X470 MASTER SLI スペック・仕様・特長

2018年 4月19日 発売

X470 MASTER SLI

  • X470チップセット搭載のAMD製CPU向けATXマザーボード。Ryzenシリーズにも対応。
  • 2つのM.2スロットを搭載。フルカバーM.2ヒートシンクはタイプ22110のM.2デバイスにも対応する。
  • PCI-Eスチール製スロットにより、ビデオカードの信号干渉を防止し、ビデオカードをスロットにしっかりと取り付けることができる。
X470 MASTER SLI 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X470 メモリタイプ:DDR4 X470 MASTER SLIのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X470 MASTER SLIの価格比較
  • X470 MASTER SLIの店頭購入
  • X470 MASTER SLIのスペック・仕様
  • X470 MASTER SLIのレビュー
  • X470 MASTER SLIのクチコミ
  • X470 MASTER SLIの画像・動画
  • X470 MASTER SLIのピックアップリスト
  • X470 MASTER SLIのオークション

X470 MASTER SLIASRock

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 4月19日

  • X470 MASTER SLIの価格比較
  • X470 MASTER SLIの店頭購入
  • X470 MASTER SLIのスペック・仕様
  • X470 MASTER SLIのレビュー
  • X470 MASTER SLIのクチコミ
  • X470 MASTER SLIの画像・動画
  • X470 MASTER SLIのピックアップリスト
  • X470 MASTER SLIのオークション

X470 MASTER SLI のスペック・仕様・特長



  • X470チップセット搭載のAMD製CPU向けATXマザーボード。Ryzenシリーズにも対応。
  • 2つのM.2スロットを搭載。フルカバーM.2ヒートシンクはタイプ22110のM.2デバイスにも対応する。
  • PCI-Eスチール製スロットにより、ビデオカードの信号干渉を防止し、ビデオカードをスロットにしっかりと取り付けることができる。
基本スペック
チップセットAMD
X470
CPUソケットSocketAM4
フォームファクタATX マルチCPU 
詳細メモリタイプDIMM DDR4 メモリスロット数4
最大メモリー容量64GB 幅x奥行き305x244 mm
拡張スロット
PCIスロット  PCI-Express 16X2 本
PCI-Express 8X  PCI-Express 4X 
PCI-Express 1X4 本 VGAスロットPCI-Express
ストレージ
SATA6 本 Serial ATASATA6.0G
M.2ソケット数2 M.2サイズM key:type 2230/2242/2260/2280/22110
グラフィック・オーディオ
DisplayPort数  Mini DisplayPort数 
HDMIポート数1 S/PDIF 
USB
USBUSB3.1 Gen2 Type-Ax1/Type-Cx1
USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-Ax6
  
その他機能
SLI  CrossFire 
VRMフェーズ数12 一体型 I/O バックパネル 
LED制御機能Polychrome SYNC   
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
LAN    
オンボード機能
オンボードLAN10/100/1000 オンボードRAID
オンボードオーディオRealtek ALC892 オンボードグラフィック-
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
AMD StoreMI テクノロジー

SSD の速度とハードディスクの容量を組み合わせて、単一の高速で管理しやすいドライブにしするパワフルなツールです。SSD は高速ですが高価であり、最小限の容量しか提供しません。機械式のハードドライブは低価格で大きな容量を提供しますが、SSD よりもはるかに低速です。AMD StoreMI テクノロジーはこれら 2 種類のストレージを 1 つのドライブに「組み合わせ」、最も頻繁にアクセスするデータを SSD に自動的に移動するので、SSD の応答性と機械式のハードディスクの容量という 2 つの利点を活用できます。超高速データ用に最大 2GB までの RAM をラストレベルキャッシュとして使用することもできます。

*AMD StoreMI ソフトウェアを無料で入手できるのは、400 シリーズチップセットベースのマザーボートだけです。

ライティングをお好みに合わせて調整できます ポリクローム RGB

RGB イルミネーションが備え付けられていることに加えて、オンボード RGB ヘッダーとアドレサブル RGB ヘッダーが搭載されているので、マザーボードをストリップ、 CPU ファン、クーラー、シャーシなどの互換性のある LED デバイスに接続できます。ユーザーは、ポリクローム RGB Sync 認定を受けたアクセサリ全体で RGB LED デバイスを同期化して、自分だけの独自のライティング効果を作成することもできます。

*アドレサブル RGB LED ヘッダーは、最大定格が 3A(5V)の WS2812B アドレッサブル RGB LED ストリップ(5V/Data/GND)に対応します。最大 80 個の LED に対応。長さは 2 メートル以内です。
*RGB LED ヘッダーは、最大定格が 3A(12V)の標準的な 5050 RGB LED ストリップ(12V/G/R/B)に対応します。長さは 2 メートル以内です。

