REGZA 55X9400 [55インチ] スペック・仕様・特長

2020年 6月19日 発売

REGZA 55X9400 [55インチ]

  • クラウドAI高画質テクノロジー対応の映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載した4K有機テレビ(55V型)。リアルな高画質を実現。
  • 実用最大出力合計値142Wのパワーアンプを搭載した「レグザパワーオーディオX-PRO」を搭載。迫力あるサウンドと重低音で広がりのある高音質を再現。
  • 地上デジタル放送を最大6チャンネル録画でき、放送番組をいつでも視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載。4Kチューナーを2基内蔵している。
REGZA 55X9400 [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥174,000

(前週比:-264円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥178,000

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥174,000¥178,000 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン
画面サイズ

種類 : 4K有機ELテレビ 画素数:3840x2160 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション REGZA 55X9400 [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

REGZA 55X9400 [55インチ] の後に発売された製品REGZA 55X9400 [55インチ]とREGZA 55X9400S [55インチ]を比較する

REGZA 55X9400S [55インチ]

REGZA 55X9400S [55インチ]

最安価格(税込): ¥181,772 発売日:2021年 4月30日

画面サイズ:55V型(インチ) 種類:4K有機ELテレビ 画素数:3840x2160 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション
 
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の価格比較
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の店頭購入
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の純正オプション
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のレビュー
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のクチコミ
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の画像・動画
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のオークション

REGZA 55X9400 [55インチ]東芝

最安価格(税込):¥174,000 (前週比:-264円↓) 発売日:2020年 6月19日

  • REGZA 55X9400 [55インチ]の価格比較
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の店頭購入
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の純正オプション
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のレビュー
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のクチコミ
  • REGZA 55X9400 [55インチ]の画像・動画
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 55X9400 [55インチ]のオークション

REGZA 55X9400 [55インチ] のスペック・仕様・特長



  • クラウドAI高画質テクノロジー対応の映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載した4K有機テレビ(55V型)。リアルな高画質を実現。
  • 実用最大出力合計値142Wのパワーアンプを搭載した「レグザパワーオーディオX-PRO」を搭載。迫力あるサウンドと重低音で広がりのある高音質を再現。
  • 地上デジタル放送を最大6チャンネル録画でき、放送番組をいつでも視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載。4Kチューナーを2基内蔵している。
表示性能
種類4K有機ELテレビ 画面サイズ55 V型(インチ)
画素数 3840x2160 パネル種類 
HDR方式 HDR10
HDR10+
ドルビービジョン
HLG
映像処理エンジンダブルレグザエンジン Cloud PRO
バックライト  画面分割(2画面機能) 
倍速機能 4K OLED クリアダイレクトモーション Ultra HD Premium 
1V型(インチ)あたりの価格\3,164   
チューナー
BS 8K  BS 4K/110度CS 4K2
地上デジタル9 BSデジタル/110度CSデジタル3
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー    
録画・再生機能
録画機能外付けHDD ドライブ内蔵 
自動録画機能  2番組同時録画
早見再生1.5 倍速   
スマートテレビ
Android TV  Google TV 
VODサービス
YouTube Amazonプライム・ビデオ
Netflix Disney+
DAZN  FOD 
dTV ひかりTV
ひかりTV4K Hulu
U-NEXT Paravi
Rakuten TV TELASA 
ネットワーク
有線LAN 無線LAN
Bluetooth  Wi-Fi Direct対応  
ホームネットワーク機能レグザリンク DTCP-IP 
コンテンツ保護
SeeQVault対応    
接続端子
HDMI端子7端子
ARC対応
HDMI2.1規格対応機能ALLM
USB端子4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1) D端子入力  
コンポーネント入力  PC入力端子 
光デジタル音声出力端子1 LAN端子1
ヘッドホン出力端子   
基本仕様
視聴距離(目安)1 m 消費電力413 W
待機時消費電力0.4 W リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携Google アシスタント
Amazon Alexa
LINE Clova
カードスロット 
ゲームモード   
音質性能
DOLBY ATMOS  音声実用最大出力142 W
スピーカー数フルレンジ:4個
ツィーター:2個
トップツィーター:2個
ウーファー:2個
  
