FDR-AX40 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2016年 2月19日 発売

FDR-AX40

  • 光学20倍ズーム対応のデジタル4Kビデオカメラ。
  • 従来機に比べて、約13倍補正する空間光学手ブレ補正機能を搭載し、HD動画撮影時には5軸方向でブレを補正する。
  • デジタル一眼カメラなどでも採用されている「ファストインテリジェントAF」により、フォーカススピードが従来機より約40%高速化した。
FDR-AX40 製品画像

拡大

FDR-AX40 (B) [ブラック] FDR-AX40 (TI) [ブロンズブラウン]
最安価格(税込):

¥125,000 ブラック[ブラック]

(前週比:+38,568円↑) 価格推移グラフ

価格帯:¥125,000¥125,000 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ハンディカメラ 画質:4K 撮影時間:150分 本体重量:510g 撮像素子:CMOS 1/2.5型 動画有効画素数:829万画素 FDR-AX40のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

FDR-AX40 の後に発売された製品FDR-AX40とFDR-AX45を比較する

FDR-AX45
FDR-AX45FDR-AX45

FDR-AX45

最安価格(税込): ¥74,739 発売日:2018年 2月 9日

タイプ:ハンディカメラ 画質:4K 撮影時間:160分 本体重量:510g 撮像素子:CMOS 1/2.5型 動画有効画素数:829万画素
  • FDR-AX40の価格比較
  • FDR-AX40の店頭購入
  • FDR-AX40のスペック・仕様
  • FDR-AX40の純正オプション
  • FDR-AX40のレビュー
  • FDR-AX40のクチコミ
  • FDR-AX40の画像・動画
  • FDR-AX40のピックアップリスト
  • FDR-AX40のオークション

FDR-AX40SONY

最安価格(税込):¥125,000 [ブラック] (前週比:+38,568円↑) 発売日:2016年 2月19日

  • FDR-AX40の価格比較
  • FDR-AX40の店頭購入
  • FDR-AX40のスペック・仕様
  • FDR-AX40の純正オプション
  • FDR-AX40のレビュー
  • FDR-AX40のクチコミ
  • FDR-AX40の画像・動画
  • FDR-AX40のピックアップリスト
  • FDR-AX40のオークション

FDR-AX40 のスペック・仕様・特長



  • 光学20倍ズーム対応のデジタル4Kビデオカメラ。
  • 従来機に比べて、約13倍補正する空間光学手ブレ補正機能を搭載し、HD動画撮影時には5軸方向でブレを補正する。
  • デジタル一眼カメラなどでも採用されている「ファストインテリジェントAF」により、フォーカススピードが従来機より約40%高速化した。
基本仕様
画質 4K HDR動画  
撮像素子CMOS 1/2.5型 総画素数857万画素
動画有効画素数829万画素 静止画有効画素数829万画素
タイプ ハンディカメラ 光学ズーム 20 倍
デジタルズーム 250 倍 記録メディア内蔵メモリー (64GB)
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
MS PRO Duo
MS PRO-HG Duo
MS XC-HG Duo
液晶モニター3 インチ 手ブレ補正機構 光学式
焦点距離*326.8mm〜536mm F値F2〜F3.8
詳細仕様
夜間撮影機能   撮影時間*1150 分
ファインダー  360度カメラ 
タッチパネル  静止画解像度5440×3056
メモリー静止画記録形式  メモリー動画解像度*23840×2160
インターフェースマイクロUSB/AV出力/HDMIマイクロ 付属バッテリーNP-FV70
最低被写体照度 1.2 ルクス 内蔵マイクズームマイク 5.1ch/2ch
外部マイク入力ステレオミニジャック LOG撮影 
RAW撮影  音声コントロール 
ネットワーク
Wi-Fi Bluetooth 
NFC   
耐久性
防水性能   防塵性能 
耐衝撃性能  耐低温性能 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き73x80.5x142.5 mm 本体重量510 g
カラー
カラーブラック
ブロンズブラウン
  
 
 
 
 
 
 
※ビデオカメラ項目解説

*1撮影時間
付属バッテリーを使用した時間です。

*2メモリー動画解像度
フラッシュメモリに保存できる最大の解像度です。

*3焦点距離
35mm判換算値の焦点距離です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
ソニーの高画質技術を凝縮した“プレミアム”高画質

ソニーだからできる映像技術をさらに進化させ、かけがえのない素敵な思い出を、より美しく残せます。AX40は4K撮影に加え、自社新規開発の動画専用センサー、“新開発”「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)」レンズ、高速画質処理エンジンを搭載。これら卓越した高画質技術の組み合わせにより、高精細な映像を実現。二度とない思い出のシーンをリアルに再現します。

