価格.comプロダクトアワード2012 パソコン本体カテゴリ プロダクト大賞

ホーム > 価格.comプロダクトアワード > 価格.comプロダクトアワード2012 > パソコン本体カテゴリ プロダクト大賞

価格.com プロダクトアワード2012 4300万人ユーザーの声が選ぶ、本当に支持されているモノ。

  • トップ
  • パソコン本体
  • パソコン関連
  • AV家電
  • 生活家電
  • カメラ関連
  • 携帯電話
  • 自動車関連
価格.com PRODUCT AWARD 2012 BEST of the Year
PRODUCT AWARD 2012
プロダクト大賞 パソコン本体カテゴリ
Nexus 7 16GB
Google

Nexus 7 16GB

(タブレット端末・PDA)
受賞メーカー コメントはこちら
評価寸評

2012年はパソコンからスマートフォンやタブレット端末へのシフトが一気に進んだ1年だった。なかでも、タブレット端末の存在感がグンと増した1年となった。その躍進の原動力となった製品が、この「Nexus 7」であったといえる。

「Nexus 7」は、Android OSを開発しているGoogleが、台湾のメーカー「ASUS」と共同で開発し、2012年10月に発売した7インチタブレットだ。最新OSであるAndroid 4.1を搭載し、Googleのリファレンスモデルとして登場した「Nexus 7」は、9月に行われた製品発表と予約販売の段階から一気に大人気モデルとなった。その人気の大きな理由は、7インチという扱いやすいサイズと、国内モデルで19,800円(16GBモデル)という低価格設定にあった。

それ以前も、タブレット端末はじわじわと人気を得てきていたが、その画面サイズは10インチ前後が中心。価格も4〜5万円台が普通という状況であったため、この「Nexus 7」の登場は大きなセンセーションを巻き起こした。7インチという画面サイズは持ち運ぶのに適しており、片手で持っての利用も容易。特に手の大きくない日本人には、好評を博した。また、スマートフォンよりも大きな7インチという画面はインターネットなどの情報が見やすく、アプリなどの操作もしやすい。このように利便性が非常に高い7インチタブレットであることに加えて、それまでの10インチタブレット製品の半額以下という手ごろな価格設定が話題を呼んだ。多くのユーザー(特に、スマートフォンなどに対するリテラシーの高いユーザー)が、この製品にすぐに飛びついたのも無理はない。

しかも、実際に使ってみた印象でも、ユーザー評価4.65(※2013年1月28日現在)という高評価が示すように、決して「安かろう、悪かろう」ではなく、むしろ「満点に近いタブレット」として、多くのユーザーに高く評価されている。決して、当時の最高スペックというわけではないのだが、必要な性能をきちんと押さえつつ、無駄な機能を極力排したシンプルな設計も好感を得た。Googleのリファレンスモデルであるという安心感も功を奏しただろう。総合的に見て、これほど強力な要素を持ったタブレット製品はこれまでになく、本製品が、その後のタブレット製品の方向性をある程度決定づけたと言っても過言ではない。

その後、他社からも相次いで7インチクラスのタブレット端末が発売され、今や、タブレットといえば7インチが主流というほどの状況となっているが、それもこれも、この「Nexus 7」の大成功を抜きにしては語れない。いろんな意味で、2012年を代表するトピック的な製品となったのは間違いなく、本アワードの大賞を受賞したのも、しごく当然の成り行きだったと言えるだろう。

注:文中のレビュー評価は、2012年1年間での評価になります。

Nexus 7 16GBのPVシェア率推移

Nexus 7 16GBのPVシェア率推移のグラフ

Nexus 7 16GBの売れ筋ランキング推移

Nexus 7 16GBの売れ筋ランキング推移のグラフ

この製品の最新のPV・ランキング・価格など、もっと詳しい情報を価格.com トレンドサーチでご覧いただけます。
価格.comのデータが無料で使える「価格.com TrendSearch(トレンドサーチ)」

メーカー担当者 コメント
グーグル株式会社 広報部

-- 今回は受賞おめでとうございます。まずは率直な感想をおうかがいできますか? 価格.com のユーザーの皆さんは、デバイスにも詳しく、高品質で使いやすく高性能な製品を求められていると思います。その中で、Nexus 7 に非常に高い評価とご支持をいただいたことを、非常に嬉しく思っています。

