価格.com

コンタクトレンズ

STEP6 コンタクトレンズのつけ方・外し方のコツを身に付けよう

不安を解消! 初めてのコンタクトレンズ講座

STEP6

コンタクトレンズのつけ方・外し方のコツを身に付けよう

初めてのコンタクトレンズでは、ちゃんとつけたり外したりできるかとっても不安ですよね。でも、コツさえつかんでしまえばとても簡単。まずはつけ外しの基本を押さえましょう。
STEP6のアイコン
大見出しアイコン

つけ外しの前の準備

手や指が汚れていると、レンズや目に汚れがついてしまうおそれがあります。コンタクトレンズをつけたり外したりする前の準備として、必ず手を石けんでよく洗っておきましょう。
また、爪が伸びているとレンズや目に傷をつけてしまうため、爪を切っておくことも大切です。

つけ外しの前の準備のアイコン
大見出しアイコン

コンタクトレンズのつけ方

  • レンズを指にのせる

    レンズを指にのせる

    ソフトコンタクトレンズの場合はケースからレンズの端をつまんで取り出し、ハードコンタクトレンズの場合は、ホルダーから直接外します。利き手の人さし指の上に、凹面を上に向けてのせます。ソフトコンタクトレンズの場合、表と裏がひっくり返っていることがあるので、フチの部分が張り出していびつな半球型になっていないかを確認しましょう。

  • 目を指で開く

    目を指で開く

    レンズを持っているほうの手の中指を使って目の下側を押さえます。場所は黒目の下のまつげの生え際あたり。もう一方の手の指で上まぶたのまつげの生え際を持ちます。鏡を見ながら大きく目を開け、黒目がしっかり見える状態にします。初めてコンタクトレンズをつける人は、片目をつむったり、目を細めたりしてしまうこともありますが、両目をしっかり開くことが大切です。

  • 黒目にのせる

    黒目にのせる

    指に乗せているレンズを少しずつ目に近づけていき、黒目の上にそっとのせてください。レンズから人さし指をゆっくり離し、まぶたを押さえていた指も離します。軽くまばたきをし、レンズを定着させます。鏡を見てレンズがきちんとついているかを確認します。次に鏡から少し離れ、レンズをつけた目と反対側の目を手で隠して、見え方も確認しましょう。

つけるときのコツ

目の開け方が足りなかったり、まつげに当たったりすると、コンタクトレンズをうまくつけられないことがあります。鏡で自分の目を見つめながらつけるとこうした失敗を減らすことができます。また、レンズが目につく前に指を離すと落ちてしまうことがあります。目の上にのせたあと一拍置いて指を離すと、涙でレンズが目に吸い付くためレンズをつけやすくなります。

大見出しアイコン

コンタクトレンズの外し方

  • ソフトコンタクトレンズの場合

    1.レンズをずらす

    左手の人差し指で上まぶたを押さえます。右手の人差し指と親指をV字型にしたまま下まぶたを押さえ、指先を上に向けて目に近づけます。レンズの下あたりをV字にした右手の指先で軽く押さえ、下に向けて少しずらします。

    1.レンズをずらす
    矢印

    2.レンズをつまんで取る

    白目のあたりまでレンズをずらしたら、人差し指と親指でレンズを軽く押し上げるようにつまみましょう。目とレンズの間に空気が入り、簡単に外れます。このとき無理矢理引っ張らないようにしましょう。

    2.レンズをつまんで取る
  • ハードコンタクトレンズの場合

    1.指で目尻を引っ張る

    最初に、鏡でレンズが黒目にきちんとのっていることを確認。レンズを外す目とは反対の手のひらを目の下で広げたら、空いているほうの手の人さし指で目尻を横に引っ張ります。引っ張る前に目を少しだけ開けておくのがコツです。

    1.指で目尻を引っ張る
    矢印

    2.まばたきをする

    目尻を引っ張っていきながら、軽くまばたきをします。するとレンズがポロッと落ちるので、広げていた手のひらで受け止めます。目尻がぬれていると、指が滑ってレンズがつまみにくくなるので水分はあらかじめ拭き取っておきましょう。

    2.瞬きをする

外すときのコツ

目が乾いてレンズが目にピッタリ張り付いていると、上記の方法でうまく取れない場合があります。まずは数回まばたきをして、涙が出るのを促してみましょう。それでも取れない場合は目薬を点眼して再チャレンジしてみてください。また、つけ外しがどうしても苦手という人向けに、コンタクトレンズのつけ外しを補助する器具もあります。そうしたものを活用するのもよいでしょう。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止