AVC-X8500H スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2018年 2月中旬 発売

AVC-X8500H

  • 13chモノリスコンストラクション・パワーアンプを搭載した、13.2chAVサラウンドアンプ。
  • イマーシブオーディオテクノロジー「Dolby Atmos(7.1.6/9.1.4)」や、「DTS:XTM(7.1.4/9.1.2)」などに対応している。
  • HDMI端子は8入力/3出力を装備している。テレビとプロジェクターの同時接続やマルチルーム出力が行える。
AVC-X8500H 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥480,000

サラウンドチャンネル:13.2ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:7系統 AVC-X8500Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVC-X8500Hの価格比較
  • AVC-X8500Hの店頭購入
  • AVC-X8500Hのスペック・仕様
  • AVC-X8500Hのレビュー
  • AVC-X8500Hのクチコミ
  • AVC-X8500Hの画像・動画
  • AVC-X8500Hのピックアップリスト
  • AVC-X8500Hのオークション

AVC-X8500HDENON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 2月中旬

  • AVC-X8500Hの価格比較
  • AVC-X8500Hの店頭購入
  • AVC-X8500Hのスペック・仕様
  • AVC-X8500Hのレビュー
  • AVC-X8500Hのクチコミ
  • AVC-X8500Hの画像・動画
  • AVC-X8500Hのピックアップリスト
  • AVC-X8500Hのオークション

AVC-X8500H のスペック・仕様・特長



  • 13chモノリスコンストラクション・パワーアンプを搭載した、13.2chAVサラウンドアンプ。
  • イマーシブオーディオテクノロジー「Dolby Atmos(7.1.6/9.1.4)」や、「DTS:XTM(7.1.4/9.1.2)」などに対応している。
  • HDMI端子は8入力/3出力を装備している。テレビとプロジェクターの同時接続やマルチルーム出力が行える。
サラウンドフォーマット
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DOLBY DIGITALDolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
Auro-3D  AAC
THX    
出力情報
フロント出力  センター出力 
サラウンド出力  サラウンドバック出力 
サラウンドチャンネル13.2 ch インピーダンス 
入力端子
HDMI端子入力入力×8(フロント×1) オーディオ入力7 系統
コンポーネント入力3 系統 光デジタル入力2 系統
映像コンポジット入力4 系統 同軸デジタル入力2 系統
出力端子
HDMI端子出力出力×3(モニター×2、ゾーン2×1) コンポーネント出力1 系統
基本仕様
周波数帯域10Hz〜100kHz チューナー 
ワイドFM  HDCP2.2
HDCP2.3  4K伝送60p対応
8K伝送  ARC対応 
eARC対応  HDR対応
HDR方式HDR10
ドルビービジョン
HLG
自動音場補正Audyssey MultEQ XT32
USBUSB端子×1(フロント) カラーブラック系
ネットワーク
BluetoothBluetoothバージョン 3.0 + EDR BluetoothコーデックSBC
Wi-Fi スマートスピーカー連携 
AirPlay  AirPlay 2 
HEOS radiko 
DLNA   
ストリーミングサービス
Amazon Music  Spotify
AWA  SoundCloud 
Deezer    
対応音声入力フォーマット
量子化ビット数WAV・FLAC・ALAC:16、24bit サンプリング周波数WMA・MP3・MPEG-4 AAC:32、44.1、48kHz
WAV・FLAC:32、44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
ALAC:32、44.1、48、88.2、96、192kHz
DSD ハイレゾ 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き434x195x482 mm 重量23.3 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

AVC-X8500H
DENON

AVC-X8500H

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 2月中旬

AVC-X8500Hをお気に入り製品に追加する <112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース デノン、13chパワーアンプ搭載のAVアンプ「AVC-X8500H」を48万円で発売
2018年1月17日 18:10掲載
「AVC-X8500H」

デノンは、13chパワーアンプを搭載したフラッグシップAVサラウンドアンプ「AVC-X8500H」を発表。2月中旬より発売する。

新世代のデノンAVアンプのフラッグシップモデルとして、同社が長年にわたって培ってきた、アナログ/デジタルオーディオ回路設計技術を生かしたモデル。同社では「モンスターAVアンプ」と説明する。具体的には、モノリスコンストラクション・パワーアンプの増幅素子に、Hi-Fiアンプの設計思想を踏襲した大電流タイプのパワートランジスタ「Denon High Current Transistor(DHCT)」を採用し、最大260W、定格150W+150Wの大出力を実現した。

さらに、イマーシブオーディオテクノロジー「Dolby Atmos」「DTS:X」をサポート。音楽コンテンツを中心にコンテンツの充実が進む「Auro-3D」にもファームウェア・アップデートによって対応する。「Dolby Atmos」では7.1.6、9.1.4、「DTS:X」では7.1.4、9.1.2、「Auro-3D」では13.1chのスピーカーレイアウトが可能だ。

フロアスピーカーには、フロントワイドやサラウンドバックを含む最大9ch、ハイトスピーカーには、センターハイトやトップサラウンドを含む最大8ch(最大6chの同時再生に対応)を使用可能。HDMI端子は8入力/3出力を装備し、テレビとプロジェクターの同時接続やマルチルーム出力に対応する。全端子は、デジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.2」、そして従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーに対応する。

映像のダイナミックレンジを拡張する「HDR(High Dynamic Range)」では「HDR10」「Dolby Vision」「Hybrid Log-Gamma」の3方式をサポートしており、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースでHDR映像を楽しめる。加えて、ファームウェア・アップデートによるeARC(Enhanced ARC)への対応も予定する。

また、ネットワークオーディオ機能にはHEOSテクノロジーを採用し、各種音楽ストリーミングサービスに対応。PCやNASなどのミュージックサーバー、およびUSBメモリーからのファイル再生では、5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCMに対応。インターネットラジオ、AirPlay、Bluetoothなどの利用も可能だ。

主な仕様は、パワーアンプ部では、搭載パワーアンプ数が13ch、定格出力が150W+150W、実用最大出力が260W。プリアンプ部では、入力感度/定格出力が200mV/1.2V、周波数特性が10Hz〜100kHz、S/N比が102dB。本体サイズは34(幅)×259(高さ)×482(奥行)mm(アンテナを立てた場合)、重量は23.3kg。

市場想定価格は480,000円(税別)。

ページの先頭へ