有料クレジットカードを使い倒せば、年間10万円は得が出来る!?

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. コラム > 
  4. 有料クレジットカードを使い倒せば、年間10万円は得が出来る!?

2014年10月9日掲載

コラム

有料クレジットカードを使い倒せば、年間10万円は得が出来る!?

有料カードを使い倒せば、年間10万円は得が出来る!? 実はクレジットカードを上手く使えば、“年間10万円単位で得する”ことも可能です。しかし、ただ漠然とポイントを貯めているだけでは到底無理。一体どんな方法で年間10万円得するのか。クレジットカードの達人・菊地崇仁がその方法を伝授します!

一般的なクレジットカードの還元率は1%。ですから、10万円分を得しようと思うと単純計算で年間1,000万円の買い物が必要になります。平均年収が400万円代なことを考えれば、これはあまり現実的ではない数字です。

年間で10万円分の得をしたいなら、ポイントと平行してクレジットカードに付帯するサービスを活用しましょう。付帯サービスには、意外と知られていない会員限定の割引サービスやレストランのコースが1名分無料になる特典、ホテルや飛行機のグレードアップ特典が用意されています。これらの特典を組み合わせると、10万円以上得することは可能になります。

付帯サービスで温泉旅館が5,000円引き!?

『クラブオフ』や『プログラムN』、『J'sコンシェル』というサービスをご存知でしょうか? これは、会員制の福利厚生サービスで、会員証を提示すると映画チケットが500円引きになったり、温泉旅館の宿泊費が5,000円引きになるなどの特典が用意されています。

一部のクレジットカードには、これらのサービスが付帯しています。例えば、『Tカード プラス』や『ベネッセ・イオンカード』はクラブオフ、『Orihime』は、クラブオフとプログラムNの2つが付帯しています。また、JACCS系のカードにはJ'sコンシェルがついています。別途申し込みが必要なのでサービスを見逃す人も多いですが『リーダーズカード』や『漢方スタイルクラブカード』などで使うことができます。旅行やレジャーの際に家族でサービスを利用すれば、受けることのできる割引は数万円単位に及びます。

カード名 還元率 年会費
クラブオフ Tカードプラス 0.50% 594円
※年間5万円以上の利用で無料
ベネッセ・イオンカード(WAON一体型) 0.50% 無料
クラブオフ&プログラムN Orihime 0.50% 3,300円
※年間10万円以上の利用で無料
J'sコンシェル リーダーズカード 1.50% 2,750円
※年間50万円以上の利用で無料
漢方スタイルクラブカード 1.75% 1,650円

付帯サービスのついたクレジットカードを比較する

ウェスティンホテルの宿泊が無料になるカード

とはいえ、最近のクレジットカードはポイントを重視し、クラブオフなどの付帯サービスが激減している傾向があります。さらに、付帯サービスは年会費とかなり比例するので、10万円分の特典を比較的簡単に受けるにはゴールドカードやプラチナカードの特典が効果的です。

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』、通称「spgアメックス」は毎年継続することで高級ホテルの宿泊が1泊無料になります。ウェスティンホテル東京など1泊3万5,000円以上するホテルも対象になる上、年末年始などのハイシーズンでも利用可能。さらに、空室があれば客室を無料でアップグレードしてくれます。レイトチェックアウトがついているので午後4時までホテルでゆっくりできたり、空港ラウンジの利用や海外からの帰国時に利用できる手荷物無料配送サービスもついています。年会費は3万4,100円と高めですが、特典を使い倒すことですぐに10万円以上の特典を手に入れることが可能でしょう。

航空系カードの特典も魅力的。例えば、『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』にはデルタ航空の上級会員資格が付帯しているので、ラウンジや優先搭乗、優先手荷物取り扱いの利用が可能に。年会費は2万6,000円ですが、帰国時の手荷物配送サービスやオーバーブッキング(過剰予約)が起きた際には、優先的に座席をグレードアップしてくれます。

付帯サービスのついたクレジットカードを比較する

ユニバーサルスタジオジャパンの年パス+クレジットカード……!?

また、『三井住友VISAプラチナカード』などのプラチナカードには、レストランの1名分のコースが無料になるレストラン優待が用意されています。1万円以上のコースも対象のため、1年間のスパンで見れば10万円分の特典を受けることは十分可能。

少し変わり種としてユニバーサルスタジオジャパンの年間パスと三井住友カードがコラボした『年間スタジオ・パス・プラス』も紹介しましょう。スペシャルパーティや特別イベントへ参加できるこのカードはUSJファン必見の1枚。さらに、特典の目玉はショッピングの利用金額ごとに用意されるボーナス特典。30万円・50万円・100万円・300万円のステージに分かれ、段階ごとに特典を受けることができます。例えば、1年間で300万円の利用があれば4つのステージをクリアしたことになるので4つの特典を受けとることができます。

カード名 還元率 年会費
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード - 3万4,100円
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード - 2万8,600円
三井住友VISAプラチナカード 三井住友VISAプラチナカード 0.50% 5万5,000円
年間スタジオ・パス・プラス 年間スタジオ・パス・プラス 0.50% USJ年間パス代+1,250円
(税別)

一般カードで10万円分の特典を受けようとすると、かなり地道な努力が必要です。しかし、高いグレードのクレジットカードなら自ずと特典の単価も大幅アップ。年会費以上に得することも比較的簡単なので、思い切ってゴールドカードやプラチナカードにグレードアップすることも有効な手段といえます。

付帯サービスのついたクレジットカードを比較する

菊地崇仁氏
菊地崇仁氏
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

構成:加藤純平(ミドルマン)

いまお使いのクレジットカードよりも
お得なカードがないか探してみませんか?

決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

このページの先頭へ