価格.com

電気・ガス料金

寒い冬に効く節電方法はこれだ!一番お得に使える暖房機器は?

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2016年5月13日

寒い冬に効く節電方法はこれだ!一番お得に使える暖房機器をチェック

一番お得に使える暖房機器は?

寒い冬に部屋を暖める暖房機器には、エアコン、ファンヒーター、こたつ、ホットカーペットなど様々なものがあります。それぞれに特長がありますが、できるなら快適に使えて電気代も安くおさえたいもの。いったいどの暖房機器が一番お得に使えるのか?それぞれの暖房機器の電気代を調べて、ランキングにしてみました(電気代は1kWhあたり27円で計算)。

お得に使える暖房機器
第一位!電気毛布 1時間あたりの電気代 約1.5円

電気毛布

電気毛布は、電気を通すと暖かくなる電熱線が内部にうめこまれた暖房機器で、部屋全体を暖めるというよりは、身体にふれている部分が暖かくなる暖房補助器具として使います。

様々な家電製品を販売するコイズミのカタログによれば、消費電力量が最も多い75Wタイプの電気毛布で、1時間の消費電力量は0.057kWh、電気代は約1.5円です(「強」設定の場合)。電気毛布自体も家電量販店で2,000円〜10,000円程度で販売しているものが多く、手軽に手に入れることができ、電気代を安く抑えることができる万能な暖房機器です。

第二位!こたつ 1時間あたりの電気代 約5.4円

こたつ

冬の代名詞ともいえるこたつとミカンの組み合わせ。部屋全体を暖めることはできませんが、こたつの中にもぐりこんでのうたたねは、他の暖房機器にはない心地よさがあります。4人以上で使える大型こたつの場合、消費電力量はカタログ値で500〜600Wとなっていますが、暖め始めを除けば、実際はそれほど消費電力量は多くなく、0.1〜0.2kWh程度です。

0.2kWhとして計算すると、1時間あたりの電気代は5.4円となります。こたつは一定の温度に達するとヒーターが切れますし、最近は「人感センター」を採用し人の動きを察知しないと自動的にヒーターを切る機能を持っているものも増えており、実は省エネ家電なのです。

なお、こたつ布団には上掛けと敷布団をあわせて使い、保温性能を高めるようにすればさらに節電につながります。

第三位!エアコン 1時間あたりの電気代 約6.1円

エアコン

エアコンの電気代は高い!と思っている人は多いのでは?部屋全体を暖めるならエアコンは実はリーズナブル。昔と比べて、年々省エネ性能が向上しているエアコン。部屋全体が暖まるので、家族みんなで過ごす部屋ならエアコンが効率的。「省エネモード」の自動運転にしておけば、エアコンが部屋の温度や湿度、人間の位置などを自動的に検知し省エネ運転を行ってくれるなど使い勝手の良さもポイントです。

冷房能力が2.8kW(8〜12畳)のエアコンで、1日18時間・5.5か月(10月28日〜4月14日)使用した場合の暖房時の消費電力量は、668kWh(資源エネルギー庁・省エネ性能カタログ2014年冬版より)。1時間の使用で0.225kWh、電気代は約6.1円になります。

第四位!石油ファンヒーター 電気代は約0.54円ですが…

石油ファンヒーター

灯油を燃焼し、その熱をファンによって送風するタイプの暖房機器です。ファンが室内の空気を強制的にかくはんするため、すばやく部屋全体を暖めることができます。燃焼中の消費電力量は少なく電気代の負担は軽いのですが、灯油価格の変動によってはランニングコストが大きく変わります。また、燃焼したガスを室内に排出する密閉型の場合は定期的に換気する必要があります。消費電力量はメーカーや機種によって異なりますが、点火時は300W程度の電力を消費、燃焼時は10〜30Wです。消費電力量を0.02kWhとすると、1時間あたりの電気代は0.54円となります。

