α1 ILCE-1 ボディ スペック・仕様・特長

2021年 3月19日 発売

α1 ILCE-1 ボディ

  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
α1 ILCE-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥746,499

(前週比:-1,496円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥758,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥738,000 (4製品)


価格帯:¥746,499¥880,000 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥746,499 〜 ¥792,000 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5050万画素(総画素)/5010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:652g α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディSONY

最安価格(税込):¥746,499 (前週比:-1,496円↓) 発売日:2021年 3月19日

  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディ のスペック・仕様・特長



  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
基本仕様
タイプ ミラーレス レンズマウントα Eマウント
画素数5050万画素(総画素)
5010万画素(有効画素)
撮像素子 フルサイズ
35.9mm×24mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100〜32000
拡張:ISO50〜102400
記録フォーマットJPEG/RAW/HEIF
連写撮影Hi+:最高約30コマ/秒(AUTO/電子シャッター時)
Hi+:最高約10コマ/秒(メカシャッター時)
シャッタースピード電子:1/32000〜30秒
メカニカル:1/8000〜30秒
液晶モニター3型(インチ)
144万ドット
ファインダー形式 電子ビューファインダー Quad-XGA OLED
ローパスフィルターレス   ファインダー倍率 0.9 倍
ファインダー視野率(上下/左右)100/100 電池タイプ専用電池
専用電池型番NP-FZ100 撮影枚数ファインダー使用時:430枚
液晶モニタ使用時:530枚
記録メディアCFexpressカードTypeA
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
スロットダブルスロット
SDカード・CFexpressカードTypeA×2
その他機能
防塵・防滴  手ブレ補正機構 
5軸手ブレ補正 自分撮り機能  
タッチパネル ゴミ取り機構 
内蔵フラッシュ   タイムラプス  
ライブビュー  可動式モニタチルト可動式液晶
GPS   USB充電
RAW+JPEG同時記録  バルブ 
RAW14bit タイム 
PictBridge対応   セルフタイマー10/5/2秒
インターフェースマイクロUSB、USB Type-C、HDMI 起動時間 
AFセンサー測距点35mmフルサイズ時:759点(位相差検出方式)、フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:759点(位相差検出方式)、APS-Cレンズ装着時:575点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)   
動画撮影
4K対応  動画記録画素数8K(7680x4320)30p
4K(3840x2160)120p
ファイル形式XAVC S/XAVC HS 映像圧縮方式XAVC S:MPEG-4 AVC/H.264
XAVC HS:MPEG-H HEVC/H.265
音声記録方式LPCM 2ch(48kHz 16bit)
アクセサリ使用時:LPCM 2ch/4ch(48kHz 24bit)
プロキシー動画:MPEG-4 AAC-LC 2ch
  
ネットワーク
Wi-Fi  BluetoothBluetooth 5.0
BLE(Bluetooth Low Energy)  Wi-Fi Direct対応 
NFC    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き128.9x96.9x80.8 mm 重量652 g
付属
付属レンズ無(本体のみ)   
カラー
カラーブラック系   
 
 
 
 
 
 
※デジタル一眼カメラ項目解説

*1 撮影枚数
CIPA規格(カメラ映像機器工業会が定める電池寿命測定方法)に基づいた枚数です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

α1 ILCE-1 ボディ
SONY

α1 ILCE-1 ボディ

最安価格(税込):¥746,499発売日:2021年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

α1 ILCE-1 ボディをお気に入り製品に追加する <531

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、α初の8K動画対応ミラーレスカメラ 「α1」を税別約80万円で発売
2021年1月27日 10:25掲載
「α1」 「α1」 「α1」

ソニーは、フルサイズミラーレスカメラ 「α1 ILCE-1」を発表。2月2日10時より予約受付を開始し、3月19日から発売する。同社では「解像力とスピード性能の高い次元での両立と、撮影から納品までの高効率ワークフローを実現したプロフェッショナル向け」モデルになると紹介している。

具体的には、新開発のフルサイズ有効約5010万画素積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、従来比約8倍の処理性能をもつ画像処理エンジンBIONZ XRとの組み合わせによって、高解像ながら、AF/AE追従最高30枚/秒のブラックアウトフリー高速連写(電子シャッター時)を実現するとのこと。

