価格.com

スポーツ

失敗しないアクセサリーの選び方

初心者のための失敗しないスキーアイテム選び

失敗しないアクセサリーの選び方 グローブ編

どんな形状を選べばいい? 素材は? 機能は? など、スキーグローブの選び方のポイントを解説します。

スキー用とスノーボード用のグローブの違いは?
ストックを握りやすいかどうかです。
スキー用とスノーボード用のグローブの最大の違いは、ストックを握ることを想定しているか否かです。ストックを使用して滑走するスキーの場合には、指が独立した形状の5本指タイプか、親指と人差し指が独立したロブスタータイプを選びましょう。

グローブの選び方

グローブ選びのポイントは、形状(タイプ)です。スキーグローブは「5本指タイプ」「ロブスタータイプ」「ミトンタイプ」に分けられます。それぞれの特長を理解し、自分の好みに合ったグローブを選びましょう。どのタイプを選んだらいいのかわからないという人は、スキーグローブの定番「5本指タイプ」にしましょう。

個々の指が独立したスキーグローブの定番形状です。グローブを装着したままでも手先が動かしやすく、ストックも握りやすいという特長があります。

このタイプの商品を探す

親指と人差し指が独立したロブスタータイプは、5本指タイプとミトンタイプのメリットを掛け合わせたモデル。保温性と操作性を兼ね備えた近年人気のタイプです。

このタイプの商品を探す

もっとも保温性の高いタイプです。ストックを握ることはできますが、5本指タイプと比較すると指先の操作性は劣ります。極端に寒がりな人に適したモデルです。

このタイプの商品を探す

悩んだらチェック プラスワンポイント

フィット感を重視するなら手になじみやすいレザータイプを

使い込むほどに手になじんでくるのが、レザー素材のグローブの特長です。適度な保温性とフィット感を重視する人はレザー(革)タイプのグローブを選ぶとよいでしょう。

機能で選ぶなら防水透湿素材「ゴアテックス」採用モデルを!

快適性を重視する人は、防水透湿素材「ゴアテックス」採用モデルが◎。外からの濡れを防ぎ、グローブ内の汗などによる蒸れを解消します。

子ども用のグローブならデザインで選ぶも良し!

子ども用のグローブは、キッズ、ジュニア、子ども用と記載されているモデルを選べば問題ありません。そこさえ押さえておけば、デザインやカラーで選んでも構いません。

選び方まとめ

種類(タイプ)
5本指タイプを選ぶ
素材
レザータイプを選ぶ
+1ポイント
機能にこだわるなら、「ゴアテックス」採用モデルを選ぶ

たとえばこれ!

HESTRA
《OMNI GTX FULL LEATHER》

指先に適度なゆとりを感じられる絶妙なフィット感と高機能を兼備した人気モデルです。

この商品の価格を調べる

主要ブランド・定番モデル

REUSCHロイシュ

BRUCE GTX

防水透湿素材「ゴアテックス」を採用した高機能グローブ。スポーティなデザインと抜群のフィット感が魅力の定番モデルです。

このグローブの価格を調べる

HESTRAヘストラ

ARMY LEATHER PATROL

手の甲側には優れた耐水性と摩耗に強い素材を、手のひら側には耐久性の高い素材を配した高機能グローブです。

このグローブの価格を調べる

DESCENTEデサント

DWAMJD53

しなやかな山羊革を使用したグローブ。耐水透湿フィルム「サイトス」を使用し、濡れにくく、蒸れにくいのが特長です。

このグローブの価格を調べる

失敗しないアクセサリーの選び方 ゴーグル編

紫外線から目を保護したり、滑走中にクリアな視界を確保したりする際に重要なゴーグル。その選び方のポイントを解説します。

ゴーグルの値段の差って何ですか?
レンズの違いです。
ゴーグルのレンズには球面や平面などのタイプがあり、UV加工などさまざまな機能が搭載されています。高機能レンズを搭載したゴーグルほど価格も高くなります。

ゴーグルについて深く知りたい方はこちら

ゴーグルの選び方

初心者がゴーグルを選ぶときのポイントはシンプルです。それはゴーグルと鼻の間に隙間を作らないこと。そこに隙間が生まれてしまうと、滑走中に雪などが浸入し、ゴーグルが曇る原因になります。最近は、各メーカーから日本人の顔にフィットするように開発されたジャパンフィット(アジアンフィット)モデルがラインアップされているので、初心者はそれを選べば問題ありません。また、数は少ないですが、国産ブランドのゴーグルを選んでもよいでしょう。

選び方まとめ

種類(タイプ)
アジアンフィットモデル or
ジャパンフィットモデルを選ぶ
※鼻とゴーグルの間に隙間を作らないことが大切

たとえばこれ!