-- 本製品を開発するにあたってこだわったポイントを教えてください。 Nexus 7 は、皆さんが毎日利用する Gmail 、カレンダー、Google マップ、Google+、YouTube などのGoogle のサービスを快適にお使いいただけるように設計しました。手のひらにすっぽりと収まる7 インチサイズは持ち運びにも便利で、Google Play の 700,000 以上のアプリやゲーム、さらには映画や書籍をいつでもどこでも自由に楽しむことができます。

-- ユーザーから高く評価されたと思われるポイントはどこにあったとお考えですか? まず、Nexus 7 の 7 インチという手のひらにすっぽり収まるサイズ、340g という携帯性に優れた軽さ、さらにパワフルなクアッドコア プロセッサを搭載するなど最高レベルの性能を備えたハードウェアの優位性があげられると思います。また、先ほど述べたように、各種 Google サービスの使い勝手の良さ、さらには、多様なコンテンツを時間や場所にとらわれずに楽しめる手軽さ、さらに購入しやすい価格などが評価いただけたのではないかと思います。

-- 最後に、価格.comのユーザーへひと言コメントをお願いします。 Nexus シリーズは、非常に進歩の速いモバイル端末のマーケットで、それぞれの時点で最高のハードウェアとソフトウェアで可能となる ”未来” をユーザーにお届けすることを目標としています。Nexus 7 はまさにそのような製品の一つであり、カテゴリー大賞という、非常に高い評価を頂いたことは、大変光栄です。今後も革新的な製品を生み出して行きたいと考えていますので、ぜひ、Android にご期待ください。

Nexus 7 16GBのレビュー ピックアップ
Nexus 7 16GBのすべてのレビューを見る
あやけいパパさん満足度満足度5

片手で無理なく握れるサイズ、背面のグリップ力、などよく考えられたデザイン。個人的にはアプリのインストール時間や、アイコンをタップしてからのアプリ起動時間などは、かなり高速に感じました。ストレスフリーです。... 続きを読む

あむうさん満足度満足度5

一言で言うならでっかいスマホですが非常に優れた工業デザインです。妙な色被りが無く視野角も十分であること、そして何より電子書籍として実用に耐えうる解像度を実現していることは高く評価できます。... 続きを読む

花おじさん満足度満足度5

最近のタブレット端末の中ではコスパは勿論、機能的にも最高だと思います。外出時にはwi-fiが無くてもGPS機能が働くのでジョギングで新コースを探検する自分にとっては神様からのプレゼントのように感じます。... 続きを読む

受賞製品一覧パソコン本体カテゴリ
プロダクト大賞
価格.com BEST 2012 Google Nexus 7 16GB(タブレット端末・PDA) 8571ポイント
部門賞
パソコン本体
金賞ASUSASUS VivoBook X202E X202E-CT32176799ポイント
銀賞AcerAspire V5 V5-171-H32D/S6143ポイント
銅賞ASUSU24A U24A-PX32106079ポイント
金賞LenovoLenovo H330 11855XJ5489ポイント
銀賞AcerAspire AX3475 AX3475-H44D3611ポイント
銅賞NECVALUESTAR N VN770/HS6 PC-VN770HS63577ポイント
金賞APPLEMacBook Air 1700/11.6 MD224J/A8537ポイント
銀賞APPLEMacBook Pro 2300/15 MC975J/A7870ポイント
銅賞APPLEMacBook Pro 2500/13 MD101J/A7486ポイント
金賞APPLEiMac MD093J/A5005ポイント
銀賞APPLEMac mini 1TB MD388J/A4517ポイント
銅賞APPLEMac mini 500GB MD387J/A2802ポイント
金賞GoogleNexus 7 16GB8571ポイント
銀賞GoogleNexus 7 32GB8113ポイント
銅賞APPLEiPad mini Wi-Fiモデル 16GB MD528J/A6138ポイント
プロダクト大賞、部門賞の選考基準について

ユーザーによるレビュー、クチコミ掲示板のレポート内容などを基に総合的に算出しました。
※なお、レビュー・クチコミ数が一定数に満たない製品に関しては選考対象外としています。(対象外となる人数は各部門によって異なります。一定数を満たした製品が1つしかない場合は金賞のみの選出となります。また一定数を満たす製品が1製品もない部門に関しては部門全体が対象外となります)
・部門賞(金賞、銀賞、銅賞)・・・各部門の上位3位を選出します。(1位:金賞、2位:銀賞、3位:銅賞)
・各カテゴリ内で最も評価ポイントの高い製品をプロダクト大賞とします。

このページの先頭へ