ARが切り開くクレジットカードの未来

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. 時事ニュース > 
  4. ARが切り開くクレジットカードの未来

2014年11月18日掲載

時事ニュース

ARが切り開くクレジットカードの未来

ARが切り開くクレジットカードの未来 遂にAR機能がついたクレジットカードが発行された。ARとは「拡張現実」の意。スマートフォンのカメラで画像を読み込むとキャラクターや地図上に追加情報が表示されるというもの。ARとクレジットカードはどんな未来を見せてくれるのか。

2014年10月に三井住友カードとエイベックスが発表した「BIGBANG VISAカード」。韓国の男性アイドルグループBIGBANGのファン向けカードだが、通常とは少し異なる。カード会員限定のグッズが貰える以外にクレジットカード券面にARの画像認識コードがあり、ARアプリにログインし、映像などのコンテンツを楽しむ事ができるのだ。

車のフロントガラスに行き先などを表示するヘッドアップディスプレイにもAR!

ARとは「拡張現実」という意味で、パソコンやスマートフォンで読み込んだ現実の情報に更に追加情報を表示するというもの。専用のQRコードをカメラアプリで読み込むと、スマホの画面上には現実世界には見えないキャラクターなどが表示されるのがAR技術だ。

よく知られているアニメなどで例えるならば、『ドラゴンボール』で相手の戦闘力を図る器具「スカウター」もAR技術を用いていると言える。

現在、カーナビ業界ではAR技術を利用した「ヘッドアップディスプレイ」が製品化されてる。フロントガラス上にカーナビの情報を追記し、「3つ目の角を左折です」など行き先を表示してくれたり、対向車の情報などを示してくれる。近未来の車はカーナビではなく、ヘッドアップディスプレイが標準搭載になると予測されている。


ARでフロントガラスに指示が出てより分かりやすい

クレジットカードとARのコラボはどこまで進むか!?

さて、今回の「BIGBANG VISAカード」はクレジットカードにAR機能をつけて会員限定のサイトに入れるだけのサービスだが、今後「BIGBANG VISAカード」に限らず、クレジットカード業界でもAR技術を用いたサービスがどんどん出てくるはず。ここから、クレジットカードとARの未来予測をしてみたい。

まずは、ARと言えばキャラクターの表示だ。コードを読み込んだら、スマホ画面に表示され、家計管理のアドバイスをしてくれる。男性向けならば可愛い女の子キャラクターが鉄板。女性向けには動物をかたどったアバターなども選択できればよい。

日々のクレジットカード使用に対し、ポップアップでキャラクターからの通知がなされる。例えば、居酒屋での使用が多ければ、「今月は飲食費が多いですよ?」といった注意喚起が出てくるというわけ。また、月に「いくら使うか」となる予算を組んでおいて、それが達成されれば、キャラクターから褒められるという機能なども実装できそうだ。

更には、ゲーミフィケーションを取り入れてソーシャルゲームの要素を追加する。つまり、クレジットカードを使えば使うほどキャラクターが強くなり育つシステムを構築。そして、他ユーザーのキャラクターと対戦できるようになれば、クレジットカードが押しも押されぬ立派なソーシャルゲームとなる。

とはいっても、月額のカード利用金額の多寡でキャラクターの強さが決まっては面白くはない。「家計が予め決めた予算とピッタリ」とか、「家電を最安値で購入出来た」や「今月の貯金額は収入の3分の1」といったコンボ技で戦うのだ。

クレジットカードのAR技術から「賢く消費と貯蓄を行い、どれだけ効率よく家計管理するか」がゲームとなり、手軽にできるように……こんな未来が待っているかもしれない。クレジットカード会社さんとゲーム会社さん。いかがですか?

クレジットカードの人気ランキングを見る

いまお使いのクレジットカードよりも
お得なカードがないか探してみませんか?

決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

このページの先頭へ