GIRO《BALANCE アジアンフィット》

最新のビジョンテクノロジーを搭載し、広大な視野を確保します。

この商品の価格を調べる

主要ブランド・ジャパンフィットモデル紹介

OAKLEYオークリー

AIRBRAKE

オークリーのラインアップ中、最高峰の強度とフィット感を実現するゴーグルです。

このゴーグルの価格を調べる

GIROジロ

CONTACT

急変する天候や光に素早く対応できるレンズを搭載した高機能ゴーグルです。

このゴーグルの価格を調べる

SMITH OPTICSスミス オプティクス

I/OX

業界トップクラスの曇り防止機能を搭載。また、上下左右の視野の広さは特筆ものです。

このゴーグルの価格を調べる

失敗しないアクセサリーの選び方 ヘルメット編

転倒時などに頭部を保護するうえで重要なヘルメットの選び方のポイントを紹介します。

ヘルメットって被らなければダメですか?
必須ではありません。ただし…
スキーをするうえで、ヘルメットは必須ではありません。しかし、どんなにスキーが上手い人でも転倒や滑落の可能性はありますし、初心者ならそのリスクはより高くなります。大切な頭を守るという観点からヘルメットを被ることを推奨します。

ヘルメットの選び方

たとえばこれ!

GIRO《NINE MIPS》Asian Fit

ジロのヘルメットで最も人気を誇る「NINE」シリーズの最新モデルです。

この商品の価格を調べる
サイズ調整ダイヤルの場所

ヘルメット選びのポイントは、自分の頭に合うサイズを選ぶことです。そのために、眉毛の上あたりにメジャーをあてて、自分の頭のサイズを測りましょう。測定したサイズを基準にヘルメットのサイズを決めれば間違いありません。どのメーカーのヘルメットも「S:52〜55cm」「M:56〜59cm」「L :60〜63cm」といったように、各サイズがどの程度の頭の大きさに対応するかが表記されています。また、スキー用のヘルメットは欧米人向けに作られている場合が多く、日本人の頭のサイズとは少し異なります。サイズもメーカーによって微妙に異なるので、初心者は「Asian Fit(アジアンフィット)」と記載されているモデルを選びましょう。「アジアンフィット」とは、文字どおりアジア人の頭の形に合うように作られているヘルメットです。日本人の頭にもフィットしやすいと評判なので、迷ったらこのタイプを選びましょう。そのほか、ヘルメットによっては、サイズ調整ダイヤルが搭載されていて、微妙なフィット感を調整することができます。

悩んだらチェック プラスワンポイント

ゴーグル要らずの便利品!バイザーレンズ一体型ヘルメット

近年、人気のバイザーレンズ一体型タイプは、ゴーグルとヘルメットがひとつになった便利品。レンズの上げ下げで簡単に換気を行えるほか、眼鏡をかけたまま使用できるので、眼鏡ユーザーに最適です。

たとえばこれ!

KASK《CLASS SPORT Anthracite》

この商品の価格を調べる

デザインで選ぶも良し!子供用ヘルメット

子供用のヘルメットは、デザインで選んでも問題ありません。欧米では子供のヘルメット着用が義務化されている場合がほとんどなので、大切なお子さんを守るために「しっかりとヘルメットを被らせる」ことを心がけましょう。

転倒時のリスクマネージメントに!MIPS搭載モデルという選択!

MIPS(ミップス)とは

「MIPS(ミップス)」とは、「Multi-directional Impact Protection System」の略語で、日本語に訳すると多方向衝撃保護システムと言います。写真のように、内側のライナーと外部のシェルを独立して回転させることで、転倒時の衝撃を緩和するように設計されています。転倒時のリスクをより軽減させたい人は、「MIPS」機能搭載モデルを選んでみてはいかがでしょうか。

たとえばこれ!

GIRO《RANGE MIPS》

この商品の価格を調べる MIPS採用モデルを探す

選び方まとめ

サイズ
頭に合ったサイズを選ぶ
迷ったときは、アジアンフィットモデルを選ぶ
+1ポイント
より安全性を求めるなら「MIPS」搭載モデルを選択

たとえばこれ!

SMITH OPTICS《CODE-MIPS ASIANFIT》

この商品の価格を調べる

主要ブランド・ジャパンフィットモデル紹介

GIROジロ

Jackson MIPS

  • Asian Fit
  • MIPS
  • サイズ調整可

温度と空気の流れをコントロールする「パッシブアグレッシブベンティングシステム」により、ヘルメット内を快適に保ちます。

この商品の価格を調べる

POCポック

Fornix

  • Asian Fit
  • MIPS
  • サイズ調整可

軽量性と安全性を高次元で実現したヘルメット。6個のベンチレーションホールが効果的な空気流動をうながします。

この商品の価格を調べる

SMITH OPTICSスミス オプティクス

Vantage Asian Fit

  • Asian Fit
  • サイズ調整可

群を抜く衝撃吸収性を備えた軽量ヘルメット。頭全体360度を包み込むようにサイズ調整ができます。

この商品の価格を調べる

主要ブランド・バイザーレンズ一体型モデル

UVEXウベックス

hlmt 300 visor

  • サイズ調整可

「ハードシェル テクノロジー」を採用し、軽さと高い耐衝撃性を実現したヘルメット。

この商品の価格を調べる

CPシーピー

CAMURAI

  • サイズ調整可

グローブ着用のまま開閉可能なスライダー式のベンチレーションを採用した人気モデル。

この商品の価格を調べる

GIROジロ

Essence MIPS

  • MIPS
  • サイズ調整可

スマートでスタイリッシュなシールドデザインが特長のレディスモデルです。

この商品の価格を調べる
ページトップへ

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止