30枚/秒(連続撮影モード「Hi+」時。シャッタースピードが1/125以上の場合に有効。AF-Cモード時はシャッタースピードが1/250以上の場合に有効だが、装着レンズ、撮影モードによって最高連写速度が異なる。非圧縮RAW、ロスレス圧縮RAWでの撮影時は、最高20枚/秒。装着レンズによって、ソフトウェアのアップデートが必要になる場合がある)連写で圧縮RAWで約155枚(連続撮影モード「Hi+」、画質「RAW(圧縮RAW)」時。Cfexpress Type Aメモリーカード使用時)、JPEG形式で約165枚(連続撮影モード「Hi+」、CFexpress Type Aメモリーカード使用時)の性能(20枚/秒連写を選択した場合、圧縮RAWで約238枚、JPEG形式で約400枚の撮影が可能)で、「これまで撮り逃していた一瞬の動きを、より確実にとらえられる」と説明する。

たとえば、「被写体の動きが高速かつ不規則なスポーツや野生動物の撮影、また被写体の表情の変化を一瞬でも見逃したくないポートレート撮影など、さまざまなプロの現場において、ブラックアウトで視野をさえぎられることなく、被写体を肉眼で追い続けるように撮影できる」とのことだ。

さらに、「α9 II」比で2倍となる最大120回/秒(シャッタースピードが1/125以上の場合に有効。装着レンズや撮影設定によって異なる場合がある)AF/AE演算により、複雑な動きでスピードに緩急のある被写体でも高精度にAF追従をし続ける。急激な輝度の変化に対しても、最速0.033秒(連続撮影モード「Hi+」時。シャッタースピードが1/125以上の場合に有効。AF-Cモード時はシャッタースピードが1/250以上の場合に有効だが、装着レンズ、撮影モードによって最高連写速度が異なる。非圧縮RAW、ロスレス圧縮RAWでの撮影時は、最高20枚/秒。装着レンズによってソフトウェアのアップデートが必要になる場合がある)でAEが追従するという。

また、最高30枚/秒の高速連写時にも、「まるで肉眼で見ているかのようにシームレスに被写体をとらえられる」という、世界初(2021年1月広報発表時点、同社調べ。フルサイズミラーレスカメラにおいて)240fps(40fpsの場合、対角視野角が約33度に固定。また、解像度はUXGA相当となる)の頻度で表示可能な電子ビューファインダーを装備。約944万ドット(Quad-XGA)、大型0.64型有機ELディスプレイを採用し、0.90倍(50mmレンズ、無限遠、視度 -1m-1時)のファインダー倍率(対角視野角:約41度)やハイアイポイント(約25mm[最終光学面からの距離、視度 -1m-1時])、周辺部もシャープな接眼レンズ光学設計により、すみずみまで高い視認性を実現するとのことだ。

AF機能では、高密度かつ広範囲(撮像エリアの約92%をカバー)に配置した759点の像面位相差AFセンサーを備え、被写体を高速・高精度に追随。リアルタイム処理にすぐれた画像処理エンジンBIONZ XRによって、検出能力が従来比30%向上(「α9 II」比)したリアルタイム瞳AF(人物)を用いれば、角度のある横顔や上向き、下向きの顔でも、高精度に自動的に瞳にフォーカスを合わせ続けられるという。

動物(すべての動物が対象ではない。人、動物、鳥ではモードの切り替えが必要。シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合がある。動画撮影時のリアルタイム瞳AFは、動物と鳥には対応しない)への瞳AF対応では、従来の犬や猫などに、新たに鳥が加わった。また、AIを用いて色や模様(輝度)、被写体距離(奥行)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理し、動体を高精度に追従し続けるリアルタイムトラッキングにも対応し、リアルタイム瞳AFとシームレスに使用できるとのことだ。

このほか、イメージセンサーからの高速読み出しに加えて、大容量バッファメモリーとBIONZ XRの高速処理性能により、高画素ながら電子シャッター(連写時は、0.5秒より遅いシャッター速度は設定できない。装着レンズや撮影設定によって異なる場合がある)でも「α9 II」比で約1.5倍、動体歪みを抑えた静止画(撮影環境・条件によって、微小な歪みが見えることがある)撮影が可能になった。最高1/32000秒のシャッター速度も実現する。加えて、世界で初めて(2021年1月広報発表時点、同社調べ。フルサイズレンズ交換式デジタルスチルカメラにおいて)フラッシュ同調速度1/400秒を実現するという点も特徴だ。

動画機能では、「α」シリーズとして初めて、8.6KオーバーサンプリングによるXAVC HS方式の8K30p(4K 120p、8Kで動画撮影時は、[APS-C撮影]は[切]に固定される。35mmフルサイズ対応レンズの使用を推奨。PCアプリケーション「Catalyst Browse」または「Catalyst Prepare」で、8K撮影素材の閲覧が行える)動画撮影に対応する。

さらに、最大120p(約10%画角がクロップ)のハイフレームレート映像を高精細4K解像度でカメラ内部に記録可能。4K解像度の最大5倍の

ページの先頭へ