HVL-F58AM スペック・仕様・特長

2008年 8月28日 発売

HVL-F58AM

クイックシフトバウンスを採用したガイドナンバー58に対応フラッシュ。価格は63,000円(税込)

HVL-F58AM 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥14,800 (2製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥60,000

調光方式:ADI/P-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):58 重量:440g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/モデリング発光/マルチ発光/ハイスピードシンク HVL-F58AMのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HVL-F58AMの価格比較
  • HVL-F58AMの中古価格比較
  • HVL-F58AMの店頭購入
  • HVL-F58AMのスペック・仕様
  • HVL-F58AMのレビュー
  • HVL-F58AMのクチコミ
  • HVL-F58AMの画像・動画
  • HVL-F58AMのピックアップリスト
  • HVL-F58AMのオークション

HVL-F58AMSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年 8月28日

  • HVL-F58AMの価格比較
  • HVL-F58AMの中古価格比較
  • HVL-F58AMの店頭購入
  • HVL-F58AMのスペック・仕様
  • HVL-F58AMのレビュー
  • HVL-F58AMのクチコミ
  • HVL-F58AMの画像・動画
  • HVL-F58AMのピックアップリスト
  • HVL-F58AMのオークション

HVL-F58AM のスペック・仕様・特長



基本仕様
最大ガイドナンバー(ISO100)  照射角24〜105 mm
調光方式ADI/P-TTL 電池種類単3
電池本数4   
その他機能
マニュアル設定 オートズーム機構
ワイヤレス発光 バウンス 
外部測光   モデリング発光 
マルチ発光  赤目軽減 
ハイスピードシンクロ(FP発光)  後幕シンクロ  
外部電源対応    
サイズ・重量
横幅x高さx奥行77x147x106 mm 重量440 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HVL-F58AM
SONY

HVL-F58AM

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年 8月28日

HVL-F58AMをお気に入り製品に追加する <86

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、独自の回転機構を採用したフラッシュ
2008年7月7日 13:05掲載
[HVL-F58AM] クイックシフトバウンスを採用したガイドナンバー58に対応フラッシュ。価格は63,000円(税込)

ソニーは、ガイドナンバー58のフラッシュ「HVL-F58AM」を8月28日より発売する。

独自の回転機構「クイックシフトバウンス」を採用し、縦・横位置のカメラホールドに合わせてヘッド部を回転させることで、縦・横構図の両撮影で同様の配光ポジションを素早く確保できるのが特徴。バウンス機構は、上方向150度、下方向10度、クイックシフトバウンス左右方向90度に回転できる。

また、「ワイヤレス多灯光量比制御」機能を搭載し、本格的な多灯撮影が可能。同社のデジタル一眼レフカメラ「α」に装着し、任意の光量比を設定することで、最大3つのグループに分けた複数のフラッシュを、ワイヤレスで光量比制御することができる。

さらに、「ホワイトバランス自動補正機能」を搭載しており、フラッシュ光の色温度情報を「α」ボディと通信することで、発光条件に応じたホワイトバランスに最適化可能。「画面サイズ最適化ズーム制御機能」を備えており、フルサイズやAPS-Cサイズなど撮像素子に応じて配光を自動で最適に制御できる。αボディの電源と連動した「パワーセーブ」機能も利用可能だ。価格は63,000円(税込)。

ページの先頭へ