M-RT1BRBK スペック・仕様・特長

2019年11月中旬 発売

M-RT1BRBK

  • リラックスしたPC・タブレット操作を実現するワイヤレスハンディトラックボール「Relacon」のBluetooth接続モデル。
  • 反射型レンズ搭載光学式センサーを採用。ボールの色やコーティング層の厚み、シルバーパウダーの量などの最適化により、高いポインタ追従性を実現。
  • 左右ボタン、ホイールボタン、「進む・戻る」ボタン、メディアコントロールボタンの合計10ボタンを搭載し、全ボタンに好みの機能を割り当て可能。
M-RT1BRBK 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国14店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:トラックボール インターフェイス:Bluetooth 4.0 その他機能:カウント切り替え可能 重さ:77g M-RT1BRBKのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • M-RT1BRBKの価格比較
  • M-RT1BRBKの店頭購入
  • M-RT1BRBKのスペック・仕様
  • M-RT1BRBKのレビュー
  • M-RT1BRBKのクチコミ
  • M-RT1BRBKの画像・動画
  • M-RT1BRBKのピックアップリスト
  • M-RT1BRBKのオークション

M-RT1BRBKエレコム

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年11月中旬

  • M-RT1BRBKの価格比較
  • M-RT1BRBKの店頭購入
  • M-RT1BRBKのスペック・仕様
  • M-RT1BRBKのレビュー
  • M-RT1BRBKのクチコミ
  • M-RT1BRBKの画像・動画
  • M-RT1BRBKのピックアップリスト
  • M-RT1BRBKのオークション

M-RT1BRBK のスペック・仕様・特長



  • リラックスしたPC・タブレット操作を実現するワイヤレスハンディトラックボール「Relacon」のBluetooth接続モデル。
  • 反射型レンズ搭載光学式センサーを採用。ボールの色やコーティング層の厚み、シルバーパウダーの量などの最適化により、高いポインタ追従性を実現。
  • 左右ボタン、ホイールボタン、「進む・戻る」ボタン、メディアコントロールボタンの合計10ボタンを搭載し、全ボタンに好みの機能を割り当て可能。
基本スペック
タイプ トラックボール ケーブルワイヤレス(無線)
ボタン数 *110 ボタン 解像度(カウント) 1500 dpi
インターフェイスBluetooth 4.0 使用電池単4形アルカリ乾電池、単4形マンガン乾電池、単4形ニッケル水素電池のいずれか2本
その他機能カウント切り替え可能 静音 
ゲーミングマウス  エルゴノミクス 
マルチペアリング    
サイズ・重量
重さ77 g 幅x高さx奥行40.7x56.6x111.5 mm
ケーブル長さ    
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
※マウス項目解説

*1 ボタン数
メーカーWebサイトに掲載されている情報を掲載しています。メーカーによってボタンの数え方が異なる場合がありますので、ご不明な点はメーカーにお問い合わせください。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

M-RT1BRBK
エレコム

M-RT1BRBK

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年11月中旬

M-RT1BRBKをお気に入り製品に追加する <53

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース エレコム、10ボタンを搭載したハンディトラックボール「Relacon」
2019年10月30日 14:36掲載
M-RT1BRBK M-RT1DRBK

エレコムは、ハンディトラックボール「Relacon(リラコン)」を発表。Bluetoothタイプ「M-RT1BRBK」と2.4GHz無線タイプ「M-RT1DRBK」をラインアップし、11月中旬より発売する。

パソコンやタブレットに向けて、寝転がった状態などリラックスした姿勢で、マウス操作が可能な10ボタン仕様のハンディトラックボール。ソファやベッドでくつろぎながら、椅子にもたれながらの動画視聴やブラウジングに適しているという。

また、左右どちらでも握りやすく、操作しやすい形状を採用。握りながらも操作しやすいよう、左右ボタンやメディアコントロールボタンを最適な位置に配置した。

トラックボールには、滑らかなクリアコーティング面に最適な反射型レンズ搭載光学式センサーを採用。ボールの色やコーティング層の厚み、シルバーパウダーの量と粒子サイズなどの最適化により、高いポインター追従性を実現している。

ボタンは、左右ボタン、ホイールボタン、「進む・戻る」ボタンに加え、動画視聴に便利なメディアコントロールボタンなどの10ボタンを搭載。再生・一時停止、音量上げ下げ、トラック操作が可能で、デスク上でマウスやキーボードを操作する必要がなく、快適な動画視聴を実現。ボタン割り当ては「エレコムマウスアシスタント」を使用することでアプリケーションに応じた機能割り当てが行える。

さらに、分解能は500/1000/1500カウントの3段階で切り替えが可能。バッテリーは単4形乾電池×2本(アルカリ/マンガン/ニッケル水素電池に対応)を使用する。

本体サイズは40.7(幅)×56.6(高さ)×111.5(奥行)mm。重量は約77g(電池を含まず)。

Bluetoothタイプ「M-RT1BRBK」は、Bluetooth 4.0に対応したモデル。バッテリー寿命は、連続動作が約107時間、連続待機が約76日、想定電池使用期間が約127日。

2.4GHz無線タイプ「M-RT1DRBK」は、USBレシーバーが付属したモデル。バッテリー寿命は、連続動作が約113時間、連続待機が約416日、想定電池使用期間が約233日。

価格は、Bluetoothタイプ「M-RT1BRBK」が8,228円、2.4GHz無線タイプ「M-RT1DRBK」が7,128円。

ページの先頭へ