フルカバーの M.2 ヒートシンク

大型のフルカバー M.2 ヒートシンクは最大タイプ 22110 M.2 デバイスに対応できます。効率的に放熱して、高速 M.2 SSD が常に最高の状態で動作するようにします。

SSD 向けの 2 つの M.2

M.2 スロットが実装されているので、データ転送速度を最大 32Gb/s まで押し上げる SATA3 6Gb/s および PCIe Gen3 x4 Ultra M.2 インターフェースに対応します。また、ASRock の U.2 キットと互換性があるので、世界最速の U.2 PCIe Gen3 x4 SSD を取り付けることができます。

*Intel® 905P NVMe SSD に対応するのは ASRock M.2 ヒートシンクが取り付けられている場合だけです。
*詳細については製品仕様ページをご覧ください。

PCI-E スチール製スロット

最先端のPCI-E スチール製スロットは堅牢なカバーで保護されているので、グラフィックスカードによる信号干渉を防止します。また、PCI-E スロットにしっかりと取り付けることができます。

2つのUSB 3.1 Gen2(Type-A + Type-C)

このマザーボードの背面I/OにはType-A UBSポートとType-C USB 3.1 Gen2ポートが実装されています。次世代USB 3.1 Gen2デバイスに対応し、最大10 Gbpsのデータ転送速度を提供します。

2つのUSB 3.1 Gen2(Type-A + Type-C)
Intel® LAN

Intel® LAN は、最高のスループット性能を提供し、CPU 使用率を低減して安定性を改善し、究極のネットワーク体験をお届けします。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

X470 MASTER SLI
ASRock

X470 MASTER SLI

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 4月19日

X470 MASTER SLIをお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ASRock、Ryzen対応の「AMD X470」を搭載したマザーボード4機種
2018年4月15日 06:05掲載
X470 Taichi Ultimate X470 Taichi Ultimate X470 Taichi

CFD販売は、ASRock製マザーボード「X470 Taichi Ultimate」「X470 Taichi」「Fatal1ty X470 GAMING K4」「X470 MASTER SLI」の4機種の取り扱いを開始。「X470 Taichi Ultimate」を5月2日より、そのほかの3機種を4月19日より発売する。

■「X470 Taichi Ultimate」

チップセットに「AMD X470」を搭載したATXマザーボード。CPUソケットは「Socket AM4」に対応し、Ryzenシリーズを搭載することが可能だ。特徴として、10Gb/s対応の有線LAN端子を装備する。

メモリーは、DDR4 3466+MHz対応DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、SATA 3.0×8、Ultra M.2×1、M.2×1。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express 2.0 x1×2。

無線通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

リアパネルのインターフェイスとして、HDMI×1、光デジタル×1、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Type-C Gen2×1、USB 3.1 Gen1×6、10ギガビットLAN×1、ギガビットLAN×1を備える。

市場想定価格は36,980円前後(税別)。

■「X470 Taichi」

チップセットに「AMD X470」を搭載したATXマザーボード。CPUソケットは「Socket AM4」に対応し、Ryzenシリーズを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4 3466+MHz対応DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、SATA 3.0×8、Ultra M.2×1、M.2×1。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express 2.0 x1×2。

無線通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

リアパネルのインターフェイスとして、HDMI×1、光デジタル×1、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Type-C Gen2×1、USB 3.1 Gen1×6、ギガビットLAN×1を備える。

市場想定価格は29,980円前後(税別)。

■「Fatal1ty X470 GAMING K4」

チップセットに「AMD X470」を搭載したATXマザーボード。CPUソケットは「Socket AM4」に対応し、Ryzenシリーズを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4 3466+MHz対応DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、SATA 3.0×6、Ultra M.2×1、M.2×1。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 2.0 x1×4。

リアパネルのインターフェイスとして、HDMI×1、光デジタル×1、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Type-C Gen2×1、USB 3.1 Gen1×6、ギガビットLAN×1を備える。

市場想定価格は23,800円前後(税別)。

■「X470 MASTER SLI」

チップセットに「AMD X470」を搭載したATXマザーボード。CPUソケットは「Socket AM4」に対応し、Ryzenシリーズを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4 3466+MHz対応DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、SATA 3.0×6、Ultra M.2×1、M.2×1。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 2.0 x1×4。

リアパネルのインターフェイスとして、HDMI×1、光デジタル×1、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Type-C Gen2×1、USB 3.1 Gen1×6、ギガビットLAN×1を備える。

市場想定価格は19,800円前後(税別)。

ページの先頭へ