CMT-SX7 スペック・仕様・特長

2015年 7月11日 発売

CMT-SX7

  • スピーカーと本体がセットになった3BOXタイプで、ソニー初のハイレゾ対応コンポ。
  • CDやAM/FM放送に加え、PCとのUSB接続が可能なUSB-DAC機能やBluetooth/Wi-Fi経由のワイヤレス音楽再生にも対応。
  • 「LDAC」「S-Master HX」「DSEE HX」といったメーカー独自の高音質技術を搭載している。
CMT-SX7 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

対応メディア:CD/CD-R/RW 最大出力:100W ハイレゾ:○ CMT-SX7のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部の商品におきまして、電気部品の不具合が判明いたしました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

CMT-SX7 の後に発売された製品CMT-SX7とCAS-1 (B) [ブラック]を比較する

CAS-1 (B) [ブラック]

CAS-1 (B) [ブラック]

最安価格(税込): ¥- 発売日:2015年10月17日

最大出力:48W ハイレゾ:○
  • CMT-SX7の価格比較
  • CMT-SX7の店頭購入
  • CMT-SX7のスペック・仕様
  • CMT-SX7のレビュー
  • CMT-SX7のクチコミ
  • CMT-SX7の画像・動画
  • CMT-SX7のピックアップリスト
  • CMT-SX7のオークション

CMT-SX7SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 7月11日

  • CMT-SX7の価格比較
  • CMT-SX7の店頭購入
  • CMT-SX7のスペック・仕様
  • CMT-SX7のレビュー
  • CMT-SX7のクチコミ
  • CMT-SX7の画像・動画
  • CMT-SX7のピックアップリスト
  • CMT-SX7のオークション

CMT-SX7 のスペック・仕様・特長



  • スピーカーと本体がセットになった3BOXタイプで、ソニー初のハイレゾ対応コンポ。
  • CDやAM/FM放送に加え、PCとのUSB接続が可能なUSB-DAC機能やBluetooth/Wi-Fi経由のワイヤレス音楽再生にも対応。
  • 「LDAC」「S-Master HX」「DSEE HX」といったメーカー独自の高音質技術を搭載している。
基本仕様
対応メディアCD
CD-R/RW
受信バンドAM/FM/ワイドFM
DSDネイティブ再生  MP3再生 
USB SD/SDHCメモリーカードスロット  
iPod/iPhoneドック   ハイレゾ
スピーカータイプセパレート リモコン
ネットワーク
BluetoothVer.3.0、A2DP/AVRCP Wi-Fi
DLNA AirPlay
Spotify   
本体
最大出力 100 W 幅x高さx奥行き225x115x263 mm
スピーカー
型式2 way 幅x高さx奥行き145x245x225 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
Bluetoothが、今までより‘もっといい音‘に!
ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC(TM)」に対応

LDACは、既存技術(*)に比べ最大約3倍の情報量(最大伝送速度 990kbps時)を伝送することで、ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質で再現します。LDACに対応した機器間では、お持ちのさまざまな音源を高音質でワイヤレスリスニングできます。

Bluetoothが、今までより‘もっといい音‘に!

* Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)との比較

Wi-Fiが、今までより‘もっと快適‘に!
伝送率の高い5GHz帯をカバーするWi-Fi規格「IEEE 802.11a/n」に対応

家庭内のワイヤレスLAN環境(Wi-Fi)で、2.4GHz帯の「IEEE802.11b/g」に加え、伝送量が多い5GHz帯の規格「IEEE 802.11a/n」に新対応。情報量の多いハイレゾ音源も、従来より安定した品質で、ワイヤレス再生が可能となります。

Wi-Fiが、今までより‘もっと快適‘に!
ワンタッチ接続(NFC)機能搭載

NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで行えます。

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載

※ ワンタッチ接続(NFC)機能を利用するにはNFC対応スマートフォン、または一部のおサイフケータイ(R)対応のAndroid(TM)スマートフォンが必要です
※ 一部のスマートフォンは「NFC簡単接続」アプリをインストールする必要があります

マルチペアリングに対応

9台までの機器をペアリングできるマルチペアリングに対応。スマートフォン、タブレット、ウォークマンなど複数の機器とのペアリング情報を記憶できるので、すぐにワイヤレス接続が可能です。

マルチペアリングに対応
こだわりを凝縮した高品位なスピーカー
コンパクト設計で、ハイレゾ音源にも対応

高さ約245mm、幅約145mmのコンパクトさながら、約100mmのコーン型ウーファーと約27mmのバランスソフトドーム型ツイーターを搭載し、ハイレゾ再生に対応。コンパクトで、設置しやすいサイズながらも、ボーカルの声のつや、楽器の質感や音色を存分に楽しめるスピーカーです。スクリュータイプのスピーカーターミナルを採用しているので、付属のスピーカーケーブル以外にも、お好みのケーブルに手軽に付け替え可能です。また、バナナプラグにも対応しています。

こだわりを凝縮した高品位なスピーカー

※ 画像のスピーカーの背面端子にはキャップが付いています。キャップを取り外すことでバナナプラグを接続することが可能です

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

CMT-SX7
SONY

CMT-SX7

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 7月11日

CMT-SX7をお気に入り製品に追加する <867

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ハイレゾ対応マルチオーディオコンポ「CMT-SX7」
2015年5月12日 17:03掲載
「CMT-SX7」 「CMT-SX7」 「CMT-SX7」

ソニーは、マルチオーディオコンポ「CMT-SX7」を発表。7月11日より発売する。

スピーカーと本体がセットになった3BOXタイプのミニコンポ。CDやAM/FMラジオ放送に加えて、PCとのUSB接続が可能なUSB-DAC機能、Bluetooth/Wi-Fi経由のワイヤレス音楽再生機能などを搭載。Bluetoothでは、高音質コーデックのLDACをサポートする。

さらに、DSD 2.8MHz(リニアPCM変換)や、最大192kHz/24bitのPCM方式の音源再生に対応。Wi-Fi接続においては、2.4GHz帯に加えて、5GHz帯のWi-Fi規格IEEE802.11a/nをサポートする。また、「DSEE HX」によって、CD音源をハイレゾ相当(最大192KHz/24bitまで)にアップスケールし、高音質再生を楽しめる点も特徴だ。

スピーカーは、約100mmのコーン型ウーハーと約27mmのバランスソフトドーム型ツイーターを搭載。バッフル面の左右を45度にカットすることで、音のにごりの原因となる回折(ディフラクション)を抑え、音の広がりを細やかに再現する。また、スピーカーと本体ともに、好みのスピーカーケーブルとの接続が容易なスクリュータイプで、バナナプラグにも対応したスピーカーターミナルを採用している。

主な仕様は、スピーカー部の周波数帯域が55Hz〜40000Hz、アンプ部の総合出力は100W(50W+50W)。インターフェイスは、光デジタル音声入力×1、RCA入力×1、ヘッドホン出力×1を装備する。本体サイズは225(幅)×115(高さ)×263(奥行)mm、重量は約2.7kg。スピーカーのサイズは145(幅)×245(高さ)×225(奥行)mm、重量は約3.5kg。

市場想定価格は60,000円前後(税抜)。

ページの先頭へ