NW-ZX300G (B) [128GB] スペック・仕様・特長

2018年10月 6日 発売

NW-ZX300G (B) [128GB]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー。
  • バランス出力に対応しており、日本ディックス製ヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用している。
  • MP3やAACなどをハイレゾ相当の情報量を持つ高解像度音源に自動でアップスケーリングする「DSEE HX」機能に、新たにAI技術を搭載。
NW-ZX300G (B) [128GB] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
記憶容量

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 再生時間:30時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth NW-ZX300G (B) [128GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NW-ZX300G (B) [128GB]の価格比較
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の店頭購入
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のスペック・仕様
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の純正オプション
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のレビュー
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のクチコミ
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の画像・動画
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のピックアップリスト
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のオークション

NW-ZX300G (B) [128GB]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年10月 6日

  • NW-ZX300G (B) [128GB]の価格比較
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の店頭購入
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のスペック・仕様
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の純正オプション
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のレビュー
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のクチコミ
  • NW-ZX300G (B) [128GB]の画像・動画
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のピックアップリスト
  • NW-ZX300G (B) [128GB]のオークション

NW-ZX300G (B) [128GB] のスペック・仕様・特長



  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー。
  • バランス出力に対応しており、日本ディックス製ヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用している。
  • MP3やAACなどをハイレゾ相当の情報量を持つ高解像度音源に自動でアップスケーリングする「DSEE HX」機能に、新たにAI技術を搭載。
基本スペック
記憶媒体フラッシュメモリ
外部メモリ
記憶容量128 GB
OS種類  インターフェイスUSB2.0
Bluetooth
再生時間30 時間 電池タイプ内蔵
DSD対応周波数  量子化ビット数32bit(Float/Integer)
サンプリング周波数384kHz   
オーディオ機能
ハイレゾ  バランス接続4.4mm/5極
ノイズキャンセリング  デュアルDAC 
USB DAC機能   デュアルアンプ 
DSDネイティブ再生   
ネットワーク機能
Bluetooth Bluetooth 4.2 BluetoothコーデックSBC/aptX/aptX HD/LDAC
Bluetoothレシーバー  ストリーミングサービス対応 
Wi-Fi(無線LAN)    
本体機能
FMチューナー  FM補完放送  
ボイスレコーダー  歌詞表示機能 
日本語対応 内蔵スピーカー 
画面性能
タッチパネル パネル種類TFTカラー液晶
液晶サイズ3.1 型(インチ) 液晶画面解像度800x480
対応フォーマット
MP3 FLAC
AAC ALAC
DSD MQA
WAV WMA
AIFF OggVorbis 
ATRAC HE-AAC
リニアPCM    
サイズ・重量
幅x高さx奥行57.7x120.4x14.9 mm 重量157 g
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
WM1シリーズで追求した高音質へのこだわりをスマートなサイズに。

アナログとデジタルの高音質技術を結集し、“感じる”音楽体験を目指したウォークマン(R)のフラッグシップモデルWM1シリーズの要素を、スマートなサイズにまとめました。ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の持つ、繊細な空気感やニュアンス、躍動感を艶やかに再生します。また、USB-DAC機能に対応し、お持ちのパソコン(*)とUSBケーブルで接続すると、ウォークマン(R)に搭載されたソニーの独自技術「DSEE HX(TM)」でCD音源やMP3などの圧縮音源もハイレゾ相当にアップスケーリングされるため、高音質再生が楽しめます。また、対応ファイルフォーマットも新たにMQA(TM)とAPEが加わり、さらに多彩に音楽をお楽しみいただけます。

WM1シリーズで追求した高音質へのこだわりをスマートなサイズに。

* USB-DAC機能を使用時には別途ドライバーのインストールが必要となります。ウォークマン推奨のUSB-DAC機能対応のアプリケーションは以下の通りです。Windows:Music Center for PC Mac:Hi-Res Audio Player for Mac

DSDネイティブ再生(*1)や高出力に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)
DSDネイティブ再生(*1)や高出力に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)
WM1シリーズ用に開発したハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)を採用

ZXシリーズで初めてDSDネイティブ再生(最大11.2MHz)およびWAV再生(最大384kHz/32bit(float/integer))に対応しました。また、アンバランス接続時は50mW+50mW(16Ω)、バランス接続時には200mW+200mW(16Ω)の実用最大出力を実現しました。

*1 DSDネイティブ再生はバランス接続時のみ対応。アンバランス接続時はリニアPCMへの変換再生になります*2 ワイヤレスリスニング(Bluetooth(R)接続時)には無効です

バランス出力に対応。接続安定性の高いΦ4.4mm(JEITA統一規格)を採用
バランス出力に対応。接続安定性の高いΦ4.4mm(JEITA統一規格)を採用
日本ディックス製の高性能ヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用

ヘッドホンプラグ1本でバランス接続でき、接続安定性にも優れたφ4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。φ3.5mmよりも各チャンネルの抵抗値が近く、接触抵抗も低いので、音の解像度・
広がり・奥行きを余すところなく表現できます。