ソニーの高画質技術を凝縮した“プレミアム”高画質
ズームしてもブレない、“新”「空間光学手ブレ補正」

レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。そこへ新たに「インテリジェントアクティブモード」も搭載(HD撮影時のみ)し、ワイド撮影時は約15倍ブレない(*)安定した映像を実現しました。

ズームしてもブレない、“新”「空間光学手ブレ補正」

* 従来の光学式手ブレ補正機能搭載モデルのスタンダードモード時の手ブレ補正角度との比較。手ブレ補正効果は撮影条件により異なることがあります

奥でも手前でも素早くピントを合わせる「ファストインテリジェントAF」
奥でも手前でも素早くピントを合わせる「ファストインテリジェントAF」

ソニー独自の空間被写体検出方式により、従来のオートフォーカス速度に比べて、大幅な高速化を実現。ズームやカメラの向きを変えた際に効果を発揮。撮影チャンスを逃しません。

高音質な映像が記録できる新しい機構や機能
高音質な映像が記録できる新しい機構や機能

集音性を高めた新しい機構を搭載した「高性能マイク」。過剰な風の音をカットする「自動風ノイズ低減」機能。撮影者の声援を抑えて記録する「マイボイスキャンセリング」機能などにより、子どもの声などの大切な音を映像にはっきりと残します。

4K撮影時30倍、HD撮影時40倍の全画素超解像ズーム機能
4K撮影時30倍、HD撮影時40倍の全画素超解像ズーム機能

20倍の光学ズームに加えて、4K記録時は30倍、HD記録時は40倍での撮影が可能。しかも、全画素超解像ズームはひとつひとつの画素に対して周辺画素を含めたパターン分類を行い、高精細な映像を作り出すために最適処理。ズーム時に遠くの風景や人物の画質を保ったまま美しく撮影できます。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

FDR-AX40
SONY

FDR-AX40

最安価格(税込):¥125,000発売日:2016年 2月19日 価格.comの安さの理由は?

FDR-AX40をお気に入り製品に追加する <729

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、新開発レンズやセンサー採用の4Kハンディカム「FDR-AX55/40」
2016年1月13日 17:28掲載
FDR-AX55 FDR-AX40 FDR-AX55

ソニーは、デジタル4Kビデオカメラの新モデルとして、「ハンディカム シリーズ」より「FDR-AX55」「FDR-AX40」を発表。2月19日より発売する。

新開発の4K動画撮影用のレンズとイメージセンサー、新しいマイク構造の採用により、画質と音質がさらに進化したデジタル4Kビデオカメラ。最大広角26.8mmの「ZEISS バリオ・ゾナーT レンズ」を搭載し、独自開発のAA(高度非球面)レンズとED(特殊低分散)レンズの採用により、光学20倍ズームや全画素超解像30倍(4K)/40倍(HD)ズームでの撮影時でも高画質で高精細な撮影が可能だ。

また、アスペクト比16:9の動画専用に設計した1/2.5型のExmor R CMOSイメージセンサーを新たに開発し、従来機比約1.6倍の有効画素面積を実現。センサーの感度がさらに向上しており、暗所でもより高画質に撮影できる。

さらに、プロ用に開発されたXAVC記録フォーマットを民生用に拡張したXAVC Sで、4K 100MbpsやHD 50Mbpsのハイビットレート撮影ができ、水しぶきなど細かな動きが多いシーンでも、ノイズが少なく解像度の高い映像が撮影できる。

機能面では、従来の空間光学手ブレ補正機能に加え、子どもと一緒に走りながらの撮影でも5軸方向でブレを補正するインテリジェントアクティブモードを新たに搭載。素早く正確にフォーカスを合わせるファストインテリジェントAFや、ノイズを従来機比約40%低減し、ステレオ感の高い録音を可能にする新マイク構造も採用したことで、画質と音質が大幅にアップしたという。

なお、上位モデル「FDR-AX55」は、視認性の高いビューファインダーと、フォーカスやズームなどを調整できるマニュアルリングなどを備えた。

共通の主な機能として、センサーは1/2.5型の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。有効画素数は、動画時が約829万画素(16:9)、静止画時が約829万画素(16:9)。

本体サイズは、「FDR-AX55」が73(幅)×80.5(高さ)×161(奥行)mm、「FDR-AX40」が73(幅)×80.5(高さ)×142.5(奥行)mm(バッテリー含む)。重量は、「FDR-AX55」が約725g、「FDR-AX40」が約510g(付属バッテリー装着時)。ボディカラーは、「FDR-AX55」がブラック、「FDR-AX40」がブラックとブロンズブラウン。

市場想定価格は「FDR-AX55」が140,000円前後、「FDR-AX40」が120,000円前後(いずれも税別)。

ページの先頭へ