【質問・アドバイス】 コスパゲーミングPC(初音ギアさん)

ホーム > ピックアップリスト > コスパゲーミングPC(初音ギアさん)
  • Twitterにツイートする

質問・アドバイスコスパゲーミングPC(初音ギアさん)

作成者 初音ギアさん  2020年 7月12日 20:26 [27275]

予算:10万(前後)程度。周辺機器込
使用用途:ネットサーフィン(死語)、動画視聴、ゲーム(LoL,APEX,FORTNITE,ARK)

友人の依頼で組んでみました。コスパと安定を重視してパーツ選定しています。

一度メモで組んで自分だけで確認していたのですが、他の方の意見なども聞きたくなったので・・・。
初期投資がやはり大きく、周辺機器を含めると15万近くなってしまうので、どこか変更できる点などあれば教えていただきたいです。

ちなみにグラボを半年後ぐらいに変更したとしても、2年程使えれば良い程度と考えています。

Core i5 9400F BOX
最安値:¥16,480 (リスト作成時:¥17,030 発売日:2019年 2月 1日

安価でゲーム用途には必要十分のCPU
同等スペックのRYZEN5 3500よりもこちらの方がやはりゲームに最適化されているイメージ

発熱も低くリテールクーラーでも冷えるのでコスパ良

虎徹Uくらいであれば資金面に影響は少なく冷却率も高いので、
ゲームプレイ時に冷却が足りなければ様子見て購入する予定

B365 Phantom Gaming 4
最安値:¥11,968 (リスト作成時:¥11,400 発売日:2019年 2月 8日

ASRockのマザーボードが故障したことが無いので、絶大な信頼を(自身に限って)得ている
M.2ソケットが二つあるのもいいのだが、予算の関係で二つSSDを組み込めないことが残念。

CT2K8G4DFS8266 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
最安値:¥5,480 (リスト作成時:¥7,238 発売日:2017年 6月

ゲーム用途であれば8*2の16GBで必要十分
マザーボードのサポート範囲内

GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OCV1 [PCIExp 4GB]
最安値:¥14,172 (リスト作成時:¥14,630 発売日:2020年 7月 3日
GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OCV1 [PCIExp 4GB]のクチコミ 0

安価ということを視野にいれるとGTX1650がコスパ最良
ゲームのグラフィック設定はフルHDで中設定以上であれば嬉しい

WD Blue SN550 NVMe WDS500G2B0C
最安値:¥8,733 (リスト作成時:¥8,734 発売日:2019年

OSや他ゲーム以外(Discordやブラウザ)専用 WDのM.2SSD

高速で信頼性のあるものにしたが、
マザーボードでサポートがされていないことが懸念

WD40EZRZ-RT2 [4TB SATA600 5400]
最安値:¥8,570 (リスト作成時:¥8,660

データ保存用。ゲームなどのインストール先もこれになる。
予算の関係上、安価で大容量であるHDDに。

NeoECO Classic NE650C
最安値:¥6,410 (リスト作成時:¥6,410

CPUもGPUも大したものではないので550Wでも十分だが、
今後グラボをグレードアップすることを考え余裕を持たせておきたい。

Versa H26 White /w casefan CA-1J5-00M6WN-01 [ホワイト]
最安値:¥4,117 (リスト作成時:¥4,158 発売日:2017年11月 2日

高コスパ。最高で最悪なケース

代替え案→ANTEC P7 Silent 7000円程度

Windows 10 Pro 日本語版
最安値:¥27,980 (リスト作成時:¥28,320 発売日:2015年 9月 4日

Homeは人柱ってそれ
Win7であればDSP版でもよかったが、パーツ購入縛りが復活したため止むを得ずパッケージ版

VX2458-MHD-7 [23.6インチ] ドスパラWeb限定モデル
最安値:¥19,800 (リスト作成時:¥19,800

高コスパモニター
144Hzも安定して出せるほどのスペックではないことは重々承知している。
しかし二万以下は魅力的。

Creative SBS A250 SP-SBS-A250
最安値:¥− (リスト作成時:¥− 発売日:2018年10月中旬

高コスパの2.1chスピーカー
音質などにこだわりはないが、ウーファーがあるだけで全然違う

現在価格コムで見当たらないが、まぁいいか

TK-G01UKBK [ブラック]
最安値:¥5,980 (リスト作成時:¥5,980 発売日:2018年 6月下旬
TK-G01UKBK [ブラック]のクチコミ 0

