P1 CT500P1SSD8JP スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2018年10月下旬 発売

P1 CT500P1SSD8JP

  • 容量500GBのMicron製3D NAND フラッシュを採用したNVMe/PCIe Gen3×4インターフェイス対応のM.2 2280のSSD。
  • シーケンシャル読み込み速度は最大1900MB/秒、書き込み速度は最大950MB/秒を実現。
  • 「Acronis True Image for Crucial」(クローニングソフト、インストール手順書)が付属する。
P1 CT500P1SSD8JP 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥7,678

(前週比:-672円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥7,678

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥7,678¥10,331 (33店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥8,480 〜 ¥8,480 (全国11店舗)最寄りのショップ一覧

容量:500GB 規格サイズ:M.2 (Type2280) インターフェイス:PCI-Express タイプ:3D NAND P1 CT500P1SSD8JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • P1 CT500P1SSD8JPの価格比較
  • P1 CT500P1SSD8JPの店頭購入
  • P1 CT500P1SSD8JPのスペック・仕様
  • P1 CT500P1SSD8JPのレビュー
  • P1 CT500P1SSD8JPのクチコミ
  • P1 CT500P1SSD8JPの画像・動画
  • P1 CT500P1SSD8JPのピックアップリスト
  • P1 CT500P1SSD8JPのオークション

P1 CT500P1SSD8JPcrucial

最安価格(税込):¥7,678 (前週比:-672円↓) 発売日:2018年10月下旬

  • P1 CT500P1SSD8JPの価格比較
  • P1 CT500P1SSD8JPの店頭購入
  • P1 CT500P1SSD8JPのスペック・仕様
  • P1 CT500P1SSD8JPのレビュー
  • P1 CT500P1SSD8JPのクチコミ
  • P1 CT500P1SSD8JPの画像・動画
  • P1 CT500P1SSD8JPのピックアップリスト
  • P1 CT500P1SSD8JPのオークション

P1 CT500P1SSD8JP のスペック・仕様・特長



  • 容量500GBのMicron製3D NAND フラッシュを採用したNVMe/PCIe Gen3×4インターフェイス対応のM.2 2280のSSD。
  • シーケンシャル読み込み速度は最大1900MB/秒、書き込み速度は最大950MB/秒を実現。
  • 「Acronis True Image for Crucial」(クローニングソフト、インストール手順書)が付属する。
スペック
容量500 GB 規格サイズ M.2 (Type2280)
インターフェイスPCI-Express タイプ 3D NAND
設置タイプ内蔵 NVMe 
厚さ  1GBあたりの価格\15
パフォーマンス
読込速度1900 MB/s 書込速度950 MB/s
ランダム読込速度  ランダム書込速度 
耐久性
MTBF(平均故障間隔)   TBW 
DWPD    
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

P1 CT500P1SSD8JP
crucial

P1 CT500P1SSD8JP

最安価格(税込):¥7,678発売日:2018年10月下旬 価格.comの安さの理由は?

P1 CT500P1SSD8JPをお気に入り製品に追加する <180

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース Crucial、リード最大2000MB/sのM.2 SSD「Crucial P1」シリーズ
2018年10月25日 15:35掲載
Crucial P1

CFD販売は、CrucialブランドのM.2 SSD「Crucial P1」シリーズの取り扱いを開始。500GB/1TBモデルをラインアップし、10月下旬より発売する。

フォームファクターはM.2 Type 2280で、インターフェイスにPCI Express 3.0 x4を採用したSSD。フラッシュメモリーにはMicron 3D NANDを搭載する。

500GBモデルの最大転送速度は、シーケンシャルリードが1900MB/s、シーケンシャルライトが950MB/s。

1TBモデルの最大転送速度は、シーケンシャルリードが2000MB/s、シーケンシャルライトが1700MB/s。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