価格.com

電気・ガス料金

こたつの電気代ってやっぱり安い!? エアコン併用でも驚きの電気代を分析

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2016年11月08日

こたつの電気代ってやっぱり安い!? エアコン併用でも驚きの電気代を分析

こたつの電気代ってやっぱり安い!? エアコン併用でも驚きの電気代を分析

日本の冬の風物詩「こたつ」

こたつにみかんと言えば、冬の風物詩とも言える代表的な光景。家族や仲間が集まってひとつのこたつに足を入れて語らっているだけで、心も身体も温かくなるような気がします。 こたつは、エアコンやファンヒーターなどと一緒に使うことが多い暖房器具。そうなると電気代が気になります。今回はこたつについて見ていきましょう。

すぐに暖まって効率よく暖が取れるこたつ

こたつには、床を掘り込んで底にヒーター(豆炭などの場合もあります)を設置する「ほりごたつ」と、テーブルの下にヒーターを取り付けた「やぐらごたつ」がありますが、今ではこたつと言えばやぐらごたつが一般的です。

こたつは内部に電気ヒーターがあるので、電気代が高いと思いがちですが、そんなことはありません。こたつは、敷布団や掛布団で覆って密封空間を作り出します。限られた空間をヒーターで暖めるだけなので、スイッチを入れるとすぐに暖かくなり、また暖かさも持続するので、効率よく暖を取れる暖房器具なのです。

こたつのメリット こたつのデメリット
スイッチを入れるとすぐに暖かくなる
密閉空間の作用で暖かさが効率よく持続する
家族団らんにもつながる
部屋の中で大きなスペースを占める
使用しない時期は収納場所が必要
こたつ中心の生活になりがち

こたつにかかる電気代は1時間 約5円

4人以上で使える大型こたつの消費電力は、各社のカタログ値をチェックすると500〜600W程度です。ただし、これはスイッチを入れてこたつの中が暖まるまでの消費電力。そのため実際はそれほど消費電力が多いわけでなく、「弱」運転で100W前後、「強」運転では200〜300W程度です。

1kWh当たりの電気代を27円として計算すると、100Wでは2.7円、200Wでも5.4円となります。

こたつは一定の温度に達すると自然にヒーターが切れますし、最近は「人感センサー」を採用し人の動きを感知しないと自動的にヒーターを切る機能を持っているものも増えており、実は省エネ家電なのです。

意外なこたつのデメリット!?

こたつは、空気を汚すことなく、健康によいと言われる頭寒足熱(頭を冷やし足を暖めること)をすばやく体感できる省エネ家電。また、こたつを囲んで鍋をつついたり、ゲームに興じたりすれば家族団らんにもつながるというメリットもあります。

一方で、以下のようなデメリットも・・・。

部屋の中で大きなスペースを占めることや、使わない時に、こたつやこたつ布団を収納するスペースが必要になること。さらに、こたつが気持ちよすぎてなかなかこたつから出られず、ついついこたつでうたた寝をして、こたつ中心の生活になってしまうなんて方もいらっしゃいます。

こたつ用の敷布団は、通常の敷布団ほど分厚くないので、あまり睡眠に向いているとは言えません。腰痛の原因になったりすることもあるので、こたつでのくつろぎすぎは要注意ですよ。

その他の暖房器具との電気代の比較

こたつは部屋全体を暖める器具ではないので、エアコンやストーブなどの部屋全体を暖める暖房器具と一緒に使うことがよくあり、エアコンと併用した場合の電気代は気になるところです。また、こたつ同様に身体を直接暖める電気器具の電気代とも比べておきましょう。

こたつとエアコンを1時間同時に使うと電気代は約11円

7〜10畳の部屋に適する冷房能力が2.5kWのエアコンの冬季暖房時の消費電力量は602kWh。このデータを基に、1時間当たりの消費電力量と電気代を比較してみましょう。
※消費電力量は資源エネルギー庁の「省エネ性能カタログ2015年冬版」を参照

