STRIX RAID DLX スペック・仕様・特長

2016年 3月18日 発売

STRIX RAID DLX

7.1チャンネル再生対応のゲーミングサウンドカード

STRIX RAID DLX 製品画像
最安価格(税込):

¥21,680

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥21,680¥23,490 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥21,680 〜 ¥21,680 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express サラウンド機能:7.1ch 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz STRIX RAID DLXのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • STRIX RAID DLXの価格比較
  • STRIX RAID DLXの店頭購入
  • STRIX RAID DLXのスペック・仕様
  • STRIX RAID DLXのレビュー
  • STRIX RAID DLXのクチコミ
  • STRIX RAID DLXの画像・動画
  • STRIX RAID DLXのピックアップリスト
  • STRIX RAID DLXのオークション

STRIX RAID DLXASUS

最安価格(税込):¥21,680 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 3月18日

  • STRIX RAID DLXの価格比較
  • STRIX RAID DLXの店頭購入
  • STRIX RAID DLXのスペック・仕様
  • STRIX RAID DLXのレビュー
  • STRIX RAID DLXのクチコミ
  • STRIX RAID DLXの画像・動画
  • STRIX RAID DLXのピックアップリスト
  • STRIX RAID DLXのオークション

STRIX RAID DLX のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプ内蔵 インターフェースPCI Express
サラウンド機能7.1ch S/N比 124 dB
出力サンプリングレート24bit/192kHz 入力サンプリングレート24bit/192kHz
ロープロ対応     
出力端子
ミニプラグ出力端子 RCA出力端子 
光デジタル出力端子  同軸デジタル出力端子 
XLR出力端子  その他出力端子 
入力端子
ミニプラグ入力端子 RCA入力端子 
光デジタル入力端子  同軸デジタル入力端子 
XLR入力端子  その他入力端子 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

STRIX RAID DLX
ASUS

STRIX RAID DLX

最安価格(税込):¥21,680発売日:2016年 3月18日 価格.comの安さの理由は?

STRIX RAID DLXをお気に入り製品に追加する <119

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ASUS、7.1チャンネル再生対応のゲーミングサウンドカード3モデル
2016年3月18日 15:10掲載
STRIX RAID DLX STRIX RAID PRO STRIX SOAR

ASUSTeK Computerは、ゲーマー向けの「STRIX シリーズ」より、サウンドカード「STRIX RAID DLX」「STRIX RAID PRO」「STRIX SOAR」を発表。3月18日より発売を開始した。

いずれも高性能なDACを搭載し、7.1チャンネル再生へ対応したサウンドカード。ゲーム用としては最高レベルのSN比124dB(「STRIX RAID DLX」のみ)を実現し、クリアな音質を楽しめるという。

また、アナログ信号が流れるレイヤー(層)とデジタル信号+電力供給のためのレイヤーを基板上で別レイヤーに分離し、各レイヤーの間に2枚のグラウンドレイヤーを挟むことで、アナログ信号へのデジタルノイズの影響を抑える設計を採用した。さらに、ヘッドホンアンプを搭載しており、インピーダンス600Ωまでのヘッドホンを使用可能だ。

機能面では、ゲーム内の音の方向を画面に表示する「Sonic Radar Pro」機能を搭載。同機能を使用することで、ゲーム内の音がする方向を画面上にレーダーのような表示で視覚化できる。

これにより、一人称視点のシューティングゲームなどで、敵の足音や銃声がする方向と距離を画面上に表示できるため、壁の向こう側にいる敵などを知りたい場合などにゲームを有利に楽しめる。デザイン面では、カードカバーに付いているフクロウ(STRIX)の目が使用時に光り、ゲームPCの中をスタイリッシュに演出する。

このほか、さまざまな設定を行える統合設定ソフト「Sonic Studio」が付属。出力デバイスの切り替えやイコライザーの調節などの基本的な設定から、7.1チャンネルの各チャンネルのバランス調節や低音強調の度合いなどの詳細な設定まで、サウンド周りのあらゆる設定を行える。

なお、「STRIX RAID DLX」と「STRIX RAID PRO」にはコントロールボックスが付属。ゲーム中に手元でヘッドホンやスピーカーの音量調節を行える。さらに、コントロールボックスに搭載するRAID MODEボタンを使うことで、いつでも低音の強調度合いや仮想サラウンドの調節も可能だ。

主な仕様は、DACは「STRIX RAID DLX」にはESS TECHNOLOGY製の「ES9016 SABRE32 Ultra DAC」、「STRIX RAID PRO」「STRIX SOAR」には「SABRE9006A」を搭載。

接続バスインターフェイスがPCI Express、対応サンプリングレートがアナログ再生で192kHz/176.4kHz/96kHz/88.2kHz/48kHz/44.1kHz(24bit/16bit)、SN比は「STRIX RAID DLX」が124dB(出力)、「STRIX RAID PRO」「STRIX SOAR」が116dB(フロント出力)、周波数特性が10Hz〜48kHz(-3dB、96kHz/24bit入力時)、最大出力レベルが2Vrms(5.65Vp-p)。

インターフェイスは、アナログ入力が3.5mmステレオミニジャック入力×1、アナログ出力が3.5mmミニジャック×5、S/P DIF出力(角型)×1、コントロールボックス用端子×1を装備。本体サイズは190(幅)×22(高さ)×130(奥行)mm。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