ごめんなさい、これは買いません。以下のものと値段が一緒だったので。

AmazonにあるHAVITという、キーボード、マウス、ヘッドセット、マウスパッドがセットになったものを買います。
品質があれなのは購入前でもわかるけど、コスパには逆らえない。
半年程使えれば、いいと思っている程度。

現在の合計金額:¥129,690
リスト作成時の合計金額:¥132,360(2020年 7月12日)

ピックアップリストの評価・コメント

このリストの評価 3.00  (採点者数:1人)
評価をする・コメントを書き込む
※価格.comID登録が必要です。(新規登録はこちら
コメント コメント(全8件)

ムアディブさん 2020/07/13 18:29

MBにその値段出すならZ370でメモリーOCした方がいいと思う。重い場面で効く。

超安いFOXCONNでも10年もったり、そこそこなASRockが6年くらいだったりと安いから壊れやすいってわけではない。

用途からするとHDDは要らない。SSDを1TBにしたほうが安くつくしSSDとしてもスピード出るし寿命も延びる。

pkgはまだ分かるけど、Win10 Proは要らんでしょ。
まぁ、Homeに入れ込んでもしょうがないんでDSPでいいと思うが。
1TBのSSDとバンドルしとけば良心が咎めない範囲でもだいぶ延命できると思うけど。

24インチのTN液晶はいくらなんでも「ない」と思うけどなぁ。

初音ギアさん作成者 2020/07/14 10:29

ムアディブさん
コメントありがとうございます

メモリのOCは『ハイエンド』であれば魅力的な選択だと思います
しかし今回はi5 9400FとGTX1650です。メモリをOCしてもその効果は誤差だと思います
故障の原因にもなりえますので安定という点から除きました
それにしてもZ390ではなくZ370ですか?
間違いだと思いますが、もしそうでなければ詳しい説明をお願いします

ストレージ関しましてはその通りかと思います
1TB一枚であれば安価で済みますし、HDDを仕方なく導入するのは間違ってましたね
助かります

OSをproにした理由はwin updateの関係ですね
今HOMEでも出来ると聞いたりするのですが、実際どうなんでしょうか
一考の余地はありますね

モニターに関して、どこが「ない」と感じるのかお聞かせください
144Hzに届くことは無いと自分でも思っておりますが、ゲームにおいては24(23.6)inchのTNパネルは「あり」だと私は思っております

ムアディブさん 2020/07/14 11:55

Z390ですね。
検索に両方入れて良く見るの忘れてた。

>メモリをOCしてもその効果は誤差だと思います

メモリOCは平均fpsにあんまり貢献しませんが、最低fps (体感) に効いて来ることが多いです。つまり、性能が低ければ低いほど効きやすい訳です。
例えば10%の向上を誤差と言い切ってしまって良いのかは状況によります。

スコア出したいだけのOCの場合はおっしゃる通りでコスパ悪いと思うかもしれませんが、快適にゲームしたいだけの人にとっては今も昔も第一選択です。

もっとも基本的な転送量が少ないなら効かない訳でゲームや設定依存ではあります。だから本当のところはそのゲームで測定してみるなり、プレイしてみないとわかりません。

なので別に必須などとは書いてません。MBにお金掛けるなら明確なメリットのあるZxxxにすべきと書いただけです。
節約したいならMBを安くすればいい。単にスペックを削るのはいいことと思えません。