試算の前提

  • エアコンの冷房能力:7〜10畳の部屋に適する2.5kW
  • エアコンの設定温度:20度
  • 1日の使用時間:18時間(6:00〜24:00)
  • 1か月の日数:31日
  • 5.5か月(10月28日〜4月14日)
  • 1kWhあたりの電気代は27円(以下の電気代の計算も同様)

以上の条件で暖房を使用した場合、 1時間あたりの消費電力量は 602kWh÷5.5か月÷31日÷18時間=0.196kWh 1時間あたりにかかる電気代は 0.196kWh×27円=約5.3円となります。

こたつの電気代が5.4円とすると、エアコンと合計で合計で10.7円となります。ただし、2つの暖房器具を併用することで、こたつやエアコンの温度設定をもう少し低くして、消費電力を抑えることが可能になります。

ホットカーペットの電気代は電気毛布の約8倍

電気毛布やホットカーペットは、内部に埋め込まれた電熱線に電気を通すことで暖を取る暖房機器です。こたつ同様に部屋全体を暖めることはできませんが、身体に触れている部分が直接暖かくなります。構造的にはよく似ていますが、実は電気代が大きく異なります。

様々な家電製品を販売するコイズミのカタログによれば、消費電力が75Wタイプの電気毛布で、1時間の消費電力量は0.075kWh、電気代は約2.03円です(「強」設定の場合)。一方ホットカーペットは3畳用の450Wタイプのもので、1時間の消費電力量は0.450kWh、電気代は約12.2円です(「強」設定の場合)。

つまり、ホットカーペットの電気代は電気毛布の約6倍、こたつと比べても約2.3倍高いことになります。

ただし、カーペットはこたつのように場所を取るようなものではありませんし、暖かい部屋の中でホットカーペットの上でさらにぬくぬく過ごす時間は、捨てがたい安らぎがあります。

暖房機器 電気代
こたつ 約5.4円/時
電気毛布 約2.03円/時
ホットカーペット 約12.2円/時
こたつとエアコン併用 約11円/時

こたつの節電テクニック

一昔前はこたつと言えば畳の和室で使うものでしたが、今では畳の和室が少なくなっており、フローリングの上にこたつを設置するということも少なくありません。こたつを使う時は以下のポイントに気をつけて節電に励みましょう。

敷布団やラグは必須

床に何も敷かずフローリングの上にこたつを置くと、フローリングを通じてこたつの熱がどんどん逃げてしまいます。フローリングに限らず、和室でもこたつを使用する時は、こたつの下に敷布団やラグを敷くようにしましょう。

断熱シートがあればさらに効果的

特にフローリングの上でこたつを使う場合は、布団とフローリングの間に断熱シートを敷けば一層効果的です。さらに、断熱シートをこたつのやぐら部分にかぶせれば、こたつ内部の熱をより効率的に閉じ込めることができます。

掛布団はこたつの大きさに合ったものを使う

掛布団が小さくてすき間が多いと、熱が外に逃げやすく熱をこたつ内部にしっかり閉じ込めることができません。出入りのためにめくってもすき間ができにくい掛布団を使うことが大切です。

設定は「中」以下で

暖房器具において温度設定は最も電気代に影響します。設定を「中」や「弱」にすることは、直接電気代の節約につながります。こたつは設定温度になると自動的にヒーターが切れる仕組みになっていますが、こたつ内を必要以上に高い温度にまで上げる必要はありません。十分暖まったら、設定温度を一度切り替えてみてはいかがでしょう。特にエアコンなど他の暖房器具と一緒に使用している場合は、それぞれの設定温度を少しずつ下げることが節電に効果的です。

もっと電気代を節約したい!電気料金プラン比較

「もっと電気代を節約したい!」と思っている人は多いことでしょう。電気代を節約する方法はたくさんあります。その中でも一度お試し頂きたいのが電気料金のプランを切り替えて電気代を節約すること。実は電気料金プランの切り替えは非常に簡単です。価格.com経由で申し込みをした人だけが受けられる特典も!高くなりがちな冬の電気代をかしこく節約しましょう。

価格.com限定キャンペーン実施中!

東京電力エリアではどのくらい節約できる?

関西電力エリアではどのくらい節約できる?

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止