サイズ・重量
幅x高さx奥行 1234x736x279 mm 重量 32.5 kg
省エネ性能
多段階評価   省エネ基準達成率  
省エネ性マーク(緑)   年間消費電力量230 kWh
年間電気代*26210 円   
 
 
 
 
 
 
※液晶テレビ・有機ELテレビ項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。
有機ELテレビは省エネ法に基づく年間消費電力量が定義されていないため、液晶テレビの基準で算出した参考値です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

REGZA 55X9400 [55インチ]
東芝

REGZA 55X9400 [55インチ]

最安価格(税込):¥174,000発売日:2020年 6月19日 価格.comの安さの理由は?

REGZA 55X9400 [55インチ]をお気に入り製品に追加する <1124

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース 東芝、「クラウドAI高画質」対応のタイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9400」
2020年5月28日 11:50掲載
「レグザ X9400シリーズ」

東芝映像ソリューションは、4K有機ELテレビ「レグザ X9400シリーズ」を発表した。

「レグザ X9400シリーズ」のラインアップと発売時期は、77V型「77X9400」が2020年秋、65V型「65X9400」が6月19日、55V型「55X9400」が6月19日、48V型「48X9400」が2020年秋。

主な特徴として、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画できる「タイムシフトマシン」を搭載。チューナーは、地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3、BS4K/110度CS4K×2を装備する。

画質面では、新開発の高画質映像処理エンジン「ダブルレグザエンジン Cloud PRO」を搭載。クラウドと連携して高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」対応の「レグザエンジンCloud PRO」と、映像を緻密に高精細化・低ノイズ化を図る新開発エンジンを連携させるダブルエンジン構成によって、「レグザ史上最高画質を実現する」と同社では説明する。

さらに、自社開発の高コントラスト有機ELパネルを装備。「ガンマ特性と輝度特性に磨きをかけ、コントラスト性能と階調性を向上させた」という。さらに、65V型および55V型では、高輝度・高コントラストを実現する自社開発の高放熱インナープレートを採用し、「よりあざやかでメリハリのある映像を再現する」とのことだ。

このほか、放送波のノイズを低減し、テレビ番組のテロップなどをくっきりと描き出す「地デジAIビューティPRO」、 ネット動画を美しくなめらかに再現する「ネット動画ビューティPRO」、色温度センサーによって、視聴環境にあわせた適切な画質に自動調整する「おまかせAIピクチャー」、 動きの速いシーンでの残像を抑制し、クリアな高画質を実現する「インパルスモーションモード」などを搭載した。

音質面では、新開発の「レグザパワーオーディオX-PRO/レグザパワーオーディオXD」を搭載。実用最大出力合計142W(非同時駆動、JEITA)のマルチアンプにより、メインスピーカー、トップツィーター、重低音バズーカなど合計10個のスピーカーを駆動。自然な音場感を実現するフロントスピーカーと背面の壁の反射を利用するトップツィーター、迫力の重低音を再現するバズーカユニットによる音響設計で、人のセリフやナレーションをよりはっきりと、効果音や環境音をよりリアルに再現するという。

また、48V型では、パッシブラジエーター方式のスピーカーBOXに、ダブルフルレンジスピーカーとハードドームツィーターを配置。実用最大出力合計72Wのマルチアンプシステムによって、伸びやかでクリアな高域再生とパワフルな低音再生を実現するとのことだ。

このほか同社では、新開発の有機ELパネルと「レグザエンジンCloud PRO」を搭載した4K有機ELテレビ「レグザ X8400シリーズ」(「タイムシフトマシン」は非搭載)も発表した。ラインアップと発売時期は、55V型「55X8400」が6月19日、48V型「48X8400」が6月19日。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