ムアディブさん 2020/07/14 12:17

Win Updateは、単にゲーム機で自分が困ったことが無いからですね。
無料ツールで止められるし、バランス的にそこにお金払うのかなぁって感じ。

RDPが欲しい場合はProにしとかないと後で困りますけどね。

TNの問題は反応速度と視野角です。重要なステータスが端に表示されますが、それがケラれて見づらくなるのはプレイに支障が出るので。
小さいディスプレイなら視野角は必要ないので良いんですけどね。
一般にですがTNは中間応答が数字以上に悪いので実は応答性でIPSに劣ります。

あと、プレイしてて楽しくない。

初音ギアさん作成者 2020/07/14 18:55

迅速なレスポンスありがとうございます。

なるほど、メモリのOCはそういう風にも考えられるのですね
Z390にするのもOCが出来るようになるのと、クロックの範囲を上げられると考えれば確かに良いですね
メリットを考え交換すると思います
ただ最低FPSを気にしてメモリをOCするのは早計だと思うので、当分OCは保留にいたします

updateを止めるツールとはMSの正規のものではなく、外部ツールですよね? 便利だと思いますが少々不安ですね
最後のOSと呼ばれてますし、今パッケージ版のproにしても不利になることはまず無いと思います
当然homeのDSP版は安く済むので、本当にコスパを突き詰めれば一択でしょうね
私が中途半端なんです、申し訳ない
依頼主の友人とは値段とupdate、他機能の件で、もう少し相談してみたいと思います
homeを選択する余地を与えてくださったのは本当にありがたいです
頭ごなしにproにした方がいいと考えておりましたので

初音ギアさん作成者 2020/07/14 19:05

モニターは今回23.6インチなので、端っこが白っぽくなることは無いと思っています
GtoGもオーバードライブで1ms(テスト基準は不明ですが)と謳っておりますし、そこまで神経質にならなくともいいかと思っております
ノングレアでフリッカフリーも搭載、暗いシーンを明るく見せるなど、機能面でも十分で、ゲーム用途として扱えます

私としての懸念は、93PPIと144Hzまで届かないスペックのみです

最高画質や4Kでプレイするゲームや動画ならまだしも、今回の場合は競技性の高いゲームが殆どですので、TNパネルで事足りると思っております
当然それらを行うのであればIPSパネル一択でしょう。
その場合は高価なものを買う事にはなりそうですが……。

もしよろしければ、2万以下のおすすめのモニターを提示してくださると比較しやすく大変嬉しいです
この商品も二年前のものなので、少なからず同等で新しいものがあるとは考えておりますので

ムアディブさん 2020/07/15 11:38

>ただ最低FPSを気にしてメモリをOCするのは早計だと思うので、当分OCは保留にいたします

良い判断と思います。

>頭ごなしにproにした方がいいと考えておりましたので

いえいえ、丁寧に冷静な判断ができる良い助言者だと思いますよ。

ディスプレイは、ごめんなさい、2万以下はお勧めしないです。
あなたの方針で進めるならあなたがベストと思う選択で良いと思います。

>updateを止めるツールとはMSの正規のものではなく、外部ツールですよね? 便利だと思いますが少々不安ですね

そもそもupdate止めるの自体がリスクなんですけどね。というか止めようとしなければ困ったことがない。リスク対策としては過剰でドローバックに負けてると思う。

最悪、直後にリカバリーしてwushowhideで止まりませんかね?

WinとHDDで2万節約すれば、IPS+1660superに手が届くのでは?

初音ギアさん作成者 2020/07/15 13:10

ムアディブさん

OSは現在相談中で、ディスプレイは友人もok言ってるのでこの方針で進みたいと思います。
また各種パーツに関しても色々と吟味していくことになりました。特にメモリやMBについては。

沢山のアドバイスや意見大変助かりました。
再度、構成の再確認や見積もりを立てていきたいと思います。
本当にありがとうございました。きっと素晴らしいPCになると思います。

このページの先頭へ