PM6007 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2020年 9月中旬 発売

PM6007

  • 「HDAM-SA2」と「HDAM-SA3」を用いたフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプ。
  • 温度変化に伴うアイドリング電流の変動を抑え、動作の安定性を改善。ハイレゾ対応デジタル入力部のD/Aコンバーターに「AK4490EQ」を採用している。
  • デジタル入力は同軸1系統、光2系統の計3入力を装備。最大192kHz/24bitのPCM入力に対応する。
PM6007 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥64,350

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,350¥71,500 (18店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥75,000

店頭参考価格帯:¥64,350 〜 ¥64,350 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:45W/8Ω/60W/4Ω 対応インピーダンス:AorB:4Ω〜16Ω/A+B:8Ω〜16Ω/バイワイヤリング接続時:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:10Hz〜70kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:1系統 PM6007のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

PM6007マランツ

最安価格(税込):¥64,350 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 9月中旬

  • PM6007の価格比較
  • PM6007の店頭購入
  • PM6007のスペック・仕様
  • PM6007のレビュー
  • PM6007のクチコミ
  • PM6007の画像・動画
  • PM6007のピックアップリスト
  • PM6007のオークション

PM6007 のスペック・仕様・特長



  • 「HDAM-SA2」と「HDAM-SA3」を用いたフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプ。
  • 温度変化に伴うアイドリング電流の変動を抑え、動作の安定性を改善。ハイレゾ対応デジタル入力部のD/Aコンバーターに「AK4490EQ」を採用している。
  • デジタル入力は同軸1系統、光2系統の計3入力を装備。最大192kHz/24bitのPCM入力に対応する。
基本仕様
本体色ゴールド系/シルバー系 定格出力45W/8Ω
60W/4Ω
再生周波数帯域10Hz〜70kHz 対応インピーダンスAorB:4Ω〜16Ω
A+B:8Ω〜16Ω
バイワイヤリング接続時:4Ω〜16Ω
消費電力155 W リモコン
入力端子
アナログ入力4 系統 バランス入力 
デジタル入力光デジタル×2
同軸デジタル×1
PHONOPHONO(MM)×1
出力端子
アナログ出力1 系統 デジタル出力 
スピーカー出力2 系統 プリアウト 
ヘッドホン出力   
DAC
DAC搭載 DAC機能PCM:最大192kHz/24bit
ネットワーク
Wi-Fi  AirPlay 
DLNA  Bluetooth 
Spotify    
機能
ハイレゾ トーンコントロール 
i.LINK端子  USB端子 
バイワイヤリング ジッターフリー 
サイズ・重量
幅x高さx奥行440x105x370 mm 重量7.8 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

PM6007
マランツ

PM6007

最安価格(税込):¥64,350発売日:2020年 9月中旬 価格.comの安さの理由は?

PM6007をお気に入り製品に追加する <124

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース マランツ「6000」より、プリメイン「PM6007」とCDプレーヤー「CD6007」発表
2020年8月21日 14:30掲載
「PM6007」「CD6007」 「PM6007」 「CD6007」

マランツは、「6000」シリーズより、プリメインアンプ「PM6007」およびCDプレーヤー「CD6007」を9月中旬より発売すると発表した。

■「CD6007」

「CD6007」はD/Aコンバーターを刷新し、上位モデルでも採用実績のある旭化成エレクトロニクス製「AK4490EQ」を装備。新たにデジタルフィルター切り替え機能を搭載し、再生する楽曲や好みに合わせてフィルター1(スローロールオフ)とフィルター2(シャープロールオフ)を切り替えられる。

また、フロントUSB-A入力がグレードアップし、5.6MHzのDSDや最大192kHz/24bitのハイレゾファイル(WAV/FLAC/AIFF/ALAC ※ALACは96kHz/24bitまで)の再生に対応。マランツ独自の高速アンプモジュールHDAMとHDAM-SA2によるアナログ出力回路には、金属皮膜抵抗や精密メルフ抵抗、低ESR導電性高分子コンデンサーなど高品位なパーツを新たに採用し、音質を磨き上げたという。

加えて、アナログ回路用の電源回路には、新開発のエルナー製カスタム・ブロックコンデンサーを投入。さらに、定電流回路を追加することで、電源ラインのノイズを大幅に低減する。このほか、ヘッドホンアンプには低ノイズ、低歪なオペアンプを新たに搭載。3段階のゲイン切替機能も備えた。

ボディカラーはシルバーゴールド。

価格は64,000円(税別)。

■「PM6007」

「PM6007」は、HDAM-SA2とHDAM-SA3を用いた、フルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載。また、温度変化にともなうアイドリング電流の変動を抑え、動作の安定性を改善したという。

さらに「CD6007」と同様に、ハイレゾ対応デジタル入力部のD/Aコンバーターに「AK4490EQ」を採用。デジタルフィルター切り替え機能も搭載する。

デジタル入力は、同軸1系統、光2系統の計3入力を装備。最大192kHz/24bitのPCM入力に対応した。デジタル入力回路は、アナログ回路に影響を与えないよう、専用のシールドボックスに封入。デジタル回路の電源ラインには、導電性ポリマーコンデンサーを用いて、高周波ノイズを低減するとのことだ。

ボディカラーはシルバーゴールド。

価格は50,000円(税別)。

ページの先頭へ