RICOH THETA SC2 [ホワイト] スペック・仕様・特長

2019年12月13日 発売

RICOH THETA SC2 [ホワイト]

  • ワンショットで360度の全天球イメージを撮影できる360度カメラ。シンプルな操作と多彩な機能を備え、気軽に使える。
  • 約1400万画素に相当する360度の全天球静止画と、4K相当、30fps(フレーム/秒)の滑らかで臨場感あふれる360度の全天球動画撮影に対応。
  • 人の顔を認識し美肌に見せる「顔モード」、夜間でも低ノイズで撮影可能な「夜景モード」を搭載。下部に状態表示OLED(有機ELディスプレイ)を搭載。
RICOH THETA SC2 [ホワイト] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥33,120

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥33,120¥37,369 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥33,120 〜 ¥33,121 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1200万画素(有効画素)x2 撮影枚数:260枚 RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の中古価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の買取価格
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の店頭購入
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の純正オプション
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビュー
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のクチコミ
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の画像・動画
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のピックアップリスト
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のオークション

RICOH THETA SC2 [ホワイト]リコー

最安価格(税込):¥33,120 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月13日

  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の中古価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の買取価格
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の店頭購入
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の純正オプション
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビュー
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のクチコミ
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の画像・動画
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のピックアップリスト
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のオークション

RICOH THETA SC2 [ホワイト] のスペック・仕様・特長



  • ワンショットで360度の全天球イメージを撮影できる360度カメラ。シンプルな操作と多彩な機能を備え、気軽に使える。
  • 約1400万画素に相当する360度の全天球静止画と、4K相当、30fps(フレーム/秒)の滑らかで臨場感あふれる360度の全天球動画撮影に対応。
  • 人の顔を認識し美肌に見せる「顔モード」、夜間でも低ノイズで撮影可能な「夜景モード」を搭載。下部に状態表示OLED(有機ELディスプレイ)を搭載。
撮像素子
画素数1200万画素(有効画素)x2 ローパスフィルターレス  
撮像素子 1/2.3型CMOSx2
(裏面照射型)
  
レンズ
焦点距離   F値 F2
光学ズーム   マニュアルフォーカス 
基本仕様
ファインダー方式  タッチパネル  
GPS機能   USB充電
撮影枚数 260 枚 デジタルズーム 
最短撮影距離10cm(標準) 記録メディア 
記録フォーマットJPEG シャッタースピード1/8〜1/25000 秒
液晶モニター  撮影感度通常:ISO64〜1600
内蔵メモリ14GB 起動時間1.5 秒
ファインダー無し 電池タイプ専用電池
専用電池型番  連写撮影 
インターフェースマイクロUSB2.0   
動画
4K対応  フレームレート29.97 fps
動画撮影サイズ3840x1920 記録方式MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC-LC(モノラル))
最長撮影時間    
撮影機能
自分撮り機能   チルト液晶  
バリアングル液晶   360度カメラ 
タイムラプス   顔認識  
AF自動追尾機能   手ブレ補正機構  
セルフタイマー10/5/2秒 バルブ撮影 
ネットワーク
Wi-Fi  Bluetooth対応(常時接続)
Wi-Fi Direct対応   PictBridge対応  
NFC     
耐久性能
防水性能  防塵性能 
耐衝撃性能  耐低温性能 
耐結露    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き45.2x130.6x22.9 mm 重量本体:104g
カラー
カラーホワイト   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

RICOH THETA SC2 [ホワイト]
リコー

RICOH THETA SC2 [ホワイト]

最安価格(税込):¥33,120発売日:2019年12月13日 価格.comの安さの理由は?

RICOH THETA SC2 [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <47

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース リコー、エントリー向け360度カメラ「RICOH THETA SC2」36,800円で発売
2019年11月19日 11:00掲載
RICOH THETA SC2 RICOH THETA SC2 RICOH THETA SC2

リコーおよびリコーイメージングは、360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」のエントリーモデルとして「RICOH THETA SC2」を発表。12月13日より発売する。

開放F2.0の大口径小型二眼屈曲光学系と、最新のイメージセンサーを装備したモデル。約1400万画素に相当する、高精細な360度の全天球静止画を撮影できる。さらに、従来機種「RICOH THETA SC」から露出精度やホワイトバランスのアルゴリズムを一新し、「オート撮影での正確で自然な描写を実現する」という。

加えて、イメージセンサーと画像処理エンジンを刷新したことで、上位機種と同じく、4K(3840×1920ドット)相当、30fpsの高画質な4K動画撮影(最大3分間)に対応する。

機能面では、特定の被写体や撮影シーンに適した、各種プリセットモードを搭載。人物の顔を検出して画像の中心に配置するほか、露出補正やノイズリダクションにより、顔を美肌に見せる「顔モード」、画像合成によるノイズ低減やDR(ダイナミックレンジ)補正によって夜間でもきれいに撮影できる「夜景モード」、2つのレンズを独立して制御することで、車内外や舞台など大きな明暗差があるシーンで対象物を明るくはっきりと撮影できる「車窓モード」に加えて、水中撮影時(水中撮影には専用の水中ハウジングケースが必要)に最適なホワイトバランスを調整する「水中モード」に対応した。

無線通信は、無線LAN、Bluetoothをサポート。スマートフォンのカメラで撮影した静止画と「RICOH THETA」で撮影した360度の全天球画像を専用アプリで合成することで、画像をタップすると360度の全天球画像がアニメーションとして表示される新機能「アニメーションフォト」に2020年春、対応する予定だ。

このほか、本体下部には、状態表示OLED(有機ELディスプレイ)を装備。設定モードや電池残量などの各種情報をひと目で確認できる。また、セルフタイマーモードへの切り替えボタンを追加し、カメラ単体での操作性が向上したという。

主な仕様は、撮像素子が有効約1200万画素の1/2.3型センサー×2(出力画素約1400万画素)を装備。レンズ構成は6群7枚で、F値が2.0。電池寿命は、静止画が約260枚、動画が約60分。本体サイズは45.2(幅)×130.6(高さ)×17.9〜22.9(奥行)mm、重量は約104g。ボディカラーは、ピンク、ブルー、ベージュ、ホワイト。USBケーブル、専用ケースが付属する。

直販価格は36,800円。

ページの先頭へ