SE-300PCIE スペック・仕様・特長

2011年 4月下旬 発売

SE-300PCIE

PCI Express x1スロット対応のハイエンドサウンドカード

SE-300PCIE 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express サラウンド機能:7.1ch 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz SE-300PCIEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※販売メーカーが事業活動の停止を発表した為、今後保証を受けられない可能性がありますのでご注意ください。

ご利用の前にお読みください

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

SE-300PCIEONKYO

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 4月下旬

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

SE-300PCIE のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプ内蔵 インターフェースPCI Express
サラウンド機能7.1ch S/N比 120 dB
出力サンプリングレート24bit/192kHz 入力サンプリングレート24bit/192kHz
ロープロ対応     
出力端子
ミニプラグ出力端子  RCA出力端子
光デジタル出力端子 同軸デジタル出力端子
XLR出力端子  その他出力端子ヘッドホン
入力端子
ミニプラグ入力端子 RCA入力端子 
光デジタル入力端子 同軸デジタル入力端子 
XLR入力端子  その他入力端子マイク
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

SE-300PCIE
ONKYO

SE-300PCIE

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 4月下旬

SE-300PCIEをお気に入り製品に追加する <233

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース オンキヨー、PCIe対応のハイエンドサウンドカード
2011年4月8日 21:35掲載
SE-300PCIE

オンキヨーは、パソコン向けオーディオブランド「WAVIO」の新製品として、PCI Express x1スロット対応のハイエンドサウンドカード「SE-300PCIE」を発表。4月末より発売する。

「SE-200PCI LTD」以来3年振りとなるハイエンドサウンドカードの新モデル。同社のサウンドカードで初めてPCI Express x1接続に対応している。

新モデルでは、フラッグシップセパレートオーディオに採用されている動的ノイズ超低減回路「DIDRC」を、アナログオーディオ回路やヘッドホン回路に搭載。デジタル信号の高周波ノイズによるビートダウンを起こさないため、音源が本来持つ音色をストレートに表現する、透明感のあるサウンドを楽しめるという。

また、オーディオ専用に「絶縁型高レギュレーション±両電源」を搭載。PCから供給される電源をそのまま使用せず、絶縁され高いレギュレーション能力をもつ電源回路から±両電源を新たに生成し、オーディオ専用に供給することで、安定した電源供給を実現している。

2ch専用D/Aコンバーター部には、バーブラウン製2ch DAC「PCM1798」をステレオ2chそれぞれに独立して2つ搭載。合計4つのDACの平衡出力を用いてチャンネル毎にダブルで差動合成しセパレーションすることで、同社製オーディオ最高クラスとなるSN比120dB(22kHzLPF、A-Weighted)を実現している。

オーディオプロセッサーには、Creative製「20K2 X-Fi PCI Express」を採用する。専用のDDRメモリーとともに搭載することで、CPUの負担を軽減しながら、高い応答性を実現。ゲーム向けサウンドAPI「EAX ADVANCED HD 5.0」にも対応している。

このほか、カード全体には、信号を内部干渉や輻射ノイズから守るシールドを装備。アナログオーディオ回路部は音質に有害な磁気歪を発生させない銅シールドを、デジタル回路と電源のDC/DCコンバーターには高透磁率の磁性シールドを採用している。

インターフェイスは、2chアナログ出力、3.5mmヘッドホン出力、デジタル光入力、デジタル光出力、デジタル同軸出力を各1系統装備。専用設計のマルチ入出力拡張ボードを使用することで、7.1chマルチ出力や、マイク・ライン入力にも対応する。2chアナログ出力は24bit/192kHzまで、デジタル光入出力とデジタル同軸出力は24bit/96kHzまでサポート。ヘッドホンの対応インピーダンスは32〜600Ωとなる。本体サイズは、25(幅)×126.5(高さ)×181(奥行)mmで、重量は300g。

価格はオープン。

ページの先頭へ