一方、灯油の消費量は石油ファンヒーターメーカーのトヨトミの「スマートファンヒーター」シリーズの木造10畳・コンクリート13畳タイプ(LC-SL36E)のものを参考に試算したところ、最大時の燃料消費量は1時間あたり0.35リットルで、最小時は0.099リットルとなっています。灯油18リットルの価格を1,500円とした場合、最大に燃焼すると1時間あたりの灯油代は29.2円、最小燃焼時では8.2円になります。電気代と灯油代をあわせると合計で8.74円〜29.74円になります。灯油代も入れてしまうとエアコンより少々割高な結果となりました。

第五位!ホットカーペット 1時間あたりの電気代 約12.2円

ホットカーペット

ホットカーペットについては、3畳用の450Wタイプのもので、1時間の消費電力量が0.450kWh、電気代は約12.2円とあります(「強」設定の場合)。ホットカーペットは、電気毛布と同じように、電気を通すと暖かくなる電熱線が内部に埋め込まれていて、身体にふれている部分を暖かくするという暖房機器です。電気毛布の電気代が1時間約1.5円という結果だったのに対して、ホットカーペットは約8倍!ただ、ホットカーペットの上でぬくぬく過ごす時間は、捨てがたい安らぎがありますね。

第六位!オイルヒーター 1時間あたりの電気代 約30.7円

オイルヒーター

オイルヒーターとは、難燃性の油をフィンの付いた密閉容器に入れ、電気で油を加熱する暖房機器です。フィンからの放熱が部屋全体を暖めるので、運転音がほとんどなく、風でほこりを拡散することもありません。オイルヒーターで有名なでデロンギやダイソンなどのオシャレなフォルムや柔らかい暖かさを好む方も多く人気があります。

ただし、部屋が暖まるまで時間がかかることや消費電力(1000〜1500W)が多いという弱点もあります。デロンギ(DeLonghi)のサイトを参考に電気料金を計算すると、リビング(10畳)で使う1500Wタイプの場合、1時間の電気代は30.7円となります(サイトでは1kWhあたり22円で計算し約25円となっているので1kWhあたり27円で再計算しました)。今回の調査結果では、オイルヒーターが一番電気代の高い暖房機器となりました。

暖房機器の併用で暖房効率をアップ!

冬の暖房機器といっても、暖め方や使い方は様々です。1人暮らしの方や、家族団らんで一か所に集まっているときの暖房は、電気毛布やこたつを利用して、部屋全体を暖めるときの暖房は、エアコンを利用するなど、それぞれの特長を理解したうえ暖房機器を選択するのがいいでしょう。

また、弱点を補うように複数の暖房機器を併用すれば、より暖房効率を高めることができます。たとえば、“エアコン+サーキュレーターや空気清浄機”では部屋の空気を循環させ部屋全体をスムーズに暖めることができますし、“エアコン+こたつ”では部屋全体はエアコンで暖めて足元はこたつで、という具合です。下半身が暖かいと身体全体が暖かくなり、エアコンの設定温度を低めにすることにつながります。また、ひざかけやソックスを身につけるだけで体感温度はそれぞれ2.5℃と0.6℃アップしますし(資源エネルギー庁の「家庭の省エネ百科」より)、昔ながらの湯たんぽも大いに役立ちますよ。

なお、暖房機器の付けっぱなしはそれこそ電気のムダ使いです。こたつや電気毛布など消し忘れがちな暖房機器にはタイマーを設定したり、タイマー付きのコンセントにつなぐなどの工夫も大事です。冬は夏よりも外気との温度差が激しいため、最も電気代が高くなる季節です。上手に暖房機器を活用して、電気代の節約・省エネを心がけましょう。

最新の節約術はこれだ!30秒でできる電気料金比較

最新の節約術は、電力会社を切り替えることです。2016年4月の電力自由化によって、一般家庭で自由に電力会社を選択できるようになりました。電力自由化とは?

無料で利用できる電気料金プランのシミュレーションを使って、電気代がいくら節約できるのか確認してみましょう。コツコツ節約するよりも、プランを見直すだけで大きく節約できるかもしれません。シミュレーションを利用する際は、ご自宅に届いている検針票をお手元にご用意ください。

関連コンテンツ 家電の電気代

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止