NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] スペック・仕様・特長

2019年11月 2日 発売

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] 製品画像
最安価格(税込):

¥68,500

(前週比:-925円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥68,500

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥68,500¥93,749 (37店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥68,500 〜 ¥88,000 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の価格比較
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の店頭購入
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の純正オプション
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビュー
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のクチコミ
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の画像・動画
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のオークション

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]SONY

最安価格(税込):¥68,500 (前週比:-925円↓) 発売日:2019年11月 2日

  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の価格比較
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の店頭購入
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の純正オプション
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビュー
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のクチコミ
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の画像・動画
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のオークション

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] のスペック・仕様・特長



  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
基本スペック
記憶媒体内蔵メモリ
microSDカード
記憶容量64 GB
OS種類Android 9.0 インターフェイスUSB2.0 Type-C
再生時間20 時間 電池タイプ内蔵
DSD対応周波数DSD256 (DSD 11.2MHz) 量子化ビット数32bit
サンプリング周波数384kHz   
オーディオ機能
ハイレゾ  バランス接続4.4mm/5極
ノイズキャンセリング  デュアルDAC 
USB DAC機能  デュアルアンプ 
DSDネイティブ再生   
ネットワーク機能
Bluetooth Bluetooth 5.0 BluetoothコーデックSBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
Bluetoothレシーバー  ストリーミングサービス対応Spotify/Apple Music/Google Play Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC
Wi-Fi(無線LAN)   
本体機能
FMチューナー  FM補完放送  
ボイスレコーダー  歌詞表示機能 
日本語対応 内蔵スピーカー 
画面性能
タッチパネル パネル種類TFTカラー液晶
液晶サイズ3.6 インチ 液晶画面解像度1280x720
対応フォーマット
MP3 FLAC
AAC ALAC
DSD MQA
WAV WMA
AIFF OggVorbis 
ATRAC  HE-AAC
リニアPCM    
サイズ・重量
幅x高さx奥行57.9x122.6x14.8 mm 重量164 g
カラー
カラーシルバー   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]
SONY

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

最安価格(税込):¥68,500発売日:2019年11月 2日 価格.comの安さの理由は?

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]をお気に入り製品に追加する <174

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、音楽ストリーミング対応のAndroidウォークマン「NW-ZX500/A100」など
2019年10月16日 15:35掲載

ソニーは、ウォークマン「NW-ZX500シリーズ」「NW-A100シリーズ」を11月2日より発売すると発表した。

ラインアップは、「NW-ZX500シリーズ」が「NW-ZX507」(64GB)、「NW-A100シリーズ」が「NW-A107」(64GB)、「NW-A106」(32GB)、「NW-A105HN」(16GB、専用ヘッドホン付属)、「NW-A105」(16GB)を用意する。

両シリーズ共通の仕様として、Android OSの搭載とWi-Fi接続の対応によって、SpotifyやYouTube、Apple Musicなどのストリーミングサービスや、moraなどのダウンロードサービスからPCを使わずに、ウォークマン本体へ直接音源を入れて再生することが可能。さらに、専用アプリも装備する。

また、ハイレゾ音源の再生に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」や、音質を追求したという本体構造を採用。加えて、圧縮音源をハイレゾ相当(DSEE HX ON時に、最大192kHz/32bitまで拡張。有線接続時のみ有効で、Bluetooth接続時は無効。音楽再生アプリ「W.ミュージック」以外を使用する時は、ハイレゾ音源は48kHz/16bitに一度ダウンコンバートされる)にアップスケーリングする独自技術「DSEE HX」は、従来モデル「NW-A50シリーズ」と同様にAIを活用。AIが自動的に再生中の曲の内容をリアルタイムに解析し、曲調に合わせて最適なアップスケーリングを行うという。

このほか、両シリーズともに、従来モデル(NW-ZX300シリーズ、NW-A50シリーズ)より大きな3.6型HD(1280×720)タッチスクリーンディスプレイを採用。新たに、USB Type-Cにも対応した。

■「NW-ZX500シリーズ」

ハイレゾ再生に対応し、最大11.2MHzのDSDネイティブ再生(バランス接続時において)と、384kHz/32bit PCM再生が可能。4.4mm径のヘッドホンジャックも装備する。構造面では、WM1シリーズ「NW-WM1A」と同様の総削り出しアルミシャーシによって、音響効果と高剛性を両立させた。ボディカラーは、ブラック、シルバーを用意する。

「NW-ZX507」(64GB)の市場想定価格は80,000円前後(税別)。

■「NW-A100シリーズ」

最大11.2MHzまでのDSD再生(PCM変換)に対応。従来機種「NW-A50シリーズ」と同様に、押し出し材から削り出した高剛性のアルミキャビネットで、クリアで力強い低音域を実現。上位モデルの「ZXシリーズ」に使われているフィルムコンデンサや、「WM1シリーズ」でも使われている大型高音質抵抗「ファインサウンドレジスター」をヘッドホン出力に装備し、伸びと透明感を両立した、つややかな音質を再生するとのことだ。

ボディカラーは、「NW-A107」がレッド、ブラック、ブルー、「NW-A106」「NW-A105HN」「NW-A105」がレッド、ブラック、アッシュグリーン、オレンジ、ブルーを用意した。

市場想定価格は、「NW-A107」(64GB)が47,000円前後、「NW-A106」(32GB)が37,000円前後、「NW-A105HN」(16GB、専用ヘッドホン付属)が39,000円前後、「NW-A105」(16GB)が32,000円前後(いずれも税別)。

■「NW-A100TPS」

このほか、1979年に発売したウォークマン1号機「TPS-L2」の発売から40周年を記念した「NW-A100TPS」(16GB)を12月15日までの期間限定で発売する。11月14日より順次出荷を開始する予定だ。

主な特徴として、本体背面に「40周年記念ロゴ」をプリントするほか、「TPS-L2」のデザインを模した専用ソフトケース、ウォークマンロゴや40周年記念ロゴのステッカーを封入。「TPS-L2」発売当時のパッケージを再現したスペシャルボックスで提供する。ボディカラーは、ブラックを採用した。

「NW-A100TPS」(16GB)の市場想定価格は42,000円前後(税別)。

■関連リンク

初代ウォークマン発売から40年、ソニーが40周年記念プロジェクトを開催へ

ページの先頭へ