BRAVIA KDL-48W600B [48インチ] スペック・仕様・特長

2014年 4月19日 発売

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]

「ClearAudio+」や「番組チェック」機能を搭載した48V型液晶テレビ(フルHD)

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:1920x1080 録画機能:外付けHDD BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の価格比較
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のレビュー
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のオークション

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 4月19日

  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の価格比較
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のレビュー
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]のオークション

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ] のスペック・仕様・特長



表示性能
種類液晶テレビ 画面サイズ48 インチ
8K  4K  
フルハイビジョン  画素数 1920x1080
HDR   HDR方式  
Ultra HD Premium  LEDバックライトLEDバックライト
IPS方式   画面分割(2画面機能) 
3Dテレビ  倍速機能  
1インチあたりの価格-   
搭載チューナー
BS 8K  BS 4K 
110度CS 4K  地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー    
チューナー数
BS 8K数  BS 4K数 
110度CS 4K数  地上デジタル数2
BSデジタル数2 110度CSデジタル数2
録画・再生機能
録画機能外付けHDD 再生機能 
自動録画機能     
VODサービス
Android TV  YouTube 
Amazonプライム・ビデオ  Netflix 
Hulu  DAZN
dTV  ひかりTV 
ひかりTV4K  TSUTAYA TV 
アクトビラ  アクトビラ4K 
U-NEXT  FOD 
Paravi  Rakuten TV 
TELASA    
ネットワーク
有線LAN 無線LAN
Bluetooth  Wi-Fi Direct対応 
DLNA  DTCP-IP 
コンテンツ保護
SeeQVault対応     
接続端子
HDMI端子4端子
ARC対応
MHL対応
USB端子2
D端子入力 D5 コンポーネント入力 
PC入力端子  光デジタル音声出力端子 
LAN端子  ヘッドホン出力端子 
基本仕様
適正視聴距離(目安)  消費電力79 W
待機時消費電力0.4 W   
その他機能
リモコン(音声操作)  スマートスピーカー連携 
カードスロット  ゲームモード 
サイズ・重量
幅x高さx奥行 1086x675x181 mm 重量 10.3 kg
省エネ性能
省エネ評価★★★★★ 省エネ基準達成率278%(2012年度)
年間消費電力量73 kWh 年間電気代*21971 円
 
 
 
 
 
 
※薄型テレビ・液晶テレビ項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]
SONY

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 4月19日

BRAVIA KDL-48W600B [48インチ]をお気に入り製品に追加する <408

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、超解像エンジン「X-Reality PRO」搭載の液晶テレビ10機種
2014年4月2日 13:45掲載
KDL-55W920A KDL-50W800B W700B

ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の新モデルとして、「W920A」シリーズ(55V/46V/40V型)、「W800B」シリーズ(50V/42V型)、「W700B」シリーズ(32V型)、「W600B」シリーズ(60V/48V/40V型)、「W500A」シリーズ(32V型)の計5シリーズ10機種を発表。4月19日より順次発売する。

いずれも、データベース型超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したフルHDおよびWXGA解像度の液晶テレビ。テレビ放送、ブルーレイ、ゲーム、ネット動画など、さまざまな解像度、画質のコンテンツを高画質に再現する。無線LANや外付けHDDへの録画機能も標準で備える。チューナーは地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載する。

■「W920A」シリーズ

フルHD液晶テレビの最上位機種。55V型の「KDL-55W920A」、46V型の「KDL-46W920A」、40V型の「KDL-40W920A」をラインアップする。

画質面では、色の再現能力を高める「トリルミナスディスプレイ」、動きの激しいスポーツ番組も残像感のない映像で楽しめる「4倍速」技術、LEDバックライトのオン/オフ制御技術で映像をクリアに表示する「モーションフローXR960」などを搭載。バックライトには「エッジ型LEDバックライト部分駆動」を採用する。アクティブシャッター方式の3Dもサポートする。

音質面では、豊かな中低音と聞き取りやすいサウンドを実現する「ロングダクトスピーカー」を搭載。「S-Masterデジタルアンプ」「Clear Phaseテクノロジー」「S-Forceフロントサラウンド」なども備える。

機能面では、NFCを搭載したスマートフォンやタブレット端末を、付属のワンタッチリモコンにタッチするだけで、接続することが可能。スマートフォンなどの画面をテレビに出力できる「ワンタッチミラーリング」に対応する。

市場想定価格は「KDL-55W920A」が260,000円(税抜)、「KDL-46W920A」が220,000円(同)、「KDL-40W920A」が165,000円(同)。

■「W800B」シリーズ

独自のデジタル信号処理技術「ClearAudio+」を搭載したモデル。50V型の「KDL-50W800B」、42V型の「KDL-42W800B」をラインアップする。

画質面では、50V型の「KDL-50W800B」に、なめらかな動画表示を可能にする「倍速」技術と「モーションフローXR240」を搭載。3Dは「KDL-50W800B」がアクティブシャッター方式、42V型の「KDL-42W800B」がパッシブ方式。

音質面では、デジタル信号処理で音響特性を補正する「Clear Phaseテクノロジー」、テレビのスピーカーでマルチサラウンドをバーチャルに再現する「S-Forceフロントサラウンド」、全体の音量を変えずに、声の音量を変える「ボイスズーム」を搭載。

機能面では、電源オフから1秒前後で起動する高速起動を実現。利用者がよく視聴する時間帯を自動で学習し、1日のうち6時間に限って高速起動モードが設定される。マニュアルで設定することも可能。放送番組、録画番組、YouTubeの映像、ホームネットワークやUSBメモリー上の写真を素早く呼び出して見られる「番組チェック」機能や、テレビ番組を見ながらツイートをチェックできる「ソーシャル視聴/Twitter連携」なども搭載する。

市場想定価格は「KDL-50W800B」が160,000円(税抜)、「KDL-42W800B」が120,000円(同)。

■「W700B」シリーズ

フルHD解像度の32V型。「W800B」シリーズと同様、「ClearAudio+」、高速起動、「番組チェック」機能、「ソーシャル視聴/Twitter連携」などを備える。

市場想定価格は70,000円前後(税抜)。

■「W600B」シリーズ

大画面モデルを用意する中級機。60V型の「KDL-60W600B」、48V型の「KDL-48W600B」、40V型の「KDL-40W600B」をラインアップする。

画質面では、60V型の「KDL-60W600B」は、「倍速」技術、「モーションフローXR240」機能を搭載。機能面では、「W800B」シリーズと同様、「ClearAudio+」、高速起動、「番組チェック」機能、「ソーシャル視聴/Twitter連携」などを備える。

市場想定価格は「KDL-60W600B」が220,000円(税抜)、「KDL-48W600B」が135,000円(同)、「KDL-40W600B」が75,000円(同)。

■「W500A」シリーズ

WXGA解像度のシンプルな32V型。「S-Masterデジタルアンプ」などの高音質技術を備える。市場想定価格は55,000円(税抜)。

ページの先頭へ