TE-D01d スペック・仕様・特長

TE-D01d

  • 高いDA(デジタル→アナログ)変換性能を誇る「SoC QCC3026」を採用した完全ワイヤレスイヤホン。中音域では音像定位にすぐれた美しいボーカルを奏でる。
  • aptX対応Bluetoothのコーデックは高音質なAACにも対応。aptX対応のAndroid端末と組み合わせることで、ワイドレンジな音を楽しめる。
  • 省電力設計により最大9時間の再生を実現(チャージングケース併用で合計100時間以上の再生が可能)。音質を犠牲にせずシステム全体で電力消費を抑える。
TE-D01d 製品画像

拡大

TE-D01d-BK [Black] TE-D01d-DR [Dark Rouge] TE-D01d-NV [Navy]

最安価格(税込):¥10,412 [Navy] (前週比:-588円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2019年 2月 9日

店頭参考価格帯:¥10,500 〜 ¥12,960 (全国735店舗)最寄りのショップ一覧

Navy TE-D01d-NV [Navy] ¥10,412〜

TE-D01d-NV [Navy]

Black TE-D01d-BK [Black] ¥10,500〜

TE-D01d-BK [Black]

Dark Rouge TE-D01d-DR [Dark Rouge] ¥10,500〜

TE-D01d-DR [Dark Rouge]

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 TE-D01dのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • TE-D01dの価格比較
  • TE-D01dの店頭購入
  • TE-D01dのスペック・仕様
  • TE-D01dのレビュー
  • TE-D01dのクチコミ
  • TE-D01dの画像・動画
  • TE-D01dのピックアップリスト
  • TE-D01dのオークション

TE-D01dAVIOT

最安価格(税込):¥10,412 [Navy] (前週比:-588円↓) 発売日:2019年 2月 9日

  • TE-D01dの価格比較
  • TE-D01dの店頭購入
  • TE-D01dのスペック・仕様
  • TE-D01dのレビュー
  • TE-D01dのクチコミ
  • TE-D01dの画像・動画
  • TE-D01dのピックアップリスト
  • TE-D01dのオークション

TE-D01d のスペック・仕様・特長



  • 高いDA(デジタル→アナログ)変換性能を誇る「SoC QCC3026」を採用した完全ワイヤレスイヤホン。中音域では音像定位にすぐれた美しいボーカルを奏でる。
  • aptX対応Bluetoothのコーデックは高音質なAACにも対応。aptX対応のAndroid端末と組み合わせることで、ワイドレンジな音を楽しめる。
  • 省電力設計により最大9時間の再生を実現(チャージングケース併用で合計100時間以上の再生が可能)。音質を犠牲にせずシステム全体で電力消費を抑える。
基本仕様
タイプ *1カナル型 装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型)
構造   駆動方式ダイナミック型
プラグ形状  インピーダンス 16 Ω
音圧感度 91 db 再生周波数帯域 
ドライバサイズ 6 mm コード種類 
最大入力5 mW 充電端子充電ケース:microUSB
ワイヤレス機能
ワイヤレス Bluetooth BluetoothバージョンVer.5.0
連続再生時間最大9時間 充電時間約2時間
対応コーデック SBC
AAC
aptX
NFC  
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応 
マルチペアリング対応    
機能
リケーブル   ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク 
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能 自動電源OFF機能
防水・防滴性能IPX4 サラウンド  
リモコン  マグネット連結対応 
折りたたみ   DTS Headphone:X  
Dnote     
カラー
カラーBlack
Dark Rouge
Navy
  
サイズ・重量
コード長  重量 
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
もっと、日本の音へ

好評をいただいている先行モデルへ頂いたフィードバックを参考に、AVIOTが誇るオーディオエキスパートチームが、じっくりと時間を掛けてチューニングを行いました。低音域の一部を単純にブーストし、聴感を必要以上に刺激するような”トリック“を使わず、あくまでハイエンドオーディオと同じ思想で原音再生を目指し、フラットなトーンバランスをベースにして、更に真っ直ぐな日本の音を追求しました。

最新の技術で、最高のオーディオ体験を

従来型より圧倒的に高いDA(Digital to Analog) 変換性能を誇る、最新SoC QCC3026を採用。また、DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を多用することなく、軽量且つハイスピードなグラフェン振動版を採用したスピーカードライバーの中から素性の良いものを厳選し、使用する事で、深く沈み込むような低音域と、音像定位に優れた美しいボーカルを奏でる中音域、伸びやかながら耳に刺さらない高音域を実現しました。

高音質コーデックaptX対応

Bluetoothのコーデックは、一般的なSBCの他、より高音質なAACとaptXにも対応。aptXに対応するAndroid端末との組み合わせで、より情報量が多く、ワイドレンジな音を楽しめます。音の遅延も、SBCの約1/3(理論値)と少なめです。また、音声信号の処理スピードを高め、SBCやAACコーデック時での低遅延化も実現。YouTubeなどの動画再生時もストレスなくお楽しみいただけます。

スポーツにも最適、快適な装着感

エルゴノミックなデザインによりフィット感を高め、また付属のイヤーウイングと装着することで、スポーツなどの激しい動きにも対応します。ナノコーティングにより、汗や雨へのシールディングを強化することで、IPX4レベルの防滴性能を実現しました。

音楽をもっと長く、遠くまで。
音楽をもっと長く、遠くまで。

コンパクトで軽いチャージングケースの中に、約1,800mAhの大容量バッテリーを搭載しました。これにより、イヤホンを10回以上充電できるだけでなく、モバイルバッテリーとしてUSB端子からスマホなどへ簡易充電が可能です。

まるで小さなリモコン

イヤホン側面のボタンで、曲の再生、停止、ボリュームなどの基本操作が可能。また、マイクが搭載されているので、通話ができるだけでなく、Siri&Googleアシスタントにも簡単にアクセスできます。通話時には、両耳で左右の遅延なく音声が聞こえる機能を搭載。cvcノイズキャンセリング機能との相乗効果で快適な通話が楽しめます。

AVIOTなら、もっとつながる。

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンの外でアンテナの役目をするケーブルが無い為、無数の電波が飛び交う都会の人込みなどでは、混線により音が途切れやすいという欠点がありました。AVIOTは高周波回路の設計技術と実装ノウハウを活用し、内蔵アンテナを新規設計。混信に極めて強い最新SoC QCC3026との相乗効果で、電車の中や駅の構内など電波環境の厳しい場所でも音切れを最小限することに成功しました。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

TE-D01d
AVIOT

TE-D01d

最安価格(税込):¥10,412発売日:2019年 2月 9日 価格.comの安さの理由は?

TE-D01dをお気に入り製品に追加する <490

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース AVIOT、モバイルバッテリー機能を備えた完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d」
2019年2月4日 06:40掲載
TE-D01d TE-D01d TE-D01d

バリュートレードは、オーディオビジュアルブランド「AVIOT(アビオット)」の完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d」の取り扱いを開始。2月9日より発売する。

現行モデル「TE-D01b」に搭載する、クアルコム製チップ「QCC3026」を採用した完全ワイヤレスイヤホン。イヤホン単体で、最大9時間のバッテリー駆動を実現する。また、バッテリー残量に応じてマスターを切り替える、ロールスワッピング機能を搭載した。

音質面では、DSP(デジタルシグナルプロセッサー)を多用することなく、高品位グラフェンドライバー採用したことで、深く沈み込むような低音域と、音像定位にすぐれた中音域、伸びやかながら耳に刺さらない高音域を実現した。

Bluetoothのコーデックは、SBCのほか、AACとaptXにも対応。接続面では、先行モデルでのノウハウを生かし、アンテナの配置や配線の最適化を行うなど、音切れを最小限に抑える設計にした。

操作性では、シンプルな構造ながら、左右に1つずつ配置された大きく押しやすいボタンで曲の再生と停止、曲送りと曲戻し、音量のアップダウン、Siriなどの音声コマンドの起動、電話の着信応答などの操作が可能だ。

このほか、チャージングケースには、約1800mAhの大容量バッテリーを搭載。ケースのバッテリー込みで100時間以上の音楽再生が可能だ(SBC/AAC時)。ケースのUSB出力端子を経由し、モバイルバッテリーとして、スマートフォンを簡易充電できる。

主な仕様は、ドライバーが6mm径ダイナミック型 グラフェン振動板、感度が91dB±3dB、最大入力が5mW、インピーダンスが16Ω。Bluetoothのバージョンが5.0、対応コーデックがSBC、AAC、aptX、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP。ボディカラーはブラック、ダークルージュ、ネイビー。

価格は12,000円(税別)。

ページの先頭へ