高音質を追求したこだわりの厳選パーツ

WM1シリーズの『NW-WM1A』と同様に総削り出しアルミシャーシを採用し、音響効果と高剛性を両立しました。金属の中でも抵抗値が低い無酸素銅(純度99.96%以上)に金メッキを施したプレートも組み込み、抵抗値の低減を実現。アンプからヘッドホンジャックへの線材には、無酸素銅ケーブルを使用。クリアで力強い音質をお楽しみいただけます。また、新たにリアパネルの材質をアルミにすることで、パネルを薄くしながらも、低抵抗と強度を両立。さらには「S-Master HX」の基板とICの間の接続ボール部分にソニー専用の高音質はんだを採用。ほかにも、アンプ部分の電源系統の強化や、クロックの最適化を図り、透明感と艶、伸びがある自然な音質を実現しました。

高音質を追求したこだわりの厳選パーツ
音楽再生に特化した操作画面とハードウェアボタンでスムーズに操作
前面ガラスにウォークマンとして初めて「マットガラス」を採用

3.1インチの液晶タッチパネルを採用。加えて、タッチパネルの前面には、指紋が付きにくく、指滑りの良い「マットガラス」を新たに搭載しました。音楽再生画面を中心として上下左右にフリックすることで再生リストや音質設定など各種画面に簡単にアクセスできるUIと、音楽再生の基本操作ができるサイドキーで、快適に操作できます。

音楽再生に特化した操作画面とハードウェアボタンでスムーズに操作
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

NW-ZX300G (B) [128GB]
SONY

NW-ZX300G (B) [128GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年10月 6日

NW-ZX300G (B) [128GB]をお気に入り製品に追加する <163

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、Bluetoothレシーバー機能搭載のウォークマンAシリーズ「A50」など
2018年9月5日 17:30掲載
「A50」シリーズ 「A50」シリーズ 「A50」シリーズ

ソニーは、ウォークマンAシリーズの新モデルとして「A50」を発表。10月6日より発売する。

ラインアップは、「NW-A55」(16GB)、「NW-A55HN」(16GB、イヤホン「IER-NW500N」付属)、「NW-A55WI」(16GB、Bluetoothイヤホン「h.ear in 2 Wireless WI-H700」付属)、「NW-A56HN」(32GB、イヤホン「IER-NW500N」付属)、「NW-A57」(64GB)の5機種をラインアップ。

いずれも、上位モデルのウォークマンZXシリーズと同様に、アルミ材から削り出す手法で作った本体キャビネットを装備。基板とバッテリー線材の接続部分には、新開発の金入り高音質無鉛はんだを採用した。ボディカラーは、ムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーンを用意する。

デザイン面では「NW-ZX300」を踏襲し、エッジをラウンド形状にして、手のひらになじむスタイリッシュなボディに進化。前面はタッチパネルで操作でき、側面には、電源、ボリューム・再生・曲送りなど、よく使うボタンを独立ボタンとして配置した。

機能面では、「Bluetoothレシーバー機能」を新たに搭載。スマートフォンとウォークマンをBluetooth接続することで、ハイレゾ音源のクオリティを引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」や圧縮音源をハイレゾ相当の解像度にアップスケーリングする「DSEE HX」などの効果により、ウォークマンを使って、ストリーミングサービスの音源などを高音質で楽しめるという。なお、「Bluetoothレシーバー機能」使用時は、ウォークマンとヘッドホンなどをケーブルでつなぐ必要があるとのことだ。

さらに、MP3やAACなどの圧縮音源を、ハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源に自動でアップスケーリングする「DSEE HX」機能では、AI技術を新たに搭載。AIが視聴している曲のタイプを自動で判別し、特に高音域の補完性能が向上して、よりクリアで躍動感あるサウンドを楽しめるという。加えて、アナログレコード再生で生まれる音響現象をDSP技術で再現する新開発の「バイナルプロセッサー」も採用した。

このほか、再生対応フォーマットがMP3、WMA、ATRAC、ATRAC Advanced Lossless、FLAC、WAV、AAC、HE-AAC、Apple Lossless、AIFF、DSD、APE、MQAをサポート。Bluetooth機能はバージョンが4.2、対応プロファイルがA2DP、AVRCP。対応コーデックは送信がSBC、LDAC、aptX、aptX HD、受信がSBC、LDAC、AAC。

本体サイズは54.8〜55.7(幅)×97.3(高さ)×10.7〜10.8(奥行)mm、重量は約99g(充電池含む)。

市場想定価格は、「NW-A55」が22,000円前後、「NW-A55HN」が29,000円前後、「NW-A55WI」が40,000円前後、「NW-A56HN」が34,000円前後、「NW-A57」が37,000円前後(いずれも税別)。

このほか同社では、ウォークマンZXシリーズに、内蔵メモリー128GB搭載モデル「NW-ZX300G」を新たに追加。10月6日より発売する。市場想定価格は80,000円前後(税別)。

ページの先頭へ