NR1609 [ブラック] スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2018年 6月中旬 発売

NR1609 [ブラック]

  • 実用最大出力100W、全チャンネル同一構成の7chフルディスクリート・パワーアンプを搭載したAVサラウンドレシーバー。
  • Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応。8入力/1出力すべてのHDMI端子が著作権保護技術、HDCP 2.2をサポートしている。
  • HDR はHDR10、Dolby Vision、Hybrid Log-Gammaの3方式に対応。 BT.2020のパススルーにも対応し、4K/HDRコンテンツを存分に楽しめる。
NR1609 [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥90,000

サラウンドチャンネル:7.1ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:3系統 NR1609 [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NR1609 [ブラック]の価格比較
  • NR1609 [ブラック]の店頭購入
  • NR1609 [ブラック]のスペック・仕様
  • NR1609 [ブラック]のレビュー
  • NR1609 [ブラック]のクチコミ
  • NR1609 [ブラック]の画像・動画
  • NR1609 [ブラック]のピックアップリスト
  • NR1609 [ブラック]のオークション

NR1609 [ブラック]マランツ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 6月中旬

  • NR1609 [ブラック]の価格比較
  • NR1609 [ブラック]の店頭購入
  • NR1609 [ブラック]のスペック・仕様
  • NR1609 [ブラック]のレビュー
  • NR1609 [ブラック]のクチコミ
  • NR1609 [ブラック]の画像・動画
  • NR1609 [ブラック]のピックアップリスト
  • NR1609 [ブラック]のオークション

NR1609 [ブラック] のスペック・仕様・特長



  • 実用最大出力100W、全チャンネル同一構成の7chフルディスクリート・パワーアンプを搭載したAVサラウンドレシーバー。
  • Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応。8入力/1出力すべてのHDMI端子が著作権保護技術、HDCP 2.2をサポートしている。
  • HDR はHDR10、Dolby Vision、Hybrid Log-Gammaの3方式に対応。 BT.2020のパススルーにも対応し、4K/HDRコンテンツを存分に楽しめる。
サラウンドフォーマット
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DOLBY DIGITALDolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
AAC THX 
出力情報
フロント出力50 W センター出力50 W
サラウンド出力50 W サラウンドバック出力50 W
サラウンドチャンネル7.1 ch インピーダンス8 Ω
入力端子
HDMI端子入力入力:8(内フロント:1) オーディオ入力3 系統
D端子入力  コンポーネント入力2 系統
S端子入力  光デジタル入力1 系統
映像コンポジット入力3 系統 同軸デジタル入力1 系統
出力端子
HDMI端子出力出力:1 オーディオ出力 
D端子出力  コンポーネント出力1 系統
S端子出力  光デジタル出力 
映像コンポジット出力  同軸デジタル出力 
基本仕様
周波数帯域10Hz〜100kHz チューナーFM/AM
ワイドFM HDCP2.2
4K伝送60p対応 ARC対応 
HDR対応 HDR方式HDR10
ドルビービジョン
HLG
自動音場補正Audyssey MultEQ USB1(フロント)
カラーブラック系   
ネットワーク
BluetoothBluetoothバージョン 3.0 + EDR BluetoothコーデックSBC
Wi-Fi DLNA
AirPlay  Spotify
HEOS   
対応音声入力フォーマット
量子化ビット数WAV・FLAC・ALAC:16、24bit サンプリング周波数WMA・MP3・MPEG-4 AAC:32、44.1、48kHz
WAV・FLAC:32、44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
ALAC:32、44.1、48、88.2、96、192kHz
DSD ハイレゾ 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き440x105x378 mm 重量8.3 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
オーディオ回路・電源回路を全面的にブラッシュアップ

デジタルオーディオ回路、D/A変換回路、プリアンプ、パワーアンプ、そして電源回路に至るまで全面的なブラッシュアップを実施。特に電源回路については最も重要なブロックコンデンサーと整流ダイオードをグレードアップし、飛躍的な音質向上を実現。マランツのHi-Fiコンポーネントにも通じる、精密かつ透明感の高い空間表現にさらに磨きをかけ、きめ細かく表情豊かな音色を実現しました。

オーディオ回路・電源回路を全面的にブラッシュアップ
「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応

NR1609は、新世代のオブジェクトオーディオ技術「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。頭上も含む全方位に展開する自然な音響空間に包み込まれることにより、リスナーはあたかも映画の世界に入り込んだような感覚を得ることができます。NR1609は[ 5.1.2 ch ]構成、5通りのスピーカー配置に対応しています。フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントドルビーイネーブルド、リアドルビーイネーブルドのいずれかをオーバーヘッドスピーカーとして使用することができます。ドルビーイネーブルドスピーカーについては、Audyssey MultEQによる自動補正に加え、天井までの高さを設定することでさらに補正の精度高めることができます。ハイトスピーカー信号を含まない従来のチャンネルベースのコンテンツも「Dolby Surround」や「Neural:X」で3Dサウンドにアップミックスすることができます。

DTS Virtual:Xに対応

DTS Virtual:Xは、ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても、高さ方向を含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を可能にする新しいバーチャル3Dサラウンドテクノロジーです。DTS Virtual:Xは、DTS:Xのような3Dサラウンドフォーマットの信号はもちろん、ステレオや5.1ch信号に対しても適用することができるため、既存のコンテンツも臨場感豊かに楽しむことができます。

さらに高音質化。7chフルディスクリート・パワーアンプ
さらに高音質化。7chフルディスクリート・パワーアンプ

高さ105mmのスリムなボディに実用最大出力100W(6 Ω、1kHz、THD 10%、1ch 駆動)のフルディスクリート・パワーアンプを搭載。サラウンドバックを含む全7チャンネルを同一構成、同一クオリティとしています。さらに、チャンネル間の温度差に起因する特性のばらつきを抑えるために、パワーアンプをヒートシンクに一列にマウントするインライン配置を採用し、つながりの良いサラウンド再生を実現しています。ディスクリート構成であるため、回路設計およびパーツ選定の自由度が高く、Hi-Fiアンプと同様に徹底した音質チューニングを行うことができます。NR1609の開発においては、従来からパワーアンプ部のカップリングおよびデカップリングコンデンサーに採用しているエルナー社の高音質カスタムコンデンサーの使用割合を増やし、品種と容量も見直すことで強化された電源回路とのマッチングを図りました。接続するスピーカーのインピーダンスは最低4 Ωまで対応。サラウンドバックおよびオーバーヘッドスピーカーを使用しない場合には、フロントスピーカーをバイアンプ接続して高音質化する、または2 組のフロントスピーカーを切り替えて使用することができます。

新開発カスタムブロックコンデンサー&ダイオード
新開発カスタムブロックコンデンサー&ダイオード

アンプの性能の根幹を支える電源回路のキーパーツを大幅にアップグレード。パワーアンプ回路に電源を供給するブロックコンデンサーには新開発のエルナー社製のカスタムコンデンサー(6,800μF ×2)を採用。さらに整流ダイオードの電流容量を10Aから25Aに向上することにより、高速かつ安定した電源供給が可能になりました。電源部の強化と同時にパワーアンプなどの周辺回路の音質チューニングを行うことによって定評ある表現力にさらに磨きをかけ、よりきめ細かく、表情豊かな音色と透明感が高くより広い奥行きを感じさせる空間表現力を獲得しました。

独立型セレクター/ボリュームICによる理想的な信号経路

アナログオーディオ回路には入力セレクター、ボリューム、出力セレクターそれぞれの機能に特化した高性能カスタムデバイスを用いることにより信号経路を最短化。不要な回路の引き回しを排除することにより、透明感が高く情報量の豊かなサウンドを実現しています。

32bit プレミアムD/Aコンバーター「AK4458VN」
32bit プレミアムD/Aコンバーター「AK4458VN」

上位モデルでも採用実績のある旭化成エレクトロニクス製 32bit / 8ch D/Aコンバーター 「AK4458VN」を搭載。新たに出力抵抗に高精度な薄膜型金属皮膜抵抗を採用し、ディテールの表現力をさらに向上させました。

<メーカー情報は2019年4月時点の情報をもとに制作されています。最新情報はメーカーサイトをご覧ください。>

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

NR1609 [ブラック]
マランツ

NR1609 [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 6月中旬

NR1609 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <248

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース マランツ、スリムなデザインの7.1ch AVアンプ「NR1609」
2018年5月27日 06:00掲載
「NR1609」 「NR1609」 「NR1609」

マランツは、スリムなデザインを採用した7.1ch AVアンプ「NR1609」を発表。6月中旬より発売する。

オーディオ回路と電源回路に大規模な改良を施し、音質を向上させたモデル。新色のシルバーゴールドをラインアップに加え、機能面では、MMカートリッジ対応のPhono入力を追加した。

具体的には、高さ105mmのスリムデザインながら、実用最大出力100W、全チャンネル同一構成の7chフルディスクリート・パワーアンプを搭載。「NR1609」の開発では、デジタルオーディオ回路、D/A変換回路、プリアンプ、パワーアンプ、電源回路にいたるまで、全面的なブラッシュアップを実施したとのこと。特に電源回路については、最も重要なブロックコンデンサーと整流ダイオードをグレードアップし、音質を向上させた。

また、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。天井や壁面にスピーカーを設置できない環境でも、本格的な3Dサウンドが手軽に体験できる新しいバーチャルサラウンドテクノロジー「DTS Virtual:X」もサポートする。

さらに、8入力/1出力すべてのHDMI端子が、デジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.2」に対応。映像のダイナミックレンジを拡張するHDR(High Dynamic Range)については、「HDR10」「Dolby Vision」「Hybrid Log-Gamma」の3方式に対応。従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーにも対応し、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースで、高画質な4K/HDRコンテンツを楽しめるという。

加えて、ネットワークオーディオ機能は、HEOSテクノロジーにより、Amazon Prime Music/Amazon Music UnlimitedやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。セットアップと操作は「HEOS」アプリから快適に行える。また、「HEOS 1」、「HEOS 3」などのHEOSスピーカーをシステムに追加すれば、ワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築できる。

このほか、パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では、5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/Apple Lossless)に対応。インターネットラジオ、AirPlay、Bluetoothなど、さまざまな音楽コンテンツを楽しむための機能も備えた。

本体サイズは440(幅)×175(高さ)378(奥行)mm(ロッドアンテナを立てた場合)、重量は8.3kg。ボディカラーはブラック、シルバーゴールド。

価格は90,000円(税別)。

ページの先頭へ