM 384 kHz / 32bit対応USB-DAC

USB-DAC機能は、DSD 11.2 MHzおよびPCM 384 kHz /32 bitの入力に対応しています。DSDの伝送方式はASIOドライバーによるネイティブ再生とDoP (DSD over PCM Frames)をサポート。また、PC側のジッターを多く含んだクロックを使用せず、DA-310USBの超低位相雑音クロック発信器によって生成されるマスタークロックで制御を行うアシンクロナスモードにも対応しています。D/Aコンバーターには、スーパーオーディオCDプレーヤーなど、フルサイズHi-Fiコンポーネントにも搭載されている384 kHz / 32 bit対応の高音質DACを採用しています。

PCノイズをシャットアウトするデジタルアイソレーター

USB-B入力および同軸デジタル入力に接続されたソース機器から流入する高周波ノイズによる音質への悪影響を排除するために、高速デジタルアイソレーターを搭載。ICチップ上に組み込まれたトランス・コイルを介して磁気によりデータ転送を行い、音楽データのみを伝送。繊細なオーディオ信号に影響を与えるノイズをシャットアウトします。

DACマスター・クロック・デザイン
DACマスター・クロック・デザイン

DACをマスターとしてクロック供給を行い、デジタル回路を正確に同期させるDACマスター・クロック・デザインを採用。マスタークロックをD/Aコンバーターの直近に配置することで余分なジッターの発生を抑え、高精度なD/A変換を実現しています。また、デジタルオーディオ回路の性能を最大限に発揮させるためには、半導体動作の基準となるクロックの品質が極めて重要になります。そのために周波数の変位である位相雑音を大幅に低減したクロック発振器を搭載しています。さらに周波数(44.1kHz / 48kHz)別に2個のクロック発振器を搭載し、音源のサンプリング周波数に合わせて切り替えることでジッターを極小化しています。

「NEシリーズ」と同じ高音質カスタムパーツ

デノンの新世代Hi-Fiコンポーネントである「NEシリーズ」にも採用されたオーディオ用電解コンデンサーや抵抗器、フィルムコンデンサーなどを多数採用。サウンドマネージャーによる試聴を重ねて最適なパーツを選定しました。さらに音質を磨き上げるために、電解コンデンサーにはパーツメーカーと共同開発したカスタムパーツを投入しました。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DA-310USB
DENON

DA-310USB

最安価格(税込):¥40,022発売日:2016年12月中旬 価格.comの安さの理由は?

DA-310USBをお気に入り製品に追加する <402

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース デノン、デザイン強化のUSB DAC/ヘッドホンアンプ「DA-310USB」
2016年11月9日 16:29掲載
DA-310USB DA-310USB DA-310USB

デノンは、「デザイン・シリーズ」のUSB DAC/ヘッドホンアンプ「DA-310USB」を発表。12月中旬より発売する。

2013年2月に発売された「DA 300USB」の後継機で、機能性、サウンド、デザインのすべてを大幅に強化したのが特徴。ヘッドホンアンプ回路には、ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-2500NE」と同様に、デジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。高速で精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いることで、音源に含まれる情報を損なうことなくヘッドホンをドライブできるという。

USB DAC機能では、最大11.2MHz/32bit DSD、384kHz/32bit PCMに対応。独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」、PCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」、デジタル回路の正確な同期とジッターの極小化を実現する「DACマスター・クロック・デザイン」などを備える。

さらに、縦置きに対応し、置き方に合わせてディスプレイの表示が自動的に回転する。ヘッドホン接続では、インピーダンスに合わせて設定できる3段階のゲイン切替機能を搭載。ヘッドホンの定格出力は、380mW+380mW(32Ω、1kHz、T.H.D 0.7%)、130mW+130mW(300Ω、1kHz、T.H.D 0.7%)、74mW+74mW(600Ω、1kHz、T.H.D 0.7%)。

このほか、インターフェイスは、ヘッドホン出力(ステレオ標準ジャック)×1、アンバランス出力×1、USB入力×1、光デジタル入力×2、同軸デジタル入力×1を備える。本体サイズ(横置き時)は180(幅)×71(高さ)×197(奥行)mm。重量は1.5kg。ボディカラーはプレミアムシルバーを用意する。

価格は68,000円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】デノン、DSD再生が可能なハイレゾ対応USB DAC/ヘッドホンアンプ

ページの先頭へ