BDZ-AT350S スペック・仕様・特長

2011年 8月 6日 発売

BDZ-AT350S

AVCHD Ver. 2.0対応のブルーレイディスクレコーダー(シングルチューナー/500GB)

BDZ-AT350S 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ブルーレイレコーダー HDD容量:500GB BDZ-AT350Sのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

BDZ-AT350S の後に発売された製品BDZ-AT350SとBDZ-E500 (B) [ブラック]を比較する

BDZ-E500 (B) [ブラック]

BDZ-E500 (B) [ブラック]

最安価格(税込): ¥- 発売日:2012年10月13日

タイプ:ブルーレイレコーダー HDD容量:500GB
  • BDZ-AT350Sの価格比較
  • BDZ-AT350Sの店頭購入
  • BDZ-AT350Sのスペック・仕様
  • BDZ-AT350Sのレビュー
  • BDZ-AT350Sのクチコミ
  • BDZ-AT350Sの画像・動画
  • BDZ-AT350Sのピックアップリスト
  • BDZ-AT350Sのオークション

BDZ-AT350SSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 8月 6日

  • BDZ-AT350Sの価格比較
  • BDZ-AT350Sの店頭購入
  • BDZ-AT350Sのスペック・仕様
  • BDZ-AT350Sのレビュー
  • BDZ-AT350Sのクチコミ
  • BDZ-AT350Sの画像・動画
  • BDZ-AT350Sのピックアップリスト
  • BDZ-AT350Sのオークション

BDZ-AT350S のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプ ブルーレイレコーダー HDD容量500GB
チューナー  録画時間目安 
無線LAN  DLNA  
Wi-Fi Direct対応   3D対応
プログレッシブ対応  入出力端子HDMI端子
D4端子
LAN端子
光デジタル端子
USB端子
対応SDカード  スマートスピーカー連携 
ハイレゾ    
録画機能
同時録画可能番組数   4K対応 
外付けHDD録画  チャンネル録画数  
スカパー!プレミアムサービスLink   ハイビジョン録画
長時間録画    
スマホ・タブレット連携
録画番組持ち出し   リモート録画予約  
録画番組の再生   放送中の番組視聴  
対応OS    
VODサービス
Netflix  TSUTAYA TV 
Amazonプライム・ビデオ  dTV 
Hulu  YouTube 
DAZN  U-NEXT 
Paravi  Chips!TV 
コンテンツ保護
SeeQVault対応     
再生可能メディア
Ultra HD Blu-ray  BD-R
DVD-R DVD-RAM
DVD-RW BD-RE
BD-R DL BD-R XL
DVD+R DL BD-RE DL
BD-RE XL DVD+RW
DVD+R DVD-R DL
録画可能メディア
BD-R DVD-R
DVD-RAM  BD-RE XL
DVD-RW BD-R DL
BD-RE DL BD-R XL
BD-RE DVD-R DL 
DVD+R  DVD+R DL 
DVD+RW    
省エネ性能
年間電気代*1739.8 円 定格消費電力28 W
待機時消費電力0.07 W   
サイズ・重量
幅x高さx奥行430x49.5x233 mm 重量2.8 kg
 
 
 
 
 
 
※ブルーレイ・DVDレコーダー項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BDZ-AT350S
SONY

BDZ-AT350S

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 8月 6日

BDZ-AT350Sをお気に入り製品に追加する <1044

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、AVCHD Ver. 2.0対応ブルーレイレコーダー
2011年7月14日 16:30掲載
[BDZ-AT750W] [リモコン]

ソニーは、Blu-ray 3DやBDXLに対応したブルーレイレコーダーの新モデルとして、ダブルチューナー搭載500GBモデル「BDZ-AT750W」とシングルチューナー搭載500GBモデル「BDZ-AT350S」を発表。8月6日より発売する。

両モデルとも、従来のAVCHD規格に、3D記録(AVCHD 3D)と60p記録(AVCHD Progressive)を追加した拡張規格「AVCHD Ver. 2.0」に対応したエントリーモデル。2011年5月発売のダブルフルハイビジョン3Dビデオカメラ「HDR-TD10」で撮影した3D動画のブルーレイディスクへの直接保存に加え、新たに本体HDDへの取り込みを可能している。また、よりなめらかな動画再生を可能にする1080/60p(PSモード)で撮影された動画のHDD取り込み、ブルーレイメディアへの保存にも対応する。なお、本体前面には「カメラ取り込み」ボタンを配置しており、カメラをUSBケーブルで接続してボタンを押すだけで、ワンタッチで映像をHDDに取り込むことが可能だ。

画質面では、長時間かつ高画質のフルハイビジョン録画を可能にする独自の録画用回路 「インテリジェントエンコーダー」が「インテリジェントエンコーダー3」へと進化。映像信号を解析して、風景、夜景、動き、人物といったシーンを特定し、最適なエンコーディングを可能にする「シーン解析エンコーディング」を新たに採用するなど、録画画質の精度向上を図っている。さらに、高画質回路「CREAS」も、3D対応の「CREAS 4」へと向上。最適な画質設定を簡単に選択できるモードを新たに搭載したほか、好みで、輪郭、精細感、超解像、クリアブラックなどのきめ細やかな画質調整が行えるようになった。

このほか、両モデルとも瞬間起動に対応。約0.5秒で起動する「瞬間起動モード」と最速約6秒で起動する「標準起動モード」を利用可能だ。さらに、使用頻度の高い時間帯(1日計6時間)を学習し、それ以外の時間帯は待機消費電力の低い「標準起動モード」(約0.19W)に自動で切り替える省エネ機能を備えるほか、待機時消費電力を約0.07Wに抑えた「低消費待機モード」も選択可能だ。

なお、ダブルチューナーモデル「BDZ-AT750W」は、HDDに録画した番組を、対応する携帯電話などのモバイル機器に、高速転送して持ち出せる「おでかけ転送」を搭載。VGA(640×480ドット)画質にも対応し、1時間番組を最速1分で転送することができる。

本体サイズは、いずれも430(幅)×49.5(高さ)×283(奥行)mm。14メーカーのテレビの電源、チャンネル、音量、入力切換の操作に対応するリモコンが付属する。

市場想定価格は、「BDZ-AT750W」が85,000円前後、「BDZ-AT350S」が65,000円前後。

ページの